高野和明『ジェノサイド』

高野和明_ジェノサイド_1 高野和明_ジェノサイド_2
高野和明『ジェノサイド』 (角川文庫、上・下)

高野和明の『ジェノサイド』を読みました。日本推理作家協会賞受賞、山田風太郎賞受賞、「このミステリーがすごい!」1位等々、物凄い“王者”っぷりですなぁ。

イラクで戦うアメリカ人傭兵と、日本で薬学を専攻する大学院生。まったく無関係だった二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。そして合衆国大統領が発動させた機密作戦の行方は―人類の未来を賭けた戦いを、緻密なリアリティと圧倒的なスケールで描き切り、その衝撃的なストーリーで出版界を震撼させた超弩級エンタテインメント、堂々の文庫化!

研人に託された研究には、想像を絶する遠大な狙いが秘められていた。一方、戦地からの脱出に転じたイエーガーを待ち受けていたのは、人間という生き物が作り出した、この世の地獄だった。人類の命運を賭けた二人の戦いは、度重なる絶対絶命の危機を乗り越えて、いよいよクライマックスへ―日本推理作家協会賞、山田風太郎賞、そして各種ランキングの首位に輝いた、現代エンタテインメント小説の最高峰。


評価が高く、かつバカ売れしているであろう作品を褒めるのも何だか癪なんですが、
これは面白い。
猛烈面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

猛烈面白い。
あまり考えずに一気に読めば。

多くの方が指摘しているような突っ込みどころは確かにあります。主に作者の歴史観に関わるところで。傭兵部隊で一番イヤな野郎が日系人であることもそうでしょう。人物描写が薄っぺらいといえばそうかもしれないなぁ、とも思ったり。ただ、私は割と上手く作者のノセられちゃうタイプの読者なので(苦笑)、エンターテインメントとしてのスリリングさが生み出す快感度数の方が圧倒的に勝りましたね。件の突っ込みどころについても、立ち止まって考えてみると明らかに「決めつけ」以外の何物でもない箇所が、作者による快刀乱麻を断つ的口調で断定されるとアラ不思議、何も考えていないワタクシはすっかり鵜呑みにして先へ先へとワクワクしながら読み進める羽目になるのです。

まったく褒めてないような感想ですが、ここまで読ませるエンタメ作品ってなかなか無いのでは、と思います。科学的&歴史的問題提起、ミステリ、サスペンス、アクション、人間ドラマ、政治的駆け引き、SF的側面等々の各パーツのまとまり、バランスがめっぽう良い印象です。そしてそれがリーダビリティに結びついてる。
また、先述の「決めつけ」とも表裏一体の部分ではありますが、自説を延々と説教じみた口調で垂れ流すこともないってのは個人的には高ポイント。

アフリカ脱出を図るイエーガー達、日本で新薬開発を目指す研人ら、余命いくばくもないイエーガーの息子(ポルトガル)、ネメシス作戦を司るアメリカ政府(一枚岩ではない)…、と各陣営それぞれの場所で繰り広げられるドラマ、そしてそれらがスピード感を保ったまま絡みあう様が最高。このそれぞれの「距離」ってのがポイントよね。「離れていること」「手の届かないこと」が生み出す切なさ、焦燥感、繋がりの強さもしくは儚さ、そういった要素が人間ドラマを面白くさせてるし、あたしゃあ何度もウルウルしましたよ。ベッタリくっついてるのより遠距離恋愛の方がロマンティックでしょ?(違)
スポンサーサイト

COMMENT 0