KAZU先輩、メロディアス過ぎて笑うしかないっすよ!

ヘンなタイトルの記事ですみません。
でも、Art Of GradationのKAZU(Vo&Gt)が新しい曲をアップしちゃうから悪いんす(←)

以前までアップされていたaudioleafのサイトではなく、今回はYouTube。
Bridge to Eternityと題された(クサい/笑)インスト曲のギター演奏映像です。 → コチラ。

HR/HM、アニソン、フュージョン、テクノ…、様々な要素が混在しながらもスムーズな展開。スムーズだけれどもいつの間にか流れて行ってしまうんじゃなくて、何度も差し込まれるフックが耳を離さず。泣いてるメロディ&泣かせる技巧。
やはり、
「インストでありながら、限りなく歌モノ。」
なのよ、私にとっては。

「普通この演奏の上にVoが乗るでしょ?」ってことでも、「曲の作り方が歌モノだよね?」ってことでもなくて、テンポに関係なく口ずさめる/口ずさみたくなるメロディが存在する。その一点から導き出される感想です。
別にインストゥルメンタルを歌モノの下位に考えているわけではないのですが、「インスト曲なのにこんなにメロディが口ずさめちゃうのはおかしい!」との思いが私の中には漠然とあります。それゆえに、私にとってTHE SQUARE(T-SQUARE)のTRUTHを聴いた時の衝撃ってのは大きなものだったわけで。ご存じの通りあの曲ってめちゃめちゃ明確なメロディラインをなぞりますし、口ずさみやすい。私にとっては前述の考えを覆された、そんな“口ずさみ”曲だったなわけです。ま、Being系のアーティストが手掛けるインストにもそういった面はありますかね。そして、KAZUの作るインストも正にそう。かつ、演奏が綺麗綺麗し過ぎてないでもっと剥き出しの個性が刻印されている感じ。


例えば、背中痒いとするじゃん?痒いところを探っていって「ココ?違う?…じゃあココ?」って感じに搔くんじゃなくて、「ヒゲさん、ココ痒いでしょ?」って教えてもないのにピンポイントで搔いてくれるのがKAZUの作曲術だ(なんのこっちゃ/笑)。
それくらいのツボ突き具合。

サビに相当する部分、裏にちょいっと差し込まれる鍵盤や途中加速するところ、クイクイッとキマッてくるチョーキング&ビブラートなんて私の好みをそのまんま音に具現化したらこうなっちゃった、みたいな感覚だもんなー。
そりゃ、笑うしかないっす。
で、このBridge to Eternityに限らず、インスト曲をまとめてちゃんとした音源として発表してほしい。
されるべきですし、それがダメならそりゃ、泣くしかないっす。


5月11日に新宿Antiknockで彼のソロライブがあるというのは前回記事でも書きましたが、その日参加するゲストプレーヤーについても発表されました。
Art Of Gradationから、VoのMichiruとGtのSeiyaが参加!
こりゃあ、歌モノもあるんですなー。非常に楽しみ。
スポンサーサイト

COMMENT 0