lynch.「I BELIEVE IN ME」


lynch.「I BELIEVE IN ME」 (2011)

名古屋出身、ツインGt5人組ラウドロック・バンドのメジャー1stアルバム。
音楽関連の新しい情報はその大部分をTwitterを通じて得るようになって久しいですが、このバンドもその例に漏れず。以前からバンド名だけは知っていましたが、フォロワーさんのlynch.推し呟きの中の「LUNA SEA」というキーワードにビクンビクンと反応してしまった私。比較的安価で手に入った本作が私の初リンチ(?)となりました。

ひとくちに「ラウドロック」と括ってしまいましたが、LUNA SEAが引き合いに出るくらいなので所謂「ヴィジュアル系」の要素もたっぷりです。ラウドロック/メタルコア/スクリーモに、V系由来のダークで耽美なメロディを合わせた感じですね。その組み合わせの妙と、双方のバランスの良さがlynch.の特徴なのかな、と思います。

本作のアタマ1,2曲を聴いた時の私の感想は、
メタルコア化したROUAGE、筋肉増強したROUAGE、
というものでした。
ヴォーカルの葉月は、清濁両方の声を操る実力者ですが、そのクリーンVoの響きがROUAGE(現STRAY PIG VANGUARD)のKAZUSHI(Vo)のものとよく似ています。色気たっぷりの耽美根暗声。で、そのクリーンVoがめっちゃいい声なんだなー。「いい声」という評価は人それぞれでしょうが、単純にいうと、エロい。とてつもないエロさです。例えば元KAMELOTのRoy Khanのような湿度高めの濡れ濡れ歌唱ではないんですけど、ツヤと色気が半端無いっす。イメージでいうと「ベルベット」って感じ?
その絶品クリーンVoに加え、シャウト、ダミ声、下水度ヴォイス等々、かなり幅広い歌唱法/発声法を使いこなします。まぁそのどれもがカッコイイこと…(惚)。

様々な声を使いこなす名手と言えばDIR EN GREYの京が思い浮かびますが、葉月は彼ほどの“変態性”はなく、ある意味とっつきやいです。クリーンでの歌い上げに関しては私は葉月の方が好み。京は歌い上げるとややノッペリと聞こえる時があったり、しゃくり上げる時のクセが強めなのでね。
「凄い声」というよりは「いい声」って感じなんだよな、葉月の場合。

バンドリーダーはGtの玲央(彼だけ他のメンバーに比べて年長)ですが、音楽的ブレインは全曲の作詞作曲を手掛ける葉月だと言ってしまってよいと思います。攻撃的でタフな演奏陣は決して疎かにされていませんが、やはりヴォーカル・ライン中心の楽曲が揃っています。間奏にソロらしいGtソロが無いのも特徴かな。
耽美さを前面に出した曲をアクセントとして2曲ほど配置しながらも、コンパクトで勢いのある曲がポンポン飛び出してくる全12曲収録のアルバム。ラウドロック系に不足しがちな叙情性、V系にありがちなナヨナヨしさ。その2つの問題点(と捉えるかは人それぞれでしょうけど)を見事にクリアする音楽性が見事ですね。
ただ、本作の時点では、「音」そのものにインパクトはあるけど「メロディ」の煽情力はまだまだ、という感じでしょうか。

でもね、この後、めっちゃ進化するのよこのバンド。

【お気に入り】
④JUDGEMENT
⑫A GLEAM IN EYE
シングルの2曲ですね。

英単語大文字で揃えた曲名もなにやらルナシーちっくで良いですね。
スポンサーサイト



COMMENT 0