KAMEN RIDER GIRLS「Break the shell」


KAMEN RIDER GIRLS「Break the shell」 (2014)

覆面乗手的ガールズ・ユニットのシングル。私が買ったのは3曲(とそれらのインストVer)入りの通常盤。鷲見友美ジェナ推しなジャケですなぁ(可愛い)。

90年代には「女性Vo+男性Gt/Key」もしくは「女性Vo+女性Gt/Key」という編成の2人組ユニットが結構あって、その多くが所謂“ビーイング系”だったわけですが、KAMEN RIDER GIRLSの曲ってその頃の匂いがするものが多くって好きなのです。単純に“ビーイング系”の音に近いかというとそうとも限らないのですが、全体的に90年代の雰囲気漂うメロディです(アレンジや演奏はもっと現代的)。作曲家陣がその頃の人達ってのはあるのかもしれません。つーか、PAMELAHっぽいとこあるよ。疾走曲では特に。


①Break the shellはKey主体ながら、バンド・サウンドもガツガツくる疾走曲。演奏陣はお馴染みの、AYANO(Gt)、RYO(Ba)、MASAKI(Dr)ですね。歌い手の切り替えは細かく、コーラスは立体的。でもメロディが流れるよう紡がれるので、さほどゴチャゴチャした感じがせずにスリル感に結びついているんじゃないのかなぁ。佳曲。

②Scarlet Savage
こちらはちょっとゴチャゴチャして整理されてないので、あんまり好きじゃないっす。「一番を獲ってやるゥ!」系の歌詞も苦手なんだよね。

③The World ~everybody's jump~
通常盤にしか収録されていない曲。先日のワンマン・ライブではアンコールに披露されていましたが、まぁ明るく元気の良い、観客との掛け合い曲ですね。作詞はメンバーの秋田知里。これもと同じバンド・メンバーの演奏ですが、コーラスは仮面ライダーGIRLS裏方オールスターズ的なメンツですね。TAKAってdefspiralのVoの人?

【お気に入り】
①Break the shell
つーか、衣装がイイ(笑)
スポンサーサイト



COMMENT 0