THE OFFSPRING「IXNAY ON THE HOMBRE」


THE OFFSPRING「IXNAY ON THE HOMBRE」 (1997)

米国産メロコア/ロック・バンド、THE OFFSPRINGの4thアルバム。有名アルバム3rdと5thに挟まれてやや影が薄いかもしれませんが、私が初めて聴いた彼らの作品で、これが一番好きですね。メタル・ファン的にもとっつきやすいアルバムだと思います。

tvk(テレビ神奈川)に「ROCKCITY」という伊藤政則氏がMCをしてる番組があって、私は大学生の頃よく見てました。ある時伊藤氏が休みで、代打で大貫憲章氏がMCをする日がありまして(この番組生放送だったのか?)、その日はガラリと変わってメタルではなくパンク等が中心の選曲になっていたような記憶です。で、多分最新作だったのか、このアルバムの⑩All I WantのPVが流されました。当時、この手(どの手だ?)のサウンドを聴いたことがない私は「いかん!」と思いましたね。「いかん!」と思ったのはキャッチーでメロディアスで一発で「良い」と思ってしまった事。メタルにハマっていたからこの番組を見てたわけですが、「メタル者」から見たら「パンク者」ってのは“ご近所づきあい”しにくい相手だったんです、当時の私の意識では。ジャンルの壁ってやつだ。くだらないですね。
その「メタル者」の私が、パンクだかメロコアだか区別がつかないがとにかくTHE OFFSPRINGを聴いて「良い!」なんて思うことは反逆(笑)ですよ、これは!ブレックス准将(@機動戦士Zガンダム)なら「なんと破廉恥な…!」って仰るに違いない。“信念の守護者”にはなれません、私は。
ともあれ当時の私にとってパンクだかメロコアだかを聴くのは「手を出しちゃいけないもの」に触れる甘美で背徳感を伴う行為だったわけです。大袈裟ながら。

なんかくだらない事ばっか書いててアルバムの感想を述べてませんが、ちょー簡単に書くと本作は彼らがいちメロコア・バンドから広義のロック・バンドへ変化する最初の一歩だったかな、と思っています。次作ではもう完全にアメリカを代表するロック・バンドになっている感じですが、本作のメジャーとマイナーが入り混じっているような作風が好きです。収録曲も必殺のを筆頭に②The Meaning Of Life,③Motaといったトレードマークともいえるアップテンポ・チューンだけでなく、ミドルテンポの曲でも印象的なメロディが聞けるという具合に幅広くなってきています。特にちょいダークで哀愁のメロディが炸裂する⑦Gone Awayは重要なんじゃないかと思います。

【お気に入り】
⑩All I Want → PV 走る走る、とにかく走る!
②The Meaning Of Life
⑦Gone Away → PV

ここまで書いといて何ですが、結局この手のバンドは彼らのほかはBAD RELIGION,Hi-STANDARD,HAWAIIAN 6くらいしかCD買ってないですねぇ(笑)。あとMISFITSも入れていいかな。やっぱ合わなかったんでしょうか。
スポンサーサイト

COMMENT 0