聖飢魔Ⅱ「THE END OF THE CENTURY」

聖飢魔II_theendofthecentury
聖飢魔Ⅱ「THE END OF THE CENTURY」 (1986)

第二教典。
『聖飢魔Ⅱ=悪魔』という図式が最も端的に表れているアルバムかもしれません。代表曲中の代表曲である⑥蝋人形の館も収録されていますし。聖飢魔Ⅱの創始者にして地獄の大魔王様、ダミアン浜田(地球デビュー時には既に地獄へ帰還)の才能が爆発した名盤ですね。

アルバムの構成が美しい。ミサ(=ライブ)のオープニングでお馴染みの①聖飢魔II ミサ曲 第II番「創世紀」から彼らの表題曲とも言えるスピーディーな②THE END OF THE CENTURYに繋げる冒頭(実際のミサでは地獄の皇太子に繋げることが多いですが)。そしてラストに、テクニカルかつキャッチーな名リフを持つ人気曲⑧FIRE AFTER FIRE。ド真ん中には、ツインリードの響きに悶絶する⑤JACK THE RIPPER。この疾走感に満ちた3つの名曲が要所々々を締め、その合間にミドルテンポの怪しい曲や荘厳なバラードを配置するという構成。そして、各曲の頭にはデーモン小暮“語り”。
収録曲個々の水準や曲調の幅広さと合わせて、様式美/正統派HMの一枚の作品として隙が無いんだよなぁ。突っ込むとすればまだ少し頼りないデーモンの歌唱くらいでしょうか。リマスター版は音質もかなり改善されていますし。

本作収録曲がミサで果たす役割の大きさというのは多大なもので、それは単に曲が優れているからというより、その曲毎に仕掛けられたギミックゆえと言えると思います。真のエンターティナーであるデーモン小暮がその仕掛けをアドリブ気味にミサ構成に取り入れることによってもたらされる盛り上がりと楽しさ。
例を挙げると、
・序曲~「フヒャハハハハ…」の高笑いとバンド名&曲名コールという流れ
から導かれる、「そういう奴らをどうしたらいい!?」→「殺せー!!」の流れ
・有名な「悪魔の森の奥深く~」のくだり
等々…。


HR/HMのドラマティズムや泣き、ヒロイズムだけでなく、このジャンル特有のバカバカしさや虚飾までも飲み込んでなお眩く輝く傑作。

【お気に入り】
全曲悶絶ですが特に、
⑧FIRE AFTER FIRE
⑤JACK THE RIPPER
スポンサーサイト

COMMENT 4

IKE  2014, 05. 15 [Thu] 22:58

こんばんは

いつも楽しく拝見させていただいています。メンバーが流動的だった初期3作では一番好きなアルバムです。ラストまで飽きさせない展開と勢いがある。「FIRE AFTER FIRE」は名曲ですね。BURN“0点”事件を嘲笑うかのような遊びも爽快でした。またこのアルバム、「蝋人形の館」はHR/HMの一般認知度を上げた功績も大きいと思います。(嘲笑している人も大勢いたでしょうが、Loudness、Earth Shakerなどのバンドでもここまで知られなかった)ミサでは「炎吹き」「逆立ち歌唱」なども話題になったのを覚えています。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 05. 18 [Sun] 20:49

IKEさん、初めまして。

コメントありがとうございます。返事が遅くなり申し訳ありません。

私も初期ではコレが一番かなと思います。蝋人形は楽器やってない私でもGtコピーしたことあるくらいですからね(当時は触る程度に)。

特に最近は、バンドなんて知られてしまえばナンボみたいに思うところもあります。逆に言うとどうやって認知を広げるか、ということですが。
彼らの場合、とっかかりの面白さに加えて、いざ聴いてみると真の実力者たる凄みがあるわけで、そりゃハマるでしょうと。そんな風に感じます。

Edit | Reply | 

お客様  2015, 10. 25 [Sun] 22:52

通りすがりで失礼します。
捨て曲なしの名盤、そしてお気に入り曲に首がもげるほど縦に振って同意です。
自分が今世紀になるまで聖飢魔Ⅱの信者にならなかったのは、
前世紀終盤のテレビ布教と言えば蝋人形の館か当時の新曲披露に限定され、この二曲に触れる機会がなかったからだと断言できます。

逆にこれからごく短時間で他者に布教しろと言われたら
自分なら間違いなく、10分で1995年サタンオールスターズDVDのJACK THE RIPPERを見せますね…
(…と言いつつ自分が最も繰り返し視聴してるのはその中の「怪奇植物」ではありますが。
旧構成員であるダミアン殿下、ジェイル代官、ゾッド親分が出演するということもあって、
あのDVDは進化した閣下の声で旧曲をオリジナルアレンジver.で聞けるという
結構贅沢な作りだと思ってます)。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 10. 27 [Tue] 20:28

お客様、

コメントありがとうございます。
後追いからすると、どうして聖飢魔Ⅱっていうと蝋人形なんだろうと思っていました。あの語り部分のインパクトが大きいからでしょうか?
あの曲よりよっぽど即効性の高いかっこいい曲が山ほどあるんですけどね。

'95日比谷のあのJACK THE RIPPERは興奮しますよね。閣下がかなりアグレッシヴに歌っていて。

Edit | Reply |