lynch.「INFERIORITY COMPLEX」


lynch.「INFERIORITY COMPLEX」 (2012)

メジャー2作目。
メタルコア/ラウドロック系の中にはピンとくるバンドが少なめな私が、前作「I BELIEVE IN ME」(2011)を聴いて、その『V系音楽とラウドロックの幸せな結婚』的音楽性に“鱗 out of 目”状態になったバンドです。

さらにメロディが強化された力作だと思います。
収録曲はどれもコンパクト。メロディックでありながらハードコアな感触を意識したようなアタマ3曲が一気に駆け抜けるスピード感、それが本作を特徴づけているような気もします。
ダンサブルな④NEW PSYCHO PARALYZEと徹底的に攻めまくるハードコア曲⑤ANIMAでちょっと趣向を変えてみせる中盤。元々Baの存在感のあるバンドですが、前者のスラップを大フィーチャーした演奏は異色であり、アルバムの中で良い差し色になっています。短めのセンテンスを矢継ぎ早に吐き出すVo面もしかり。

前半も素晴らしいんですけど、このアルバムに対する(私の)高評価、それは後半の5曲の流れゆえ、ですね。筋肉質な力強さを堅持しながらも、V系らしい耽美性がググッと前に出てくるから。以降、隙が無い。
狭く入り組んだ路地を最短距離で駆け抜けるような、微妙かつ絶妙なライン獲りをみせる歌メロがツボですね。彼らの特徴でもあると思います。それを歌う葉月(Vo)のクリーン・ヴォイスのツヤがまた絶品でねぇ。⑥THEY'RE ALL AFRAID⑧FROZEN⑩A FLAREの色気なんて堪らんすよ。
タイトル・トラックの⑨INFERIORITY COMPLEXの異形な美しさにも触れておかねばならんでしょう。冒頭から叩きつけるリズムと吐き出すデスヴォイスというラウド極まりないパートを鮮やかに切り開いてゆくように、あまりにも美しく妖艶なサビメロが登場し、その後もクリーンGtのアルペジオを絡めて展開、美醜の振り幅は非常に大きいです。そして終盤のピアノが終曲へと誘う。彼らなりの正道と前衛が合体した名曲だと思います。


⑦EXPERIENCEにはINORAN(Gt/LUNA SEA)が参加.
腕に蛇が絡みつくジャケ、カッコイイ。

【お気に入り】
⑨INFERIORITY COMPLEX MVは → コチラ。
⑧FROZEN MVは → コチラ。
⑥THEY'RE ALL AFRAID
⑩A FLARE MVは → コチラ。

③MIRRORS -we're not alone-のMVは → コチラ。
スポンサーサイト



COMMENT 0