聖飢魔Ⅱ「地獄より愛をこめて」

聖飢魔Ⅱ_地獄より愛をこめて
聖飢魔Ⅱ「地獄より愛をこめて」 (1986)

前作「THE END OF THE CENTURY」と同じ、1986年にリリースされた第三教典。
Baがゾッド星島親分からゼノン石川和尚にチェンジ。かつ、ジェイル大橋代官(Gt)が在籍した、最後のアルバム(再結成/再集結は除く)です。

前作が『ダミアン浜田』盤ならば、本作は『ジェイル大橋』盤でしょう。
10曲中、6曲を作ったジェイルの色が前面に出た印象の作品です。切れ味鋭く、ややアメリカ~ンな明るさを持つリフ・ワークに顕著ですね。アルバム冒頭、小気味良いリフが主導する①DEATH LAND②APHRODITEという流れからして、前作の様式美路線とは異なる匂いがプンプン。これまでとは質感は異なれど、メタリックな煌きを堅治しているのもポイントですね。ライデン湯沢殿下の、シャープで鋭く跳ねまくるDrが生み出すスピード感も最高。にはデーモン(小暮)閣下独特の言葉遊び(「Heart gets disease!」が「禿げジ○イ」のように聞こえる等)も有り。
初期最強バラード⑧秘密の花園の繊細な叙情、シンフォニックに盛り上がる大作⑨FROM HELL WITH LOVEの構成力も、意外性と共に作曲術における懐の深さを感じさせてくれます。妖しさと煌びやかさが交叉するダンサブルな曲調の⑥魔界舞曲(Gtソロが絶品!)の存在も光る。

2曲のダミアン曲のうち、⑤悪夢の叫びにこそ、ブリティッシュHR/HM由来のドラマ性と、コンセプトとしての悪魔のイメージに準拠したおどろおどろしさ/こけおどし的な恐怖の演出がなされていますが、③モアイでは新加入のゼノンのBaを大フィーチャーしたりして、器楽的な側面も強調されているように感じます。元々、HR/HMに収まらない素養を持っためちゃめちゃ才能豊かな音楽集団ではありますし、ここらへんから(以降推し進められる)音楽性の拡張が始まったようにも思いますね。
因みにではサンプラザ中野(Vo/爆風スランプ)が「モアイ…」と呟くだけのゲストとして参加(笑)

捨て曲など一切無いどころか名曲揃いの傑作ではありますが、敢えて言うと、このアルバムの大きな収穫は2つ。④EL・DO・RA・DO⑦アダムの林檎べ、別に「林檎」だから「収穫」って言葉使ったわけじゃないんだからね!勘違いしないでよねッ!)が、それ。共に、ミサ(=ライブ)でも重要な位置を占める、代表曲中の代表曲です。
前者は以降何回にも渡って録音し直され、また、1999年12月31日の解散黒ミサでも一番最後に演奏されたキラー・チューン。作曲クレジットは、デーモンと紫馬肥の共作となってますが、「紫馬肥」って本作発表後に加入するSgt.ルーク篁Ⅲ世参謀(Gt)の別名義ね。曲名の通り、黄金郷について歌ったこの曲のヴィジュアル喚起力は凄まじい。ギャロップするリズムの力強い推進力、Gtチームが所々で色を添える華麗なテク、ロマンティシズム溢れる歌詞と伸びやかな歌唱、聴いてると遥か遠くにぼんやりと見える黄金郷がイメージされる世界観…etc…。完璧な名曲だ。因みに、ベスト「1999 BLACK LIST」に収録されるヴァージョンが凄まじい出来です。泣きまくるエンドGtソロが映えてるので。
後者、ジェイル大橋といったらこの曲のリフが思い浮かぶ人も多いかもしれません。ミサにおける、「林檎を齧ると…」「諸君!この紅玉…、青森県南部地方および岩手県において何と呼ばれているか知っているか!?」等の掛け合いも楽しい、これまた名曲ですね。「ひとッくち、食~べれば、もう夢の中~」からスピードアップするセクション~メロディアス極まりないGtソロ~ツインのハモり、という流れがとにもかくにも素晴らしい。

最終曲⑩地獄への階段はデーモンの喋りによって途中カットされる“未完成版”であり、その完成型はシングル集「愛と虐殺の日々 歴代小教典大全」地獄への階段 (完結編)として収録されますが、この“完結編”こそが私的聖飢魔Ⅱ最強楽曲なので、必聴。


彼らの持つ幅広さとドラマ性とメロディ、そして悪魔というコンセプト、それらがガッチリと噛み合った名盤。
リマスター効果がめちゃめちゃデカい作品なので(というかオリジナルの音がショボい)、買うなら2013年発売のリマスター盤をドゾ。

【お気に入り】
④EL・DO・RA・DO
⑦アダムの林檎
⑧秘密の花園
⑥魔界舞曲
⑤悪夢の叫び
②APHRODITE
つーか、全部良いわ。


4月12日ってルークの誕生日なんですってー。おめでとうございまする。
スポンサーサイト

COMMENT 0