ちょこっと感想 2014年 vol.5

【ちょこっと感想 2014年 vol.5】

accept_blindrage.jpg
ACCEPT「BLIND RAGE」

VoがMark Tornilloに変わっての3作目。1曲1曲の出来を考えると、前作「STALINGRAD」を支持したいところですが、本作は楽曲平均レベルの高さと安定感で勝負、という感じですね。凄いわ。Markの声って好きじゃないんですが、これは評価せざるを得ない。加えて、Wolf HoffmannのメロディックなGtが泣きまくり&歌いまくりで、その点では3作中一番かな。トレードマークたる“地響きコーラス”も大活躍してる会心作。



opeth_palecommunion.jpg
OPETH「PALE COMMUNION」

前作「HERITAGE」(2011)で70年代プログレッシヴ・ロックからの影響たっぷりの音楽性へと完全シフトしたOPETH。本作もその印象を引き継いだ作品で、Mikael Akerfeldt(Vo&Gt)はグロゥルなんぞ使っちゃいませんが、今回の方がずっと良い。
彼らならではの楽曲展開の妙をたっぷり味わえます。同時に、よりヴォーカル・オリエンテッドでメロディアスな作風になっていますが、不思議なことにVoの存在感は逆にダウンしてる?めっちゃ巧いんだけど、淡くって演奏にスーッと溶け込むような感じ。別にグロゥルは無くても全然構わないんですけど、封印したことによって独自性やメリハリまでも失ってしまった感はありますね。歌うのはMikaelじゃなくてもいいじゃん、みたいな(言い過ぎ/笑)
⑥River⑦Voice of Treason⑧Faith in Othersという、アルバム後半の楽曲が素晴らしいですね。柔らかく心地よい音に癒されながら、演奏の起伏と展開に感嘆するという。本作最長(11分弱)の③Moon Above, Sun Belowも◎。
でもMikael以外のメンバーって、この方向性で満足なの?



overkill_whitedevilarmory.jpg
OVERKILL「WHITE DEVIL ARMORY」

前々作「IRONBOUND」(2010)、前作「THE ELECTRIC AGE」(2012)が共に素晴らしい作品だった、米国産ベテラン・スラッシュメタル・バンドの17th。ジャケのイメージも踏襲している感じですね。
安定の出来と言うべきでしょうか、今回も力作です。ただ、より明るめの作風で、リズミックに感じる場面が増えているようです。突進力に長けていた前2作の作風を期待すると、ちょっと肩透かし気味かもしれません。キャッチーな掛け声系コーラスも効いていて、曲によっては(現行の)ACCEPTっぽく響く場合もアリ。



モルゴーアクァルテット_原子心母の危機
モルゴーア・クァルテット「原子心母の危機」

ヴォイオリン、ビオラ、チェロによる弦楽四重奏団による、プログレッシヴ・ロックの名曲群のカバー企画、2枚目。1枚目の感想は→コチラ。インパクトでは劣りますが、前作を踏襲したようなオマージュ・ジャケがこれまたイカす。
カバー元のアーティストはほぼ変わらず、いわゆる英国の5大バンド。前作の方がメリハリが効いているように感じますが、②原子心母の気品、⑥危機の執念の再現は聴き応えたっぷり。
スポンサーサイト

COMMENT 2

DD  2014, 10. 06 [Mon] 21:35

 いくつか手にしてるのがありますので、個人的な感想を。

ACCEPTはこのラインアップでの3作目ですが、聞き様によっては、「もしかしたら、’Objection~'以降、こういう作品にしたかったんでは?(というのは、いろいろな情報をまとめると、90年代の以降の’Predetor'やらの作風は、Vo.主導によるもの、というのをよんだような気が)」という感じも。

 一聴した印象は弱いのですが、何度か聞くと、こういうことをやりたかった、というバンドの充実感が聞こえますね。

 音像こそ違えど、OVERKILLの新譜のそういう印象がありますね、2人のG.の内容もいいし、軸がしっかりしてるな、という印象です。今回はバラードぽい曲はないですが、構成が飽きないので、退屈することないですね。

 彼らぐらいのキャリアとなると、違うことやるか、というのは出るでしょうが、こういう作品を聞くと、「進化より深化」というのを思い知らされますね。

 こんな感じです。

追伸 陰陽座の新譜もいい感じでしたよね。聴いた印象はどうでしたか。
 後、ラブリーのライブDVDは12月のようですね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 10. 08 [Wed] 20:13

DDさん、

Udo抜けてからのACCEPTって実は聴いてないのです。
彼らにせよOVERKILLにせよ、ベテランならではの安定感と意地を感じますね。「深化」、仰る通りだと思います。
スラッシュ系は特にベテラン勢が復調したジャンルですね。

陰陽座の感想はまだ秘密です(笑)
内容はとても良いと思いますよ。

Edit | Reply |