THE LEAPS, Cyntia@下北沢ReG

THE LEAPS レコ発記念ツーマン『Daytime Dream Believer』~THE LEAPS vs Cyntia~ 下北沢ReG (2014/1/18)

THE LEAPSの1stミニアルバム「ROCK BAND」発売記念のツーマン公演に行ってきました。珍しくも真昼間12:00からのライブでしたが、こういうのも良いっすね。時間が夕方以降の時間が有効に使えて。Cyntiaの人気のおかげもあり、チケットガイドの方は早々に売り切れたのよね。私も焦ってTHE LEAPSのバンド予約で入ったのでした。
因みにTHE LEAPSはこの日同じ下北沢ReGで夜もライブをやるというダブルヘッダー。


蜜矢(O.A)
オープニングアクトにアコギジャカジャカのシンガーソングライター、蜜矢という方が登場。「壇蜜の蜜に矢口の矢と書きます」とボソッと自己紹介、見た目私と同じくらいかと思ったらまだ大学生なんですと。因みに男性です。
え~と、音楽性はエロフォーク/エロ弾き語り/エロポップスです(笑)。なんせ曲名、1曲目が「野外交尾」、2曲目が「性欲」ですから。それをふつーの恋愛系の歌を歌うような表情で歌うもんだから、何だかヘンは空気が漂って半笑いやら苦笑いやら、みたいな(笑)
「普通シンガーソングライターって大好きな人の事とか歌ったりしますが、僕は大嫌いな奴の事について曲にしました」とかなんとか飄々と言いつつ披露されたのが3曲目、「宮澤」(笑)。まぁMVあるんで興味があったらどうぞ。→コチラ
なかなかシュールなもの見せていただきました。


Cyntia
観るのは去年の7月以来の5回目。バンドの演奏、とても良くなっていたと思います。やや引っ込んでいたGtが前面に出てきて存在を主張、CD音源よりずっとヘヴィな感触のリズム隊と相まって、バンド・サウンドはかなりザクザクしてる。弱点になりがちなヴォーカル面もSAKI(Vo)が安定しているので不安感は無いし、演奏もカッチリ。マイナス点は非常に少ないですね。
ただ、バンド全体の押し出しが強くなってきたとはいえ、個人的には奇麗にまとまった優等生的ライブ・サウンドにはあまりハマらないのも事実。CD音源は楽しめるんですけどね。あとSAKIが「頭!」「拳!」「タオル振りましょう!」みたいに、客の動作をイチイチ指示するのもいまいち馴染めないんだよなぁ…。
このバンドのライブで一番「オオッ!」となるのは、間奏でYUI(Gt)がソロをとる後ろでAZU(Ba)がメロディックなランニングを仕掛けるところだったりします。そういったメンバー個々の持ち味がバンド・サウンドからはみ出してくる場面がもっと増えてくると面白くなってくるかな、と思います。2月に発売するアルバムのアー写はかなりカッコ良いし、それに見合ったようなバンド感溢れる作品を楽しみにしてます。


THE LEAPS
去年の11~12月に掛けて何回かライブを観ているし年末にも観たばっかりなので、とりわけ書くこともない。別の言い方をすると、ネタが無い(笑)。いつも通りの楽しくジ~ンと沁み入る心地良いロック。平常運転。
バラード、ほしのありか〜star sign〜の演奏前にCELiCA姐さん(Vo)がMCで「みんなにお願いがあるんだけど…、目つぶってくれるかな?」って言う流れがあるんですけど、それにも毎回諾々と従ってる。毎回、目ぇつぶりまくってる。4回目だからって薄目開けたりしてない(笑)。この日気付いたことといえば、MAYOU(Gt)の髪の盛りが凄いとか、CELiCA姐さんほど「~してちょうだい」って口調が似あう人もいねぇよなとか…。
あ、そういえばDAYSは久しぶりに聴いて、やっぱ良い曲だなぁとウルウルきちまいましたね。2013年の年間ベストにはKEEP OUTを選びましたが、どっち選んでも良かったくらい。あと夕焼け色の入りの部分がアカペラ調でなかなか新鮮でしたー。
カッチリした印象のCyntiaとはタイプの違う、好対照の組み合わせでしたね。バンド・サウンドは全然ラウドじゃないんだけど、枠からはみ出してる感があるし、MAYOUのGtトーンには「ノイズさえも魅力に変えられるのがロック・ギタリストだよなぁ」と思わせられる。
ミニアルバム発売のこの日(勿論買ったっす!)を皮切りに4月頃まで怒涛のライブ日程が発表されています。今年も色々と楽しませてくれそうなバンド。

因みにTHE LEAPSのライブ、私はいつTHE 裏威腐巣に乗っ取られてもいいと思ってます。というか、乗っ取られるのを心待ちにしてる(笑)
THE 裏威腐巣については→コチラの記事を参照してください。
スポンサーサイト

COMMENT 2

くまおやG  2014, 01. 23 [Thu] 12:23

上手最前で見てたんですけど、YUIちゃんは物凄く念入りにチューニングして、開演前のセッティングの時も一回チューニングした後に弦をグイグイ引っ張ってからまたチューニングってのを3回くらい繰り返してた。ライブ中でもメーターがちょっとでもズレているのは気にいらない感じでした。対照的にMAYOUちゃんはその辺適当で、一応曲間にチューニングするんだけど3本位(笑)しかも大体真ん中辺りならOK的な合わせ方でした(笑)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 23 [Thu] 19:56

くまおやGさん、

貴重なコメントをありがとうございます!私はあんまり楽器目線が無いので有り難いですね。

2人のギタリストとしての資質や性格(笑)がバンドの音楽性や出音に結びついているようですね。2人共メインソングライターですし。

一緒にライブに行った方から、YUIは最近アンプを変えたとの情報も教えていただきました。

Edit | Reply |