IRON MAIDEN「THE X FACTOR」


IRON MAIDEN「THE X FACTOR」 (1995)

ファン衝撃、10枚目のスタジオ・アルバム。あんまり評判の良くない作品ですよね。

よく言われる本作の特徴(というか不満点?)は2点あるようです。
①新Vo、Blaze Bayleyの力量不足。もしくは、歌唱が曲に合っていない。
前エントリにも書いた通り、私はBlazeの歌い方は丁寧だと思っているのですが、問題なのは(メイデンでは)調子っぱずれの歌を“丁寧に”歌うことなんですよね(笑)。そういう(風に聞こえる)時がある。なので、聴いてると間抜けに感じるというか。
②ブログレ度を増した楽曲
陰鬱で暗い、かつ展開多めの楽曲が揃っています。

そしてこの2つの特徴がはっきりと刻まれているのが、11分越えの①Sign Of The Crossです。このオープニングの従来ファンに対する負の威力はなかなか強力なものがあったことでしょう。
曲自体は、ドラマティックな展開美と荘厳なメロディを兼ね備えた名曲だと思います。ただ、ここまでの大作で幕を開けるメイデンのアルバムは今まで無かった。「SOMEWHERE IN TIME」(1986)の1曲目Caught Somewhere In Timeにしても7分半の長さですが、ちょっとタイプの違う曲調で、もっととっつき易いですし。
こういう、ちょっと構えてしまうような曲を、前任者(Bruce Dickinson)とはまったくタイプの異なる新Voに歌わせるというチャレンジングな姿勢。それが仇となってしまったのか(笑) 少なくとも戸惑わせてしまったのではないでしょうか。ボソボソと呟くようなヴァースもどこか間抜けに響くサビも、Blazeの歌唱は曲にマッチしているとは言いがたいですからね。
でもまぁ、個人的には、そのマイナス点を補っても余りある名曲だと思います。

このアルバム、Bruce復帰後のアルバムに比べるとそれほど大作主義ってわけじゃない(6分越えは5曲あるけど)です。にも関わらず、本作って大作ばっかりってイメージがある。
それは何故か?

まず、曲順がイカんね。
(比較的)ストレートなアップテンポ・チューンの②Lord Of The Flies③Man On The Edgeを序盤のうちに「使い切って」しまいます。は、キャッチーではあるもののBlazeのVoが曲の昂揚感をイマイチ引き出せていませんでしたが、Bruceが「DANCE OF DEATH」(2003)のツアーで歌っていきなり超名曲に変貌(当社比)させたことが印象的でした。
曲の出来をみてもアルバム頭からのこの3曲は飛び抜けていると思いますし、逆にそのせいでそれ以降のアルバムの印象が間延びしているように感じてしまうわけです。

あとアルバムのトーンが画一的ですね。特に4曲目以降。所々メイデンらしい「オオッ!」と身を乗り出すほどのスリリングな演奏が聞かれたりしますが、そういうインスト・パートと暗い叙情が魅力(のはず)のVoパート、互いの連携/バトン・パスが上手く機能していない感じがします。
また、メイデンによくある、サビで曲名を繰り返すパターン。BlazeのVoではこれがマイナスに働いてる場面が多いです。よってアルバム全体が平坦であるとのイメージが刷り込まれてしまうんだよなぁ。

そういう「ダレ」が大作ばっかりという本作のイメージに繋がってしまうのかも。この場合は負のイメージですが。アルバム終盤まで集中力がもたないのよね。
…とか、文句ばっか言ってますが、私、Blazeの歌唱(というか彼のキャラ)は嫌いじゃないので、「まったくしょうがねぇなぁ」なんて上から目線をしながらも(失礼な)、割とよく引っ張り出すアルバムだったりします。

【お気に入り】
①Sign Of The Cross
②Lord Of The Flies
③Man On The Edge
スポンサーサイト



COMMENT 2

DD  2014, 12. 20 [Sat] 19:14

 確かに、Bruce期の良さが継がれた7,9に行くまでに、5曲目まで聴いて売りに出したファンもいたかもしれませんね、当時は。(聞けば聴くほど良さがわかるだろうに、これが以前LEPSのJoeが「3回レコード(CD]を聴かないファンが多すぎる」と言ったのもようやくわかります)

 Bruceが戻ってからも、2をやったりするなど、Steveはかなり気に入ってるようですが、どういうわけか(彼らしさでもあるんでしょうが)「リメイクは気が進まない」発言もしてます。

 この2作でやってる方向性が、Bruceが戻ってからの「Dance Of Death」等で(のちの数曲でも)継がれてるのが面白いところですね。

 お気に入り(次作でも言うべきところを言ったので、次作のもいいます。)・・2,4,9,11(この作品の汚点は10でしょう、やはりというべきか、Vo.でぶち壊してる面が多々あり)
 次作のお気に入り・・1,4,6(ここでは8はない方が良かったかも)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 12. 28 [Sun] 20:05

DDさん、

今までの愛着が拒否反応に結びつく、自然なパターンですね。私はその「愛着」が無かったので良かった面がありましたが。
私も特にリメイクしてほしくはないですね。それよりはBruceと作れるうちに、一枚でも多くのスタジオ作が増えることを望みます。

Edit | Reply |