Fairy Mirror「COSMICNATIONS」


Fairy Mirror「COSMICNATIONS」 (2014)

大阪出身、女性Vo・ツインGtのメロディック・(パワー)メタル・バンドの3rd。ANCIENT MYTHのMichalが手掛けたジャケが色合いといいモチーフといい、ロマンティックで素敵。

メロパワに留まらずJ-POP的な歌メロもあったりして曲調は幅広いのですが、基本としてはMichael Kiske期のHELLOWEEN風の陽性メロパワ。ブックレットで“イーグル・フライ・フリー”してますし(笑)
豪華に重ねるコーラス・ワークが大きな特徴で、サビといわず隙あらば(?)部分部分重ねてくる様子はBLIND GUARDIANを髣髴とさせます。時折ネオクラシカルなフレーズをぶち込んでくるGtチ-ムのプレイはよく歌いよく泣いており、気持ち良いですね。
全体的には親しみやすく刺々しさがないバンド・サウンド。(基本)メロパワなんだけど、メロハーを聴いているような爽やかで優しい雰囲気が特徴です。ポジティヴな空気が溢れているんだけど能天気じゃない。
イイね、コレ。

JUNO(Vo)の明朗でハキハキとした歌唱法・発声法が世良純子に似ている(そこまでクセは強くないが)ので、メロパワ化したALHAMBRAみたいに感じるところもありますね。あちらほどインスト陣の激しいバトルはありませんが、このバンドも割と展開多めの曲作りをしますし。高音部ではCROSS VEINのJULIA嬢っぽく響く感じもアリ。

このバンドのトレードマークではあるのでしょうが、コーラスは間引いた方が良いと感じるところはあります。これはブラガも辿った道筋ですが、どこが曲のクライマックスかあやふやになり得るから。また、③BEYOND THE RAINBOW⑤WONDER"FULL"AMBITIONSでの男性陣コーラスのダサさは曲の雰囲気をブチ壊すのでどうにかしたほうがいい。
歌詞は日本語と英語の両方、やや日本語多めというバランスですが、②AMAZING FANTASY等、単語の切り方が自然じゃなくて英語に聞こえないところも多いので、日本語詞主体にして英詞は部分的な導入に留めた方が良いと思いますね。
あと、ドコドコ暴れてるのがやたら目立つDrの録音がいまいちこの音楽性に合っていないような…。

こんなにまとめてマイナス面(と感じる点)を挙げると、なんか恨みでもあるんじゃないかと思われちまうかもしれませんが(笑)、そんなこたぁない。曲作りは巧みだと思いますし、クサいけどクサ過ぎない(このバランスは肝)印象的なメロディが滾々と湧き出て来る様はなかなか快感。このアルバムの為の書下ろしの曲ではないですが、⑥WINGS OF JUSTICE⑧MIRRORGAZERの2曲のスピード・チューンはキラーですね。
⑦ZODIAC SIGNSのキラキラしたポップ感も好みだし、泣きのGtソロ~ラストのサビにかけてバックで歌いまくるGtメロディは素晴らしいですね。
前半バラード・後半テンポアップする二部構成12分の大作⑨COSMICNATIONSの構成力、ラストへと向かう盛り上がりも◎。

力作です!!

【お気に入り】
⑧MIRRORGAZER
⑥WINGS OF JUSTICE
⑦ZODIAC SIGNS
⑨COSMICNATIONS
①SPIRAL DIVE
③BEYOND THE RAINBOW
スポンサーサイト



COMMENT 0