CROSS VEIN、JULIA姫生誕祭@吉祥寺CRESCENDO劇場

"CROSS VEIN Presents" 『Theater of Romance 第2幕 ~Birth of JULIA~』 吉祥寺CRESCENDO (2014/5/24)



CROSS VEINのVo、JULIA嬢の誕生日が5月25日ということで、その前夜祭主催イベントに行ってきましたでございます。昨今の土日祝日ライブ日程バッティング事情に則って(?)、この日も色々被りまくりだったのですが、オイラがこれに行かないのは不自然でしょう、と。


hanako presents セッション企画vol.1
『GALneryus』

ギャルネリ! ( ゚д゚ ) ガタッ
5バンド中、2番手に出演したセッション・バンド。前のライブレポでも書きましたが、メンバーは以下の通り。
 JULIA(Vo)
 華子(Gt, ex:Albion)
 Fin(Ba, LionDigitaLiz)
 NANA-A(Dr, THE LEAPS)
 MARI(Key, ex:天狗櫻)
「hanako presents」ということで、先日Albionを脱退した華子(5/22日に22歳の誕生日だったそうですYo!おめ)の企画によるバンド。ナイス!

…と、これがなかなかに果敢な選曲でした。
「ん…これはガルネリのどの曲だ……??」と思っていると始まったのはANGRACarry Onだ。このメンバーの中で一番異色なのはDrのNANA-Aだと思いますけど、うん、HMでも器用に叩いているけどやっぱり音がTHE LEAPSの時と同様、“ロック”ですね。“メタル”じゃなくって。「ドドドド!」じゃなくて「ドン!ドン!」なんだよな。それの早回し的な。彼女のドラム・プレイの特徴を改めて感じましたね。で、JULIA嬢(黒&赤衣装)の音域がぴったり合う。ということはこれは男性の歌う曲ではないってことで、恐るべしAndre Matosである(笑)

1曲目終わった後、2曲目に入る手前でののMCのやりとりが個人的にはツボでしたな。
じゅ「じゃあ、(次の曲行っても)大丈夫…?」
華「はい!(元気よく)」

これがなんだか『エースをねらえ』的な感じでニヤついてしまったな。お蝶夫人と岡ひろみみたいな感じね。
じゅ「ひろみ、次の曲の準備、良くって?」
華「ハイ!お蝶夫人!」
(笑)

そしてLIV MOONKiss me, Kill meALHAMBRA人形の家という、俺得なセトリが続きます。
女子会的アトモスフィアがステージからコンコンと湧き出てくるようなメンバー紹介タイムを挟みつつ、
じゅ「いったいいつGALNERYUSは出て来るのでしょう?笑」

ラスト2曲はガルネリ・カバーでした。SILENT REVELATIONDESTINY。前者はサビの歌詞が「revelation」じゃなくって「revolution」になってて、後者は曲コールで「デスティネーション!」とか言ってたけどなJULIAたん(笑)
「デスティネーション!」の時は思わず「ほえ???」ってなっちまいましたよ。まさかDESTINATIONS(しかもラストに)やるんじゃないよなと思いましたが、やっぱりDESTINYでした。

カバーした曲の元アーティスト、どれも超絶歌唱のヴォーカリストばかりですが、なかでも世良純子と小野正利はキツそうでしたね。また、選ばれた5曲が全て鬼畜な曲なため、演奏陣も懸命よね。ドMカバーバンドだなこりゃ。華子のGtトーンは相変わらず極上でしたが、プレイは所々厳しい場面もあったかな。以前も書いた通り、彼女のGtトーンってミスるとすぐにバレるものなんで。そんな中、BaのFinだけ余裕が漂ってくるんですけど?この人、凄いわー。DESTINYの間奏、華子とのタッピング・ユニゾンは鳥肌モノでしたね。
とても楽しいセッション企画でした。またやってほしいね。それぞれの本業バンドとの対バンしてくれたらお得なんだが。
終演後、物販でFinのソロプロジェクトLion Digita Lizのシングルを購入。
<セットリスト>
1.Carry On(ANGRA)
2.Kiss me, Kill me(LIV MOON)
3.Doll's Solitude~人形の家(ALHAMBRA)
4.SILENT REVELATION(GALNERYUS)
5.DESTINY(GALNERYUS)


ASRA
仙台のバンド。トリ前。CDは(多分)全部持ってますが、ライブを観るのは初めてですね。
うんうん、なかなか良いねー。
CDで聴く時より民族音楽色は薄めながら、ボトムの効いた演奏がとてもしっかりしてます。で、重心が低めなので夢華(5/22日が誕生日だったそうですYo!おめ)のVoが音域の違いもあって埋もれない。彼女自身の声質や歌唱のせいもありますが、音源聴いた時の印象よりずっとパワフルで抜けてくるVoでした。CyntiaのSAKIと似たタイプの歌唱だと感じましたね。
で、彼女、めちゃめちゃ美人さんなんですが、ステージ上の動きがキビキビしていて良いね。それにノセられてフロアもかなり盛り上がっていました。あと、折り畳みヘドバンからの髪バッサァーって動きが、“ヴィダル、……サスーーンッ!”って感じなの(意味不明)
ツインGt、テクニカルなソロは上手側のKIM、エモーショナルなのは下手側の琢磨って振り分けなのかな、大雑把に言うと。
とても良いバンドですね。Asymmetry Hanumanのようなメロディアスな歌メロの曲が増えてくればもっと私好みかな。


CROSS VEIN
この!
ドレスは!
ワンマンの時の!
坂道発進ドレスだッ!

(ポニーテールじゃないけど)
自分自身の誕生日(前夜)イベントをいつも通りのMCとはいえ、自ら「名誉高きこの催し…」と言ってのけるJULIA様は最高です。そこにシビれる!あこがれるゥ!
サポート・メンバーは前回同様、Act.(Dr)とShoyo(Ba)。良い意味で派手派手で攻撃的、重い音とパフォーマンスですね。長身の2人がステージ上で映える映える。カコイイわー。Act.なんてステージ最後方で座って叩いているだけなのに動きがめっちゃ大きいからね。

しかし、この日のセットリストは凄かったな。今のCROSS VEINにおける最も攻撃的な、ベストな選曲ではないかな。キメ曲であるMoon AddictProtect the Coreの2曲を冒頭に持ってきてもいささかも弛緩しない空気。むしろ尻上がり。個人的にはこの2曲より“弱い”曲(比較論だが)は以降のセトリになかったと思いますね。それだけ最近の曲の出来が素晴らしいです。

聴く度に馴染んでくる、そして新たな発見がある2つの新曲。MASUMI(Gt)とAct.が「演奏するのが一番難しい」と言っていたsandglass、今回その言葉の意味が分かりました。キメが非常に細かいんだなコレ。今まで気づかなかったのは、その展開がスムーズだからか、もしくはオイラが薄ぼんやりとしているか、だな。そしてこの曲、ISSEKI(Key)が今まで無かったってくらいに大活躍だわ。細かいKeyのリフが曲の雰囲気を決定付けてる感もありましたね。
Eternal Dreamで、ハイピッチの歌メロが連続するにも関わらずメロディアスな印象が強く残るのは、Yoshi(Gt)の作曲センスゆえだろうなー。
いずれも音源化されたら過去曲をすんなり超えてきそうなキラーチューンの予感ですよ。

素晴らしい曲をパワフルに、見た目も満足させて披露する。もう、これに尽きますわ。ギャルネリの記事でいっぱい書いて疲れちゃったからこっちは短くすませようなんてわけじゃなくって(笑)、去年のシングルリリースからのCROSS VEINはそこのところがしっかりと出来ていると、こういうわけです。

この日ならではの特別企画はアンコールでの1曲目でした。まずISSEKIがGtを持って登場、グダグダしつつも(笑)本来の自分の担当とは異なる楽器を持ったメンバー(サポートの2人含む)をステージに呼び込みます。Yoshi→Dr、Shoyo→Gt、Act.→Keyという感じ。
で、JULIA嬢は水色のドレスのまんまBaを持った違和感全開の格好で登場。
に、似合わねぇ……(笑)
最後にMASUMIがマイクを持って登場、BON JOVIIt's My Lifeを曲コールして演奏。
それほど難しい曲ではないのでしょうが、不安感が無い、というか上手いのはGt・ShoyoとDr・Yoshi。無難なのはKey・Act.。不安なのはGt・ISSEKIとBa・JULIAの2人(苦笑)。というか2人の音がイマイチ聴こえない…ww
そして嬉しそうなのがVo・MASUMI(笑)。なんかこの曲だけ「Birth of MASUMI」みたいになってんですけど!彼、超楽しそうだし。JULIAたん、後ろの方で演奏に精一杯って感じだし。
曲が終わると個々のメンバー紹介へ。ドラムは「Yoshi-ki!」とか紹介されて思いっきりX JAPANなフレーズ叩いてましたね。JULIAたんはBaをベベンベンとやってから「センキュ!」(笑)とか仰ってましたが(激烈可愛い)。
この後、メンバーからのプレゼントとファンからの花束とメッセージカードのプレゼント、ハッピーバースデー唱和のサプライズ的な場面があり、ラストのNoble Scarへ。ラストにこの曲ってのは、濃厚な大団円っぽくて良いね。


MCにて、今後は(既に決まっているライブをこなしつつも)制作活動に入る旨の発表がありました。作るのがシングルかアルバムかは明らかにされませんでしたが、インディーズのリリースまでのペースは速いので、多分今年中に何らかの形になってくるでしょう。勿論ウチのブログとしては台風の目のような存在になりそうな予感バリバリでございます。
多分、傑作だ。
リリースされたら、「な?」ってドヤ顔したい(笑)
めっちゃ、したい。
この「な?」は「俺が散々言ってた通り、すっごい出来だろ??」の意味ですわ。

<セットリスト>
1.Moon Addict
2.Protect the Core
3.Hidden Star
4.sandglass
5.Eternal Dream
6.forget-me-not
7.Red Star
ENCORE
8.It's My Life(BON JOVIカバー)
9.Noble Scar


JULIAさん、誕生日おめでとう。
スポンサーサイト

COMMENT 7

なっちゃん  2014, 05. 28 [Wed] 20:12

ブログコメントは、初めてです^^

いつも、レベルの高い内容だなと思ってました。

JULIA Birthday ファンサプライズ企画にご参加頂きまして、有り難うございました。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 05. 29 [Thu] 20:45

なっちゃんさん、

コメントありがとうございます。

ライブ、お疲れ様でした。こちらこそ、いつもバンド思いの企画を感謝です。

Edit | Reply | 

paruriko  2014, 05. 30 [Fri] 20:00

一週間後にコメントする暴挙をお許しください(u_u)久々のCROSS VEIN!Twitterで姫に、来て♡と言うワードを誘導。しょうがないなぁ〜的な感じで参戦(笑)色々あり某大天使様バンド以外は控えようと考えていたのに、、、姫の美しさはやはり宇宙か、、、意思が弱いのにもほどがある。
最初のお楽しみは【GALneryus】まずは、ほぉ〜懐かしい!目の前に天狗櫻のステッカー。神風wメンバー登場。姫、恐ろしい程のの美しさだ‼︎‼︎
最前だったけど近い‼︎近過ぎて見れない!眩し過ぎるぅぅう!マニアックな選曲で驚いたがクロベ以外の姫の歌も素敵でした!それと、華子wガルネでチョイチョイやっちゃってましたが、良い演奏でしたよね。あと、すいません(>_<)タ、タイプです、、、。
メインのクロベは、やはり凄かったなぁ〜。完成度が高い曲ばかりのセトリなので盛り上がりましたよね。もうなんか余裕すら感じられるステージングで。サポートメンバーのAct.とShoyoのアクションもキレが良く素敵(笑)なんでこんなにイケメンばかり集まるんですかね?不思議。あのセトリは凶悪。絶対次も行きたくなりますよ。メンバーがファン全員を楽しませようとしているのが凄く伝わるステージだったと思います。次は7月ですね!
帰りに姫にプレゼントを手渡しでき良かった!皆の前で開けられる恥辱プレイ、、、よ、よかったです(笑)ヒゲさんにも一応挨拶出来良かった、、、かな(笑)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 06. 01 [Sun] 12:13

pa

渾身の萌えコメント、ありがとうございます(笑)
早速出ましたね、必殺の「宇宙」表現(笑)

ギャルネリもイベントとしての楽しさのほかに聴き処もありましたし、CVのこのセトリでの畳みかけはものすごかったですね。
ライブの回数も多いバンドですし、その度にサポートのリズム隊を手当てするのは大変だと思いますが、頑張ってほしいものです。

最後、超無愛想顔で挨拶しちゃって申し訳ありませんww

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 06. 02 [Mon] 00:47

parurikoさん、

返信タイトル、「pa」になってました(汗
ゴメンナサイ!

Edit | Reply | 

Pa  2014, 06. 02 [Mon] 11:04

Paでよろしよ♡

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 06. 02 [Mon] 23:23

Paさん(笑)、

すみませんww

Edit | Reply |