DARK TRANQUILLITY@渋谷TSUTAYA O-EAST

DARK TRANQUILLITY 『CONSTRUCT TOUR IN JAPAN』 渋谷TSUTAYA O-EAST (2014/3/18)

メロデス系なら信頼のダートラ、ということでDARK TRANQUILLITYの来日公演初日、東京公演に行ってきました。
前回来日のレポは → コチラ。


THE RESISTANCE
前座というかゲストとして帯同したのは、元IN FLAMES組の2人(Jesper StrömbladとGlenn Ljungström)を擁するTHE RESISTANCE
デビュー作はどうやら自分の好みではなさそうだったので聴いてませんでしたが、うん、こりゃあ思った以上に地味ですね。Gtがソロ志向というよりリフ志向でザクザク刻む、オールドスクール・デス(モダンでハードコアな感触もありますが)。ただ、そのプレイがあまりシャープではないのでGt主導というよりはDrとMarco Aro(ex:THE HAUNTED)のVoを中心にガシガシ付き進んでゆく感じかな。「今俺、メタル聴いてるー!」という音でかっこいいと言えばかっこいいんだけど、JesperにもGlennにも特にときめかない私にとっては40分間ちと眠かったですね。Marcoのフレンドリーなパフォーマンスはなかなか良かったです。


転換。
ステージ後ろには巨大なスクリーンが。暗転、そして「TOKYO」「O-EAST」の声と映像が…

DARK TRANQUILLITY
ウホッ!いい声。
ウホッ!いい曲。

ステージ上にメンバーが揃って初めて気づくベーシスト氏の不在(苦笑)。音源を被せてカバーしていたと思います(自信無し)が、思ったより物足りなさは感じませんでしたね。
前回の渋谷CLUB QUATTROと比べるとかなり広いステージ。Baがいないのでちょっとスペース持て余し気味ではありましたが、スクリーンにはMVや幾何学模様やヘンテコキャラのイメージ映像が流され、Mikael Stanne様(Vo)はいつも通りクネクネ男前パフォーマンスで観客を魅了します。フロアは7割くらいの埋まり具合でしたが、なかなか好リアクションですね。

ライブの内容は前回来日の方が良かったかな、と思います。Mikael様の喉の調子やバンドのタイトさ等のパフォーマンス面、会場の音響面双方で。ただ元々演奏に関しては凄い!って感じのバンドではないし、それは今回も同様。それよりも上記の「曲の良さ」ですね際立つのは。代表曲というかライブの定番曲というのはほぼ固まってきたような気もして、あんまり前回からの変化や意外性はありません。それでも初期から新しめのところまで広く拾ってきていて、色々な要素を取り入れてきたバンドだけあって、曲調の幅はかなり広いです。でも印象がバラバラにならずに適度な統一感を感じるのはMartin Brändström(Key)の手腕ゆえかな~と思ったりします。次々とメランコリックなメロディが紡がれる様子は素晴らしいし、長年に渡って信頼し続けるバンドだけあって、自分の満足度は高かったですね。

面白かったのは新譜からの曲で、Keyの使い方が違うからか、過去曲とはかなり雰囲気が違って聞こえました。Keyがポロロンポロロンって零れ落ちるようなメロディ使いじゃなくって、ファーーッて包み込むような感じのが多いので、よりポストロック風というか、一気にスペーシーでシャレオツ(笑)になってるように思いましたね。DEVIN TOWNSEND的というか、ラウパよりサマソニ/フジロックって感じ?

事前にチラ見した海外のセトリとほとんど違いはありませんでしたが、充実のライブでした。Final Resistanceで本編を締めて、アンコール最後にMisery's Crownというのは良いですね。ウルウルきた。
数年に1枚良い作品をコンスタントに作って、その度に来日してくれる。いいよなぁ、こういうのが。

<セットリスト>
01.The Science Of Noise
02.White Noise / Black Silence
03.Monochromatic Stains
04.Lost To Apathy
05.The Fatalist
06.The Silence In Between
07.Zero Distance
08.The Wonders At Your Feet
09.The Mundane And The Magic
10.Punish My Heaven
11.What Only You Know
12.Iridium
13.Terminus (Where Death Is Most Alive)
14.State Of Trust
15.ThereIn
16.Final Resistance
ENCORE
17.Lethe
18.Endtime Hearts
19.Misery's Crown
スポンサーサイト

COMMENT 0