Cyntia「Limit Break」


Cyntia「Limit Break」 (2014)

今まで酷かったジャケ・衣装等々がやっとまともになったね。それどころかこのジャケ、めっちゃかっこいいじゃないですか(上のジャケは「通常盤」のもの)。
メジャー第2弾、通算3rd。前作「Lady Made」リリース時点では『女子力全開で疾走する噂の“ツンデレメタル”』だったようですが、今も女子力全開で疾走しているかどうかは不明です。また、私の力及ばず“ツンデレメタル”の真相には肉薄することができておりませんので、本作もまた“ツンデレメタル”なのか判断のしようがありません。ただ、“ツンデレメタル”かどうかはわかりませんが、メタル色は減退していますね。仮に今もツンデレなのだとしたら、“ツンデレハードポップ”なんじゃないかと(意味不明)

メタル度は下落しても完成度は上昇。今までで一番出来は良いです。全体的にYUIのGtがあまり目立っておらず、反対にAYANOのKeyはかなりの貢献度の高さ。それほど押しが強くない、ポップな感触ですね。ただ、バンドとしてのまとまりは良好に感じます。
前作から引き続き清水昭男(ANTHEM)とRyo Takahashi(漢字分からん)が共作者としてクレジットされていますが、(メンバーだけで作った曲と比べても)共作者の色に引きずられてこういう作風/音作りになったのではなさそう。因みに丘ナオキは今回関わっていないですね。

前作でかなりの歌唱力&表現力アップを見せたSAKI(Vo)ですが、本作でさらに成長していてビックリさせられました。“押し”だけじゃなくて“引き”を会得して、曲に合わせて最適な歌唱法を選べるようになったね。それによって無理して声を張り上げている様な場面がぐっと減り、より自然な歌唱になったのは高ポイント。曲によっては(良い意味で)「え、これほんとにSAKIが歌ってるの!?」と別人のように感じるもん。
本作での歌唱を聴いた後に前作(ライブもだけど)を聴くと、本人の意図しているところに関係なく「私ってこんなに歌えちゃうのー!」という風に(言い方は悪いですが)上手さをひけらかしているようにも感じてしまいます。
彼女の表現力向上により、曲毎の色・個性がよりはっきりとしてきて、結果としてアルバム全体がバラエティ豊かな作風との印象を強めています。


女子力よりもむしろ小宇宙(コスモ)全開(?)な先行シングル曲①閃光ストリングス(アニメ『聖闘士星矢Ω』主題歌)で軽快なスタート。この曲は一度ライブで聴いたことありますが、サビのコーラスが映えるキャッチーなメロディック・チュ-ンで、耳馴染みの良い佳曲。Gtはかなりタッピング入れたりしてテクニカルなはずなんですが、それよりは煌びやかな旋律が目立つ印象ですね。歌詞も『聖闘士星矢』を意識したものになってます。
因みに私はオーロラサンダーアタック派ではなく、ホーロドニースメルチ派。アニメ派か漫画派かってのとは関係なく、音(オン)がイイ。声に出して言いたい必殺技。「スメルチ」ってのがコマネチっぽいしな(笑)

「バラエティ豊かな作風」との感想は前述のSAKIの表現力向上もそうですが、YUI(Gt)・AZU(Ba)・AYANO(Key)という3名のソングライターがそれぞれほぼ均等に曲を持ち寄っている(共作も含めて、ね)こともその要因でしょうね。中でも、Cyntiaライブを初めて観た時からバンドの要と感じていたAYANOの存在は曲作りの面でも光っており、もっとも多い4曲が収録されています。

そのAYANOと清水昭男の共作の④カルマが前半のハイライトであり、本作の私的最強チューンですかね。今までのCyntiaの曲の中でもダントツ好きかな。音色多彩なKeyワークを始めとする演奏面も聴き処ですが、SAKIの声にぴったり合った哀愁の歌メロが素晴らしいです。Gt~Keyへとバトンタッチされる間奏の充実も嬉しい。

前曲⑦エレウテリアの“可愛い”系歌唱&曲調からの落差も見事な⑧SSSがアルバムの中でも異色な楽曲であり、かつその存在が後半~終盤にかけての流れの中で重要な役目をはたしています。オルガンとハードロックGtが映える硬派路線の曲で、「よ・ろ・し・い・の・か?」って歌詞がハマーン様みたい(笑)。
このからラストまでの4連発が全て管理人的ツボにハマる楽曲ばかりなので聴後感は非常に良いですし、ひいてはアルバム全体の(個人的)評価の底上げにも繋がっているように思えます。
エキゾチックかつシリアスな雰囲気のメタリック・チューン⑨孤影悄然、J-POP的大衆性のあるバラード⑩シオン、共にAYANO共作曲です。前者のサビの四文字熟語的な掛け声コーラスのところ、なんとなく「商売繁盛!」とか言ってもおかしくなさそうな流れではある(笑)。陰陽座のアルバムタイトル的曲名ですが、楽曲もKeyを強化した陰陽座っぽいです。つまり凄くイイ。後者のGtソロ以降のドラマティックな流れも素晴らしいですね。
ラストに控えるのは9分半の大作タイトルトラック⑪Limit Break。“長尺であること”ってのはHR/HM系バンドには強みにも弱みにもなる諸刃の剣で、この曲がその長さをドラマティックに昇華できているかというと正直そんなこともないように感じるんですが(汗)、9分半もあるようには感じないってのも事実。2番の後の間奏にプログレメタリックな展開(聴き応えアリ)を含んではいますが、曲の流れが極めて自然なのでね。ソングライター3名を中心にかなり細かく練ったのではないかな。


全体的に気になったのは、コーラスが能天気というか少し子供っぽい響きがあること。それが緊迫感を削ぐように感じる時があるので、楽曲によっては大きなマイナスポイントかな。あとはどこか他のバンドを想起させる部分が無きにしも非ずで、そこがちょっと気になったりもしますが、総じて素晴らしい作品だと思います。

【お気に入り】
④カルマ
⑨孤影悄然
⑩シオン
①閃光ストリングス
⑪Limit Break
⑧SSS
スポンサーサイト

COMMENT 0