sugar'N'spice「ROCK STAR」


sugar'N'spice「ROCK STAR」 (2011)

大阪で結成されたガールズ・ロック・バンドの3rd(ミニ)アルバム。6曲入り。1stと2ndは売り切れみたいなので、現在手に入る音源では一番古いものですね。1stと2ndを再発、もしくは再録してほしいなー。
先に紹介した1stフル「The Hybrid Age」の1年前の音ですが、音楽的方向性は同じ。敢えて本作における特徴を挙げるとすると、KYAO(Vo&Gt)の発声や歌い回しにJUDY AND MARYっぽいところを感じる曲が多めかな、と。あと、こっちの方が少しとっつき易いかも。

とりあえずウチのブログ的には④雑踏が最強チューン。今のところ私が持っているシュガスパの21曲のうち、ダントツですね。
過去と現在を見遣る歌詞の甘酸っぱさ・切なさ・苦々しさ、そしてメランコリックなメロディにジュディマリ最強チューンたるBLUE TEARSに通じるものを感じます。曲そのものが似ているというより、歌い回し、それと聴いている自分の心中に湧き上がる感情が似ている。胸に棘を残す名曲。初めて聴いた時に涙したね。Gtソロも秀逸です。

サビで一気に突き抜けるポップ感が素晴らしい①ROCK STAR(ライブ映えする!)と、これぞKYAOのセンス爆発と言えそうなフックと力強さを備えた②15 minutes of fame。この2曲もお気に入りですね。
⑥最終電車の気怠さと心地良さの入り交じる穏やかな叙情も魅力的。大サビ(?)、「踊ろうよ 好きなように~」のところが好きなんですよね。これまたジュディマリっぽくて。


因みに本作の中でも一際渋い③goldenblackという曲は、KYAOの愛機であるGibsonレスポールカスタムの事を歌った曲です。歌詞がイカす。

【お気に入り】
④雑踏
①ROCK STAR
②15 minutes of fame
スポンサーサイト

COMMENT 0