Twitter版プログレアルバム・オールタイム・ベスト結果発表

先月の終わり頃に、Twitter上で「#ATBプログレアルバム」タグによる、プログレ・アルバムのオールタイム・ベスト投票企画がありました。企画者であるeclipse1228さんによると、英「PROG MAGAZINE」誌が選ぶプログレアルバムTOP100のランキングをきっかけに思いついたものとのことです。
この企画に私も投票させていただいたので、「便乗の便乗」みたいな記事ですが(笑)、その結果をまとめてみました。


本企画の条件・ルール等々は以下の通り。
・投票対象はプログレのアルバム。
・プログレの定義は各投票者の自由。
・ひとり最大10作品まで投票可能。
・ポイントによる集計。
・順位をつけた場合は1位=10pt、2位=9pt…10位=1ptで集計。
・順位をつけない場合は一律5.5ptで集計。
・10作未満の投票は一律5.5pt。


私の投票内容はこちら。
①KING CRIMSON「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」
②NEW TROLLS「CONCERTO GROSSO -THE SEVEN SEASONS-」
③KING CRIMSON「RED」
④ANYONE'S DAUGHTER「ADONIS」
⑤ANGLAGARD「HYBRIS」
⑥PINK FLOYD「THE DIVISION BELL」
⑦ANEKDOTEN「GRAVITY」
⑧YES「RELAYER」
⑨COMUS「FIRST UTTERANCE」
⑩RENAISSANCE「ASHES ARE BURNING」


プログレか否かは、ソレ系のCDガイドに載っていそうかどうか、で判断。プログレメタル系およびライブ盤は選外にして、かつ各バンド1枚で選ぶように心掛けました。…が、クリムゾンは無理でしたわ(苦笑)。


ではでは、結果発表ですッ!
     ↓

001:Yes「Close To The Edge」(1972)
002:King Crimson「Red」(1974)
003:King Crimson「In The Court Of The Crimson King」(1969)
004:King Crimson「Larks' Tongues In Aspic」(1973)
005:Pink Floyd「The Dark Side Of The Moon」(1973)
006:Emerson, Lake & Palmer「Brain Salad Surgery」(1973)
007:Pink Floyd「Wish You Were Here」(1975)
008:Emerson, Lake & Palmer「Tarkus」(1971)
009:Yes「Fragile」(1971)
010:Genesis「Selling England By The Pound」(1973)
011:Hatfield And The Norht「The Rotters' Club」(1975)
012:Yes「Relayer」(1974)
013:U.K.「U.K.」(1978)
014:Genesis「Foxtrot」(1972)
015:Soft Machine「Third」(1970)
016:Pink Floyd「Meddle」(1971)
017:King Crimson「Starless And Bible Black」(1974)
018:Genesis「The Lamb Lies Down On Broadway」(1974)
019:PFM「Photos Of Ghosts」(1973)
020:Magma「Live/Hhai」(1976)
021:Pink Floyd「Atom Heart Mother」(1970)
022:Caravan「In The Land Of Grey And Pink」(1971)
023:King Crimson「Islands」(1971)
024:Magma「Mëkanïk Dëstruktïẁ Kömmandöh」(1973)
025:四人囃子「一触即発」(1977)
026:King Crimson「Discipline」(1981)
027:Genesis「Nursery Cryme」(1971)
028:Mike Oldfield「Tubular Bells」(1973)
029:Camel「Mirage」(1974)
030:Museo Rosenbach「Zarathustra」(1973)
031:U.K.「Danger Money」(1979)
032:Frost*「Milliontown」(2006)
033:Moon Safari「Lover's End」(2010)
034:Emerson, Lake & Palmer「Pictures At An Exhibition」(1972)
035:Emerson, Lake & Palmer「Emerson, Lake & Palmer」(1970)
036:Dream Theater「Images & Words」(1992)
037:Van Der Graaf Generator「Still Life」(1976)
038:Yes「Drama」(1980)
039:King Crimson「In The Wake Of Poseidon」(1970)
040:Mike Oldfield「Ommadawn」(1975)
040:Van Der Graaf Generator「Pawn Hearts」(1971)
042:Can「Future Days」(1973)
043:National Health「National Health」(1978)
044:Renaissance「Ashes Are Burning」(1973)
045:Yes「The Yes Album」(1971)
046:Pink Floyd「The Piper At The Gates Of Dawn」(1967)
047:Locanda Delle Fate「Force Le Lucciole Non Si Amano Piu」(1977)
048:Gong「You」(1974)
049:Gentle Giant「Octopus」(1972)
050:Rush「Moving Pictures」(1981)
051:Emerson, Lake & Palmer「Trilogy」(1972)
052:Kestrel「Kestrel」(1975)
053:四人囃子「ゴールデン・ピクニックス」(1976)
054:Dream Theater「Metropolis Pt.2: Scenes From A Memory」(1999)
054:Jethro Tull「Thick As A Brick」(1972)
054:Marillion「Brave」(1994)
057:Gentle Giant「Free Hand」(1975)
058:Can「Tago Mago」(1971)
059:Van Der Graaf Generator「Godbluff」(1975)
060:Manuel Gottsching「E2-E4」(1984)
060:Camel「The Snow Goose」1975
060:Yes「Tales From Topographic Ocean」(1972)
063:Focus「Focus 3」(1972)
064:England「Garden Shed(1977)
065:New Trolls「Concerto Grosso Per I」(1971)
066:Banco Del Mutuo Soccorso「Darwin!」(1972)
067:Yes「Yessongs」(1973)
068:PFM「Per Un Amico」(1972)
069:Area「Arbeit Macht Frei」(1973)
070:Faust「Faust」(1971)
071:Camel「Moonmadness」(1976)
072:Comus「First Utterance」(1971)
073:Arti E Mestieri「Tilt」(1974)
074:Kansas「Leftoverture」(1976)
075:Pink Floyd「The Wall」(1979)
076:Area「Crac!」(1975)
077:Atoll「L'Araignee-Mal」(1975)
077:Cervello「Melos」(1973)
077:Genesis「Wind & Wuthering」(1976)
077:Osanna「Palepoli」(1973)
081:Il Balletto Di Bronzo「YS」(1972)
081:Tool「Lateralus」(2001)
083:Magma「Udu Wudu」(1976)
084:Chris Squire「Fish Out Of The Water」(1975)
084:Robert Wyatt「Rock Bottom」(1974)
086:Anglagard「Hybris」(1992)
087:Soft Machine「Volume Two」(1969)
088:Asia「Asia」(1982)
088:King Crimson「Lizard」(1970)
088:King Crimson「USA」(1975)
088:King Crimson「Absent Lovers」(1998)
092:Area「1978」(1978)
092:Transatlantic「The Whirlwind」(2009)
094:Pageant「螺鈿幻想」(1986)
095:Matching Mole「Matching Mole」(1972)
095:Opus Avantra「Introspezione」(1974)
097:Genesis「Seconds Out」(1977)
097:Magma「K.A.」(2004)
097:Mars Volta「Frances The Mute」(2005)
097:Mauro Pagani「Mauro Pagani」(1978)
097:Renaissance「Scheherazade And Other Stories」(1975)
102:Pink Floyd「Animals(1977)
102:PFM「Storia Di Un Minuto」(1972)
102:Mike Oldfield「Incantations」(1978)
105:Frank Zappa「Hot Rats」(1969)
106:King Crimson「Earthbound」(1972)
107:National Health「Of Queues And Cures」(1978)
107:Quella Vecchia Locanda「Il Tempo Della Gioia」(1974)
109:KENSO「KENSO II」(1982)
109:Yes「Going For The One」(1977)
111:Caravan「For Girls Who Grow Plump In The Night」(1973)
111:新月「新月」(1979)
113:Brian Eno「Another Green World」(1975)
113:King Crimson「The ConstruKction Of Light」(2000)
115:Camel「Breathless」(1978)
115:Pink Floyd「The Division Bell」(1994)
117:Camel「Harbour Of Tears」(1996)
117:Quella Vecchia Locanda「Quella Vecchia Locanda」(1972)
119:Ashra「New Age Of Earth」(1976)
119:Moebius Plank Neumeier「Zero Set」(1983)
119:Kraftwerk「Trans-Europa Express」(1977)
122:Bruford「One Of A Kind」(1979)
122:Zamla Mammaz Manna「Familjesprickor/Family Cracks」(1980)
124:It Bites「Once Around The World」(1988)
124:ミスターシリウス「Barren Dream」(1986)
126:Pink Floyd「The Final Cut」(1983)
126:Univers Zero「Ceux Du Dehors」(1981)
128:Genesis「A Trick Of The Tail」(1976)
129:McDonald & Giles「McDonald & Giles」(1971)
129:Mike Oldfield「Amarok」(1990)
129:KENSO「夢の丘」(1991)
132:La Dusseldorf「Viva」(1978)
132:Maxophone「Maxophone」(1975)
134:Magma「Attahk」(1978)
135:Asturias「In Search Of The Soul Trees」(2008)
135:Banco Del Mutuo Soccorso「Banco Del Mutuo Soccorso」(1972)
135:Neu!「Neu!」(1972)
135:PFM「The World Became The World」(1974)
135:The Moody Blues「Every Good Boy Deserves Favour」(1971)
135:Univers Zero「Uzed」(1984)
141:Curved Air「Air Cut」(1973)
141:Frank Zappa「Jazz From Hell」(1986)
141:Heldon「Interface」(1978)
144:Hawkwind「Space Ritual」(1973)
144:Pain of Salvation「The Perfect Element, Part I」(2000)
146:This Heat「This Heat」(1978)
147:Khan「Space Shanty」(1972)
147:Mike Oldfield「Hergest Ridge」(1974)
149:Kevin Ayers「Joy Of A Toy」(1969)
149:Wishbone Ash「Argus」(1972)
149:ミスターシリウス「Dirge」(1990)
152:Focus「Hamburger Concerto」(1974)
153:Porcupine Tree「Deadwing」(2005)
153:Trace「Birds」(1975)
155:Hawkwind「Warrior On The Edge Of Time」(1975)
155:Kraftwerk「Autobahn」(1974)
155:Soft Machine「Fourth」(1971)
155:マンドレイク「unreleased materials vol.1」(1997)
159:Gentle Giant「The Power And The Glory」(1974)
159:Greenslade「Bedside Manners Are Extra」(1973)
159:Il Rovescio Della Medaglia「Contaminazione」(1973)
159:Pink Floyd「A Saucerful Of Secrets」(1968)
159:Tai Phong「Tai Phong」(1975)
164:Marillion「Afraid Of Sunlight」(1995)
164:Rush「2112」(1976)
164:The Flower Kings「Space Revolver」(2000)
167:Gong「Flying Teapot」(1973)
167:Sagrado Coracao Da Terra「Farol Da Liberdade」(1991)
167:Soft Machine「The Soft Machine」(1968)
167:Syd Barrett「The Madcap Laughs」(1970)
167:The Enid「Aerie Faerie Nonsense」(1977)
167:ZABADAK「IKON~遠い旅の記憶~」(2000)
173:Yes「90125」(1983)
174:Moon Safari「Blomljud」(2008)
174:The Nice「Five Bridges」(1970)
176:Marillion「Misplaced Childhood」(1985)
177:David Bowie「Low」(1977)
177:Magma「Kohntarkosz」(1974)
179:Big Big Train「English Electric Full Power」(2013)
179:Genesis「Duke」(1980)
179:Goblin「Roller」(1976)
179:Peter Gabriel「Peter Gabriel 2: Scratch」(1978)
179:Rush「Power Windows」(1985)
179:Spirogyra「Bells, Boots And Shambles」(1973)
179:The Enid「In The Region Of The Summer Stars」(1976)
179:Tipographica「God Says I Can't Dance」(1996)
187:Anathema「Weather Systems」(2012)
187:Gong「Camembert Electrique」(1971)
189:Camel「A Live Record」(1978)
189:Egg「The Polite Force」(1971)
189:Peter Gabriel「Peter Gabriel 3: Melt」(1980)
192:Focus「Focus II / Moving Waves」(1971)
192:Frank Zappa「Waka/Jawaka」(1972)
192:King Crimson「THRAK」(1995)
192:Sandrose「Sandrose」(1972)
192:Steven Wilson「The Raven That Refused To Sing」(2013)
192:ZABADAK「Лето ?есен зима проле?е - 夏 秋 冬 春 -」(2013)
198:Aphrodite's Child「666」(1972)
198:Cluster「Cluster II」(1972)
198:Focus「Live At The Rainbow」(1973)
198:Il Volo「Essere O Non Essere? Essere, Essere, Essere!」(1975)
198:KingCrimson「B'Boom」(1995)
198:New Trolls「UT」(1972)
198:Oceansize「Everyone Into Position」(2005)
198:Oceansize「Frames」(2007)
198:Slapp Happy「Acnalbasac Noom」(1980)
198:Soft Machine「Bundles」(1975)
198:The Flower Kings「The Sum Of No Evil」(2007)


ざっと結果を見てみると、皆さんイギリス大好きだなぁという感想ですね。やはり5大バンド強し、特にクリムゾンとフロイドの人気は凄いですね。GENESISも票が分かれてはいるものの数多くランクインしてます。(5大バンド以外では)CAMELも強い。
HATFIELD AND THE NORTHがやたら順位高いのと、WISHBONE ASH「ARGUS」の順位低いなぁというのはびっくり。
COLOSSEUMBARCLAY JAMES HARVESTBEGGARS OPERAAFFINITYZAOISLANDSEBASTIAN HARDIEあたりが圏外だったのも少々意外な結果でしたね。


私の投票は10作品中3作品が圏外でした。198位になった作品に投票した人数は2~5名で、その得票数は17ポイントだったようです。NEW TROLLS「CONCERTO GROSSO -THE SEVEN SEASONS-」を選んだのは私一人だけだったんだろうなぁ…。9ポイントも献上したのに(笑)
つーか、一番のビックリはANEKDOTENがランク外なことですわ!私が投票した「GRAVITY」はともかく、1stは絶対ラインクインすると思ったんだけどなぁ…、しかも上位に。

因みに、ランクインした208作品中、私が持っているのは129作品でした。CARAVANを除いてカンタベリー系はほぼ全滅…(苦笑)。あと2000年以降の作品もあまり聴いてないですねぇ。
バンド名すら知らないものもありましたし、所有しているものも再度聴きなおしてみたいなぁと思いましたね(時間 is 無いww)。


この記事、ほぼコピペして体裁を整えただけですが、それでも結構大変でしたよ。タグの付いているツイートを探して、まとめて、集計して、それを発表されたeclipse1228さんの労力はちょっと測り知れないほどですね。

eclipse1228さん、お疲れ様でした!
楽しい企画をありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENT 2

kazz_asai  2014, 09. 07 [Sun] 08:17

五人十首

ベスト10がすべて5大バンド、そのうちGENESISのみが他の後塵を拝しているという図式は予想通りで、日本のファンの総意を素直に感じさせるものでしたね。
私もYESやPINK FLOYDは選出しませんでした。そのかわりにSANDROSEとかBEGGARS OPERAとかを入れましたが、やはり「宮殿」「レッド」はどうしても譲れません。
また、自分はプログレというとどうしても70年代限定になってしまうのですが、一般的にもその趨勢がまだ根強いことを再認識しました。ANEKDOTENの雌伏もそれに起因するものでしょう。
HMに関しても然りですが、後ろ向きの性向をもう少し改善せねばと自戒の契機を与えてくれました。
それにしても、この企画を完遂なさったeclipse1228には賞賛の念に堪えません。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 09. 08 [Mon] 20:16

kazz_asaiさん、

割と定番の作品が強かったですね。そんな中にも上に挙げたようにチョコチョコと意外な点が見つかってきて、Frost*が32位につけるなんて予想もしませんでしたし、カンタベリー系の人気の高さも驚きました。
Twitterだから判明しませんが、投票者の年齢が分かれば面白いですね。性別はほぼ男性でしょうけど(笑)

プログレ者って捻くれてますから(笑)、1人しか選んでないような作品が山のようにあったはずで(私もそんな一人ですがww)、eclipse1228さんは本当に大変だったと思います。

Edit | Reply |