AKANE LIV「LIV」


AKANE LIV「LIV」 (2014)

LIV MOONのVo、AKANE LIVのソロ・デビュー・アルバム。
「ソロ・デビュー」すると耳にした時、そもそもLIV MOON自体、西脇辰弥(Key)とのコラボだといえソロ・プロジェクトみたいなもんで、わざわざソロ活動やる必要あるのかね、と思いましたね。アルバム1枚出して、ライブ1,2本やって、そのサイクルを回す…という、とても活発とはいえない活動だっただけに、なおさら。
で、あんまり期待しないまま、でも彼女の歌唱力の高さに一縷の望みを託しながら購入したこの一枚。

うん、なかなか悪くない。
それほど興奮もしないけど。

ここに収められてる音楽性を考えると、「ソロ・デビュー」したことには意味があるんでしょうね。LIV MOONとはかなり異なりますから。「バンドじゃない」「イニシアチブを握るのが西脇氏じゃない」という違い以上に、HR/HMの要素は無く、クラシック音楽のメロディを取り入れたJ-POPというように、音楽性自体が違う。ヒーリング・ミュージック的な感触です。
「誰もが聞いたことのあるクラシック曲をモチーフに」って謳われてるんだけど、(数曲を除いて)全然知らない、聞いたことない(笑)。私が無知で、かつ鈍感だから気づかないってだけかもしれませんが。

AKANE LIVの歌唱は相変わらず素晴らしいですね。レンジの広い声域と声に宿る気品。曲によって、繊細さ・力強さ・妖しさから少年のような無邪気さまで使い分ける、類まれな表現力。
ただ、彼女の上手い歌を聴くだけなら満足ですが、それほど丁寧に作られた感じがしませんね。全てパソコン上で作った音源に歌を被せただけっぽい感触。そういった制作手法が悪いわけではなく、CDというパッケージとして保有することに対するスペシャル感を満たしてくれないのが不満。LIV MOONもそうなんだけど、なんか(制作)チームとしての一体感を感じないんだよなー。

【お気に入り】
②NIGHT PARADE
①Sunrise Over Sea
⑩Libertango


カテゴリは、<LIV MOON>に登録しましたりぶ。
スポンサーサイト



COMMENT 0