PRIMAL FEAR@渋谷TSUTAYA O-EAST

PRIMAL FEAR JAPAN TOUR 2014 渋谷TSUTAYA O-EAST (2014/6/3)

PRIMAL FEARの来日公演初日に行ってきました。

実はこの日の前日に衝撃的な事実を知ってしまったわけでして。
それは、
Magnus Karlsson(Gt)は日本に来ない!
繰り返す!
Magnus Karlssonはツアーに不参加!

なんてことでしょう。私がこの公演のチケットを買った理由の半分くらいは、MagnusのGtプレイが聴きたいがためだったというのに。告知ポスターにはMagnusの姿が写っているのに!
彼の代わりにツアーを回っているのはTom Naumann。バンドにとってはお馴染みの人選ですし、自動車修理工場の熟練工員風(?)なTomのアピアランスはこういった正統派HMにはお似合いな感じですが、う~ん、でもねぇ??

ということで、かなりテンション下がっての参戦だったわけですが、

ですが……

なんじゃこりゃー!?、ってくらい素晴らしいライブでしたね。

同期音源絡みでトラブったのか、これ以上は無いってほどグダグダなショウのオープニングになってしまいましたが、そこから先は正にプロの技。パフォーマンスもさることながら(後述)、ステージから放たれる、守りに入ってないベテラン・バンドのオーラが凄まじい。威厳を感じるというか、堂々たる佇まいがとても頼もしいです。
ま、それはメンバーのガタイが良いせいもあるんですが。先のTom“自動車工場”Naumannもさることながら、Ralf“二の腕”Scheepers(Vo)のガチムチっぷりの半端無さと、肥満体というマイナス要素を貫禄というプラス要素に転換させるMat Sinner(Ba)の親分感はもはや非現実的ですらあります。でも、メンバーみんなすっごくフレンドリーで、観客の好反応に対して繰り返し感謝を伝えようとしてるし、ステージとフロアの間には包み込まれるようなあったかい雰囲気が漂っていましたね。うん、私の思い描くメタルのライブってこういう風なやつよ。

Ralfはやっぱり凄いですね。いや、上腕二頭筋のことじゃなくって(笑)、歌唱の話ね。何かが憑りついたかのように神懸かり的な歌声を披露するってわけじゃありませんが、元々驚異的な歌唱が収まっているCD音源と遜色無く歌っているのが凄いです。大きな身振り手振りでフロアを誘導するフロントマンっぷりもヘンに飾らない感じで◎。
で、自身のバンドではフロントを張るMatとのツインVoが非常に効果的ですね。Matは漢くさい歌声で、時にRalfをサポートし、時に全く違う音域で歌い上げる。とりわけUnbreakable Pt. 2は2人のVoが映えまくる名演で、個人的にはこの日のハイライトでした。

以前にも観たはずなのに、衝撃を受けたのがRandy Black(Dr)のプレイ。まるで力んでいないにも関わらず、締りに締まった非常にタイトなプレイ。タイトなんだけど機械的な感じはまるでしなくって、ワイルドでしっかり“ロック”してる。ほんっとに気持ちいい音だわー。ドラム台が割と高めにセットされていたこともあり、そのかっこいい叩き方もよく見えました。目も耳も気がつくとRandyのプレイを追っている、という場面が多々ありましたね。最高っす。

セットリストについては他にも聴きたい曲があったものの、「これぞメタル!」というサウンドをまっすぐ叩きつけて来るパフォーマンスは非常に満足度の高いものでした。

でも、不満点はある。贅沢な話だけど。というか、「ないものねだり」かな?
歌唱も演奏も高次元で安定しており、不安を覚えることなく曲に浸れたのですが、反面スリル感や剥き出しの攻撃性に欠けるかなとも思いました。それはやっぱりGtチームの印象に依るところなんですね。Tom Naumannにせよ、Alex Beyrodtにせよ、基本的にはオーセンティックなプレイを得意とするギタリストだと思います。特にTomなんてそんな感じ。派手なソロはAlexがほとんど担当しており、事実聴き応えのあるプレイでしたが、私が求めてしまうのはMagnusのマジカル・タッチなんですね。より現代的なテクニックを持ったMagnusの悶絶リードが聴きたかった…(涙)。もっとフラッシーさが欲しかったわけです。


ま、そんなこんな言いつつ最高に楽しめましたし、RandyのDrを観れただけでチケット台以上の価値ですわ。
初めっからMagnusが来ないって分かっていたらチケット買っておらず、結果としてこの素晴らしいライブを見逃していたかもしれませんし。そう考えると、怪我の功名だったかも、とも思ったりもしますね。

でも次はMagnusと一緒に来日してーッ!!


セトリ、追記。
   ↓

<セットリスト>
01.Final Embrace
02.Alive & On Fire
03.Delivering The Black
04.Nuclear Fire
05.Seven Seals
06.One Night In December
07.Angel In Black
08.When Death Comes Knocking
09.Chainbreaker
10.Fighting The Darkness
11.Rebel Faction
12.Bad Guys Wear Black
13.Metal Is Forever
ENCORE
14.Unbreakable Pt. 2
15.Battalions Of Hate
16.Running In The Dust
スポンサーサイト

COMMENT 2

DD  2014, 06. 04 [Wed] 22:01

 昨日のlive見たんですが、11.Bad Guys~の前に新譜からのRebel Factionが欠けてますが(Dr.ソロから)。

 Magnusが欠けてたとはいえ、穴を(Matとは長年の付き合いの)Tomがきっちり埋めてたのが印象深かったですね。(演奏はあそこまでタイトだと、逆にフラッシーさは減る可能性も、一時気のMAIDENでJanickが入っての2人G.編成のころはそれが批判されもしてたような)

 初めてPRIMAL FEAR見ましたが、あそこまでレベルが高いと、金を払う価値あるものだし、次回はより広い会場で見たいなと思う次第(曲数が少ないのは、大作3つやると、2時間やったぐらいの集中力を要求するからでは)。

 こんな感じです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 06. 05 [Thu] 20:07

DDさん、

セットリストのご指摘ありがとうございました。修正させていただきました。私はあんまり覚えていなかったので、セトリサイトを転載したのが当初のものです。

私がMagnus目当てだっただけで、実際超ハイレベルなライブだったと思います。本数の多いツアーを敢行するバンドはそれほど長いセットは(疲弊してしまうため)あまりやらないと思いますので、まぁ1時間40分くらいが妥当かなと。

Edit | Reply |