CROSS VEIN, ARESZ@吉祥寺CRESCENDO

【 EXTREME AGGRESSION #19 】吉祥寺CRESCENDO (2014/1/26)

2日連続で吉祥寺CRESCENDOでございます。
ハコ主催のイベントですが、なにやら出演者が世界観の濃厚なバンドばかりの様子。CROSS VEINが一番ふつーのバンドの思えるぞ。

この日の出演者は……、
呪われし者達に、特攻隊に、ゾンビに、モンスターだとォ!?
チィー!JULIA姫の身に危険が迫っているゥ!


CROSS VEIN
この日は2番手の登場でございます。
そして、JULIA姫、MCカミカミでございます!(笑)
楽屋で異形の者たちに囲まれてビビってしまったのでしょうか?苦笑いしつつ「噛んだことを忘れちゃうくらい盛り上がってくれますよね?!!」って煽っていましたが、忘れちゃわないねぇ。こうやってブログに書いちゃってるし。っていうかこのMC、前回のライブでも言っていた気がするなぁ。ということは前回も噛んだの…くぁwせdrftgyふじこlp

「普段は『衣装が凄いですねー』とか言われるんですけど、案の定今日は何も突っ込まれませんでした」とも仰ってましたが、まぁ確かにこの日の楽屋、普通の人間の方が少なかったはずだしな。
MCはともかく(汗)、歌唱は良かったですね。場数を踏むにつれて高音部の安定感と力強さは増している感じ。歌っている時の表情自体は結構苦しげ(そしてそれが悩ましい/笑)なんですが、以前よりアグレッシヴになってきたパフォーマンスと相まって良い感じです。それに免じて鬼畜ハイトーン曲・Red Starの2番サビの歌詞が間違っていたことは内緒にしておいてあげよう。

イベントの性格に合わせて、セットリストも「新曲+ヘヴィな曲中心」の変わり種でした。この日ふつーに演奏してたの、CROSS VEINだけでしたね。次々と曲を披露したおかげか、6曲を演奏。他のバンドは呪いの儀式やったり痙攣してたりマシンガントークかましてたり(笑)と曲以外の時間も取っていたので大体5曲くらいだったかな…。

前回1月11日の『クサメロ祭り』とは違ってISSEKI(Key)がいるおかげで、バンドサウンドも本来の分厚さと押し出しの強さでしたし、HeathRed StarのここぞというところでキメるMASUMI(Gt)のフラッシーなプレイもバッチリでした。若干GtサウンドがハウっていたところがあってKeyソロが聞こえにくくなる場面もありましたが。あ、MASUMIくんは表立ってはナルシストキャラ全開って感じですけれど、一旦ステージを降りるとめちゃめちゃ謙虚な好青年ですよ。
Youske(Ba)はいつも使っている濃緑のベースから別のものに持ち替えてましたね。終演後に訊いたらライブでの耐久性を考慮しての選択だそう。前のSugi製ベースの方がブライトな音で、今回のモデルの方がブンブンぶん回すような太めの音かしら…? 彼、この日は思ったようなプレイが出来なかったらしく反省の弁を口にしておりましたが、フロアからヌボーっと見ているだけでそれに気付いてやれない私自身の観察力と耳の精度こそ如何ともしがたいものでして、わぁー、スンマセン (´Д`)

歌唱・プレイ面というより、音響のバランス面で不安定感も垣間見えるCROSS VEINですが、色んな会場で場数をこなして巧くなっていって欲しいです。最初に観た時と比べれば別バンドのように見所が多いレベルの高いパフォーマンスを披露していてバンドの成長が如実に感じられますし、この日一緒に観た友人が「CROSS VEIN、見る度にかっこよくなって」と言っていたのが我が事のように嬉しかったですね。

次回、2月2日の柏公演はオープニング・アクトだけど割と長めに時間を貰っていると言ってましたので、期待。かなり毛色に違うイベントのトップバッターなのよね。

<セットリスト>
1.forget-me-not
2.Heath
3.The Mysterious Room
4.Incomplete Requiem
5.Red Star
6.Moon Addict



ARESZ
3番手に登場は“特攻隊”である。白の特攻服(大槻ケンヂが着ているアレ的なやつの白Verね)に身を包んだ大阪出身のバンド。自称【戦闘型重鋼楽団】。バンド名は「アレス」と読むそうです。今年の12月で20周年を迎えるんですって。オフィシャルHPは → コチラ。
濃いィでしょ?(笑)

初めて観るんですが、これが驚きのパフォーマンス。まずバンド編成が特異で、Drが不在で打ち込み音源でカバー。もしかしたら今はメンバーがたまたまいない時期でこういう形をとっているだけかもしれませんが。で、女性Voに男性弦楽器隊が3名。普通弦楽器が3本だと「ツインGt+Ba」という編成になりますが、このバンドの場合は「ツインBa+Gt」です。6弦と4弦の2本のベース。
音楽的にはスラッシーなパワーメタル(振り幅広め)という感じですが、ツインBaであることを生かした演奏がカッチョイイのなんの。4弦Baの雅己(まさみ)は割とオーソドックスなスラッシャーらしいリズム・プレイを担当するのに対して、6弦Baの翔己(しょうい)がトリッキーかつテクニカルなプレイを連発。Gtの那都己(なつき)がリフを弾いている裏でベロンベロンと奇ッ怪な運指で存在を主張しまくっています。Gtがジャラ~ンとコードを弾いてる時でも6弦Baはタッピングしまくり、とか。もしかしてライブを複数回観たらDrがいないことを物足りなく感じるかもしれませんが、初見のこの日はツインBaが生み出すヘヴィネスとインパクトに圧倒され、まるで気になりませんでした。
そうそう、ギターヒーロー然とした那都己のメロディックなリードプレイもとても眩しかったですね。

演奏は身体に直接訴えかけるような重さと速さとノリを有したもので、それだけでも聴き応え満点なんですが、瑠海狐(るみこ)姐さんが歌うメロディがかなり幅広くってまた魅かれます。同期音源で流していたコーラスと相まって時にドキッとするほどキャッチーな歌メロが飛び出してきたりして、ツボ。姐さん、BATTLE BEASTの前任VoであるNitte Valoを想起させるような野太いダミ声の持ち主なんですが、そのままの声で歌い上げる時の表現力が素晴らしいですね。

矢継ぎ早に喋くり倒すMCや、乱暴なようでいてその実とてもフレンドリーな煽り方のせいもあって、ステージから発せられる空気は非常にポジティヴ。ところどころにフロアと一体となるような観客参加型の仕掛けもあったりして、ベテランならではのショウの上手さを見せてもらいました。
しかし瑠海狐姐さん、面白いな。
CROSS VEINのすぐ後の出番だっただけに、
「ほんまもんのおなごの投げチュウは凄かったなぁ」(大意)
「彼女(JULIA嬢)との共通点有るかなおもて、必死に探してみてみたけど一個だけあったわー」
「あたしも女だわ。一応生物学的には」

などと喋る喋る。自分をネタにできる人は強いよね。そしてイベント全体や他のバンドまでも盛り上げようという気遣いが感じられるMCを自然に、かつ押しつけがましくなくできちゃうってところからは彼女の大らかさが伝わってきましたし。

軟弱さは感じないんだけど、細やかさは感じるバンドと音楽。とても楽しかったです。

終演後に物販でCDを4枚一気買いしたら、丁寧に対応してくださった瑠海狐姐さんがリストバンドをおまけに付けてくれました。「お兄さんありがと!」って何回も言ってくれて「飴ちゃんも付けちゃおっかな」とか言いかねない勢い(笑)
バンド一の女子力の高さを誇るという(笑)那都己も「兄さん兄さん」言って喜んでくれてなんか申し訳ない。もう兄さんどころかオッサンって年なんですけどね自分。



とっこうふくのひとたちはとてもやさしかったです。

おしまい。
スポンサーサイト

COMMENT 4

まんま  2014, 01. 27 [Mon] 21:58

昨日はお疲れ様でした。

ARESZは何年かぶり(4~5年ぶり、いやもっとかな)に観ましたが、僕が以前観ていた時期の最後の方は打ち込みだったので、もうこの編成でと思っているかもしれませんね。個人的にも打ち込みのマシーナリーな感じが凄くカッコイイと思います。

いつもながらヒゲさんの文章力には感心します。
何か自分には言葉にできていない心の中で感じていたことが、ヒゲさんの文章を読むと、「あっ、自分が感じていたことはこういうことだったんだ」と気付かされることが度々です。

Edit | Reply | 

matrock  2014, 01. 28 [Tue] 00:26

はじめまして。ドイツさんのところではコメントですれ違っていましたよね。mixi TEARS OF TRAGEDY管理人をさせていただいております。mixiのスナッキーさんのつぶやきに偶然にもコメントしたのですが「バンドとの出会いは偶然であり必然ですね」と書いたところだったんですよ。
今日ARESZのNATSUKI君のつぶやきのリンクで26日の感想も書かれたようなので拝見しました。実は私自身が日本のライブハウスに通うきっかけがARESZだったんです。10年くらい前になります。その当時はドラムもいて、そのあとすぐに今のAKAI君(リズムマシーン)がドラマーになってというような感じでした。RUMIKOさんの歌のおかげで今の自分があると言っても良いくらいなんです。
TEARSを応援している方がARESZを気に入ってくれたりがあると、何かを共有できているような気がして嬉しく思います。

TEARSも25日は大成功でしたが、今後の課題も見えてきた部分もありますし、今後がますます楽しみですね!
どこかのライブでお会いできるのを楽しみにしております。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 28 [Tue] 20:10

まんまさん、

お褒めいただき、大変恐縮です。

ARESZのDrの件、情報感謝です。とにかくこの日はインパクトに圧倒されたので良くも悪くも打ち込みに関しては意識が行ってなかったです。
再度ライブ観てみたいですね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 28 [Tue] 20:16

matrockさん、

こちらこそ心の温まるコメントをありがとうございます。
お名前は以前より拝見しておりました。

ドイツ特派員さんとスナッキーさんはティアーズに関して私を導いてくれたお二人なので、とても感謝しております。

ARESZのライブを観て、まだまだ自分の知らない素敵なバンドが沢山いるんだなということを再確認した次第です。
いずれご挨拶できる日を楽しみにしております。

Edit | Reply |