DYNAZTY「RENATUS」


DYNAZTY「RENATUS」 (2014)

スウェーデンのメロディック・ハードロック・バンドの4thアルバム。
私は過去の音源を聞いていないのでアレなんですが(汗)、所謂「メロハー」をやってるバンドとして認識されているんでしょうか?ただ、今作でかなり音楽性の変化があったようですね。

かなりメタリックになっているようです。というか前作までの音楽性を知らないで聴いている身としては、本作のHR/HMとしての重さ・アグレッションは十分。加えてKeyが80年代HR的華やかさを演出するので、大衆性もしっかりある。おまけにキャッチーかつメロディックな歌メロは煽情的だし、ツインGtチームがテクニカルに弾きまくる様子も興奮モノ。これはかなりのインパクトを受けましたよ、私。

このメロディックHR/HMとしてのとっつき易さとスケール感/メジャー感、そして80年代アリーナロック(?)を髣髴とさせる煌びやかさ。想起させるのは、ずばり、今は亡きTWILIGHTNING(の1st)でしょう。盛り上げ方のパターンがやや少なく感じるのが難ではありますが、快感度数はかなり高いサウンドですね。

ボトムの効いた演奏もさることながら、Nils Molin(Vo)の声質に暑苦しく感じる一歩手前で踏み止まっているようなガッツィーさがあって、それも軟弱なムードを払拭するのに効果的。声を張り上げるとちょっとだけハスキーになるところも良いですね。かなりの実力者。

下にYouTubeへのリンクを貼り付けたMVを見てもらうのが手っ取り早いですし、その②Starlightが本作全体のムードも表しているような気もしますね。
②StarlightのMV → コチラ。
歌メロも秀逸ですが、間奏のドラマティックな展開も聴き処。


爽快感に溢れる傑作!

【お気に入り】
全編素晴らしいですが、特に
⑤Incarnation
②Starlight
スポンサーサイト

COMMENT 0