喜多村英梨「凛麗」

喜多村英梨_凛麗
喜多村英梨「凛麗」 (2014)

キタエリさんのシングル。
前回の「掌 -show-」収録のGreedy;(cry)で、サポート演奏陣に「ナンジャコリャーッ!!」なメンツを集め、メタル/ラウドロック方面に舵を取るかと思わせておいて、ほんとのところどうなるのかよく分からないキタエリさん相変わらず可愛いですね。

このシングルからなのか、ライブで既にそうなってるのか、定かではありませんが、固定メンバーによるバック・バンドを迎えたようです。そのバック・バンドにも名前が付いていて、その名も『ARTEMIΣ(アルテミス)』。どうだ、この溢れるメタル感と厨二病感(笑)。
 Yngwie J. Malmsteen's RISING FORCE
 Ritchie Blackmore's RAINBOW
 Luca Turilli's RHAPSODY
 Tobias Sammet's AVANTASIA
 Eri Kitamura's ARTEMIΣ

ほら、違和感無い。
いや、あるか?
ARTEMIΣのメンバーは、MASATO(Gt)、RIKITO(Ba)、WATARU(Dr)の男性3名。見た目、V系っぽいですね。

で、本作の内容。私が買ったのは、3曲プラス、その“off vocal ver.”を収めた通常盤。
①凛麗
穏やかな1番、テンポアップしてARTEMIΣ君達が活躍しまくる2番、短めながらメタリックなカタルシスをもたらす間奏と、やたら凝ったアレンジのシンフォ・チューン。キタエリ本人の歌唱は、やや忙しない感触がありながら気品も備わったもの。聴き応えがあって、なかなか良いね。

②incomplete
明るめのアッパー・チューン。ギリギリ、(私の嫌いな)「大好きダーリン♡」系には陥っていないけど、あんまり好みではないかな。

③残響//輪廻
通常盤のみに収録。方向性としてはこれが一番イイ。ダークでメタリック。Gtリフがザックザクしてて、男性コーラス(チャントといった方が的確な感じか)が荘厳に彩る。もうちっと歌メロの盛り上がりと間奏のドラマティックさがあれば、もっと良かったなぁ。


3曲共通して、演奏陣の貢献がかなりはっきり聞き取れる音作りと方向性です。HR/HM色、強し。制作陣のおかげもあるんでしょうけど、キタエリさん本人もほんとにこういうHR/HMやラウドロック然とした音が好きなんだろうなと、思わせるものがありますね。
「歌メロの充実」という点さえクリアできれば、次のアルバムはかなり期待できそうな感じ。楽曲提供者さんの手腕が問われるところ。つーか、同じキングレコードだし、アニメ『シドニアの騎士』絡みの繋がりもあるし、LIGHT BRINGERのMao(Key)、ユー曲提供しちゃいなよって思ってる。マジで。ARTEMIΣに入っちゃうってのもアリ。


あとね、裏ジャケが神懸かって可愛い(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 0