LOVE&MUSIC@北参道ストロボカフェ

『北参道ロマンチカ』 北参道ストロボカフェ (2014/8/7)

ここ数年、国内アーティストに関しては圧倒的に女性Voモノのライブに足を運ぶことが多いです。で、家で聴く音源もそういうのばっかりかというと、そんなことはない。逆に男性Voモノの方を頻繁に聴くかもしれません。
ではなぜフラフラと女性Voを聴きに出かけるのか?
「わーい、おにゃのこ、わーい!」的な側面を否定はしませんが(笑)、理由の一つとして、「女性ヴォーカリストの方が歌詞を大切に歌っているように感じる」というのがあります。これはCDに収められた音源の話ではなく、それを生で披露するライブの場ではそう感じることが多い、ということです。
一概にそう決め付けているわけでもないんですが、ことHR/HMというジャンルに限っていうと、男性ヴォーカリストの方が歌う際にテクニカルな基準をクリアすることに力点を置いており、女性ヴォーカリストの方が歌詞の内容や世界観を伝えることを重視している、そんな風に感じることが多いです。「歌うまい」っていうのは何も技巧的なことだけじゃないわけで、フィジカルとメンタル、理性と感情、その両方を高次元でコントロールできる人が優れたヴォーカリストなんでしょう。
で、歌い手に関して私は“声”を聴きたいわけでなくて“歌”を聴きたいわけでして、やはり歌詞の内容やそこで使われている言葉のニュアンスを的確に、雄弁に伝えてくれる人に魅かれますね。そうすると自然と女性Voを擁するバンドのライブに足繁く通うことになる、と。
まぁ勿論、歌詞や歌唱以前に、出している音楽自体の魅力や、他に代替できない個性の有無、演奏陣の力量、ライブ自体の頻度等々、選別する条件は多岐に渡りますが。
で、コレ、日本語にさえ不自由している私に言語として伝わってくることが前提なので、冒頭にも書いたように国内の、かつ日本語を主に使用しているアーティストに限った話ですわね。

と、最近そんなことも思ってたりもしまして、なんとなくこの記事の冒頭に書いてみましたらぶ。


LOVE&MUSIC
はるか(Vo、15cm散髪)&ぐっさん(Piano)、アコースティック・ユニット、前回と同じこのお洒落ハコでのライブです。出番、トリ。

浴衣じゃない… ショボーン(´・ω・`)
あのね、あのね、8月1日のPastomoの時はビアガーデンでライブやってね。その時は浴衣だったんだよ、よっしーは。観てないんだけど。でもね、でもね、今日はね。
浴衣じゃない… ショボーン(´・ω・`)
ま、室内だからな。
エメラルド・グリーンのワンピ姿も可愛かったのでよし(←エラソウかつエロソウ)。

で、だ。
冒頭の話に戻るわけだが。
優れた技巧をベースにした安定感と、曲の世界観を聴き手に伝えるエモーションと、HARUKA嬢はその両方をバランス良く備えた存在だと強く感じるのですよ。大きく調子を崩した彼女の歌唱って見たことがないし、自分の曲は勿論、他人の曲をカバーする際のこなれっぷりは技巧面のみならず、歌詞の内容を汲み取って曲の世界と同化することができる才能を示唆するものだと思います。
彼女が歌っているところを聴くとすぐ分かりますが、演奏を掻き分けて聴き手まで伸びて来るような声ではないのよね。例えばラブリーのふっきーとは正反対ってくらいタイプが違う。まぁ、私は双方好きですがね。楽器に負けない声じゃなくって、楽器と同化する声というか、そもそも方向性を持って飛んでくるような響き方はしないし。「そこにある」声。
そういう声の特性を考えると、(ティアーズで)メタルを(も)歌っていることの方が異質で貴重な気もしてきますし、TEARS OF TRAGEDYというバンドの立ち位置のユニークさってのも意識されます。

さてLOVE&MUSIC、ライブの回数を重ねる度にオリジナル曲が増えてきてますね。カバー曲は、この日は遂に1曲のみ。それが矢井田瞳Life's like a love songでしたが、今まで聴いてきた選曲に比べるとちょっと異色だったかな?これまでは総じて、静かに段々と盛り上がってゆく感じの歌い上げバラードが多かった印象ですので、ヤイコの弾むように音程行ったり来たりする譜割りの細かいメロディはなかなか新鮮。うわー、こういう歌い方もできるんだなぁと鳥肌立ちましたね。原曲のイメージを壊さないでアップデートさせるという、彼女なりの色の付け方も絶妙でしたし。ラスト、マイクを通さないでサビのフレーズをリフレインさせたりなんぞして、「こやつ、小悪魔だな」と思いました(笑)

前回も披露された3曲に加えて、新曲も1曲追加。ティアーズにはほとんどない恋愛系ソングで、“部屋とYシャツと私”的な仮タイトルが思い浮かんだという曲ですが、タイトルを決めるのを忘れたというね。セトリには新曲Aと表記していますが、「ブログを書く人は“新曲A”でお願いします」とステージ上から言われてしまったのでしょうがない(笑)。正式タイトル、私としては「タコライスと君。そしてピアノ」を推したいですね(超適当)ww

“昭和の女”全開なRain、歌詞が沁みる時ノ色、一際キャッチーな大切なモノといろんなタイプの曲が揃ってきましたが、今後、CD音源制作も視野に入れているとのこと。これは嬉しいですね。
ここらへんのユニットの運営的な面はぐっさんが担当しているようで、メンバー(サポートなのか正式なのか不明)も増えていってバンド編成になる予定とも。なんと、これは意外かつ驚きの展開!まずはリズム隊だと思いますが、Gtまで入れるのか、サックス等の管楽器まで増えるのか、はたまたパフォーマーと称するダンサーが大挙して加入、LOVE&MUSIC TRIBEなる集団が形成されるのか!?(ねーよ)

「MCはあんまり得意じゃない」とか言ってましたがそんなことはない、和やかで完成度激高な30分でした。
次回のライブは未定とのことですが、このユニットでの音源制作、(珍しく)複数のライブが決定しているティアーズも含めてHARUKA嬢は今年の後半はなかなか精力的に動くようで、その歌を聴く機会とチャンネルも増えてゆきそうで嬉しいですね。
ほんとね、そのヴォーカルは独特かつ絶品なのよ。

<セットリスト>
1.Rain(オリジナル)
2.新曲A(オリジナル)
3.Life's like a love song(矢井田瞳)
4.時ノ色(オリジナル)
5.大切なモノ(オリジナル)
スポンサーサイト

COMMENT 2

お客様  2014, 08. 08 [Fri] 23:53

Pastomoでは矢井田瞳の『My Sweet Darlin'』カバー したことありました

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 08. 09 [Sat] 20:38

お客様、

なるほどヤイコ好きなんですね、彼女。
アコギの方が本来の形って感じですね。ダリダリ~♪

Edit | Reply |