パスピエ「幕の内ISM」

パスピエ_幕の内ism
パスピエ「幕の内ISM」 (2014)

1stフル「演出家出演」(2013)の得体の知れなさを以って、「プログレッシヴ・ポップ」と表現せざるを得なかった、5人組バンド・パスピエの2ndフルアルバム。

前作を順当に受け継ぎ、期待に応える見事な一枚ですね。美点は一切失われていないと思います。そして、相変わらず曲作りが上手いなぁ。
スピード感溢れる曲調の中、サビでスッとテンポを落として浮遊感とメルヘンチックな色合いを印象付ける①YES/NOで始まったと思いきや、前曲とは逆にサビでテンポアップする②トーキョーシティ・アンダーグラウンド(この曲のサビメロへの歌詞のハマリ方は、「これだ!」と膝を打ちたくなるほど)を続ける。スピード・コントロールの妙技が効いていますね。歌詞/言葉選びの切れ味が鋭い⑨アジアン(Keyの音色選びのまた、粋)もまた、そのことを感じる曲。

ポップで煌びやかなメロディと、それに乗せる歌(歌詞含む)。その組み合わせのセンスの良さは本作でも冴えまくってます。極めつけは、キラー・チューン・⑧MATATABISTEP。もうね、タイトルの響きだけで完敗だ。だって「またたびステップ」だぜ?ヤヴァイでしょ、この言語センス(笑)。完敗、乾杯ですわ。曲はキラキラ、フックの連続。もうセンスの塊としか言えん。パパパリラ。最高。

これこそ彼らの「プログレッシヴ」な側面を体現していると言えるような、④あの青と青と青の存在感も大きい。間奏が意外にもHRを感じさせる…と思いきや、いきなり手拍子が入ってパパラパー!みたいな予想もしない展開を見せる⑩誰?も、実に“プログレ”ですなぁ。
と思ったら、真っ直ぐストレートなひたむきさを感じる曲調と歌唱&歌詞に(逆に)面食らう、③七色の少年みたいな曲が収録されているところも嬉しいですし、彼らの素養の幅広さに唸らされます。
透き通る美しさが泣ける⑫瞑想も白眉。


これまた傑作だと思いますね。とっても良いバンドだ。

【お気に入り】
⑧MATATABISTEP MVは → コチラ。
①YES/NO MVは → コチラ。
④あの青と青と青
③七色の少年 MVは → コチラ。
⑫瞑想
②トーキョーシティ・アンダーグラウンド MVは → コチラ。
スポンサーサイト

COMMENT 0