Rosario Ark「GUILTY」

rosarioark_guilty (120x120)
Rosario Ark「GUILTY」 (2014)

滋賀出身の女性Vo・ロック~HR/HMバンドのミニアルバム。6曲入り。4月にライブを観て気に入ったので、購入したCDです。
ジャケとブックレットのアートワークはメンバー・YUE(Vo)の手に依るものだそう。

ライブを観た時には、HR/HM・J-POP・V系・ラウドロックという要素を組み合わせた音楽性だと感じました。そのうち、「ラウドロック」というのはステージ上でのパフォーマンスから受ける印象が大きかったわけですが、歌詞を読みながら音源と対峙してみると、こりゃあ、暗さや耽美さが前面に出た陰陽座だな、と。
YUEが手掛ける歌詞に英詞はほとんど無く、言葉の選び方に陰陽座との共通点を見つけることはできます。ただ、あそこまで古語というか古めかしく時代掛かった言い回し/読ませ方を使ってはいませんが。“和風”を感じるか否かというより、言葉が醸し出す情緒が似ているという感じかな。YUEのTwitterアカウントのプロフィールを見てみると、なるほど陰陽座好きみたいで、さもありなん、と。
そんな歌詞から受ける印象もさることながら、オーソドックスなHR/HMをベースにしてそこに様々な要素を違和感無く融け込ませて、それを自分達の個性として表出させている点にこそ陰陽座に通じるものを感じますね。Gtは1本ですしVoは黒猫ほど歌い上げる系ではなくもうちょっとJ-POP風味だったりして、音楽的にはそこまで接近しているわけではないんですが、バンドから発せられる空気がそんな感じ。
まぁ、HR/HMを中心に聴いていてJ-POPも好きでV系もイケる私にとっては、彼らのバックグラウンドとは重なるところが多いような気もするし、暗めのメロディが好きなのでそりゃ嫌いになれないでしょうという、そんな音楽性です。

…と、「スタイル」のことばかり説明していますが、重要なのはメロディが響いてくるかってところでして、これがなかなか刺さってくる。私好みの耽美でキャッチーな歌メロと演奏ですね。最近よく聴いています、このアルバム。
熱情を外に向けて放出するのではなく内に秘めたまま歌っているようなYUE(Vo)、オーソドックスでツボを得たプレイの†TUOYE†(Gt)、存在感は大きいながらメロディを邪魔しないTETSUNARI(Ba)とSOUI(Dr)のリズム隊。4人のバランスは良好ですね。技巧が物凄いわけでも奇を衒うわけでもないし、勢いやパワーで押し切るわけでもない。それでも魅力的に聴かせられるのは、メロディとアレンジ・センスゆえでしょう。

小気味良いメタリック・リフが映える①GUILTY、緊張感に満ちた②辻風-TSUZIKAZE-、じっくりどっしり聴かせる③紅輪廻(この曲が一番陰陽座っぽい)、V系由来っぽいゴシカルな憂いが魅力の④黒蜜、捻くれた歌詞を哀メロに乗せる様にセンスを感じる鬱ポップ曲・⑤哀絶regret、スピーディな曲展開が絶品の⑥あの日の想い~greed edition~と、収録曲それぞれのキャラ立ちは良い上に、バンドとしても一枚の作品としても統一感が感じられるのが◎。
YUEの凛とした声質は女性なんだけど“イケメン声”と評したくなるもので、冷たさと緊張感を湛えているところが曲にぴったり合っていますね。動き回るBaプレイや、絶妙にYUEをサポートするコーラスも聴き処。
「メタルであること」に拘らなければ、良質のメロディを味わえるかなりの良盤ではないかな。

【お気に入り】
全曲イイ!けど、
⑥あの日の想い~greed edition~は特に好きね。
あと、
③紅輪廻のような曲をまったく退屈させないで聴かせられるのは素晴らしいセンスだと思います。
スポンサーサイト

COMMENT 0