今野敏『疑心 -隠蔽捜査3-』

今野敏_疑心
今野敏『疑心 -隠蔽捜査3-』 (新潮文庫)

今野敏の警察小説『疑心 -隠蔽捜査3-』を読みました。
警察官僚、いわゆるキャリア組である竜崎伸也警視長を主人公にした隠蔽捜査シリーズの3作目です。

アメリカ大統領の来日が決定し、大森署の署長を務める竜崎の元に「第二方面警備本部本部長」の命が下る。大森署内に本部を設置し警備計画を確認する竜崎だったが、大統領を標的としたテロ計画の情報が伝わる。警備方針についてアメリカ人のシークレットサービスと軋轢が生じるが、そんな中、竜崎は補佐を務める女性キャリア・畠山美奈子の事が気になって気になってしょうがない(笑)。

冒頭から竜崎節全開で嬉しくなってしまう。

以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
吉川英治文学新人賞を受賞した『隠蔽捜査』、山本周五郎賞と日本推理作家協会賞をW受賞した『果断 -隠蔽捜査2-』は警察小説史上に残る傑作だったと思います。警察小説が好きで未読の方がいたら是非読んでいただきたい。プログレにおけるKING CRIMSON、ネオクラシカルHMにおけるYngwie、テクニカルHMにおけるDREAM THEATERみたいなもんですから、警察小説における隠蔽捜査シリーズは。マストです(言い過ぎか)。
本作も傑作だと思います。ただ、今回ミステリ度はぐっと下がってます。竜崎たちは大統領へのテロ計画を防ぐことができるのか!?、なんてことは正直どうでもいい(笑)。畠山への恋心を抱く竜崎のうろたえっぷりをニヤニヤしながら読み進めるのが正しい。竜崎というキャラのファン(=私)には堪らない内容です。竜崎キャラ萌え小説としては最高作か。

論理を重んじる竜崎だけに畠山に対する自分の気持ちについても分析的なのが笑える。

畠山が近づいてきた。いい匂いがする。この匂いが曲者なのだ。

彼女の姿が見えなくなるというだけで、淋しくなる。こんなばかな話があるか。まったく不合理だ。

今まで、否定しようとしていた。だが、もう否定できない。これは明らかに恋愛だ。

竜崎さん、あんた最高だよ。

多分私は、竜崎警視長が出てくればどんな内容の小説でも喜んで読めます。隠蔽捜査シリーズはこのあと、『初陣 -隠蔽捜査3.5-』『転迷 -隠蔽捜査4-』と続きますが、例えば次回作が、竜崎の大森署署長としての平凡な一日を描く『押印 -隠蔽捜査5-(仮)』でもいい。竜崎の何でもない休日を描いた『非番 -隠蔽捜査5-(仮)』でも歓迎です。交代勤務じゃない竜崎には“非番”ってないのかもしれませんが。
とにかく今野敏には隠蔽捜査シリーズを続けていってほしいなと思います。
スポンサーサイト

COMMENT 0