NIRVANA「NEVERMIND」


NIRVANA「NEVERMIND」 (1991)

NIRVANAの2ndアルバムにして、彼らの出世作であり、超有名バカ売れ作品で、いまさら紹介する意味もほとんど無いような気もしますが、私結構コレ好きなんですね。ポップなので。
クラスメイトがこのアルバムのバンドスコアを持っていて、そのジャケに衝撃を受け、中身の音は知らぬままCDレンタルして聴いてみた高校時代。因みにこのアルバムのジャケの方がSCORPIONS「VIRGIN KILLER」よりよっぽどイカンと思うんですが。

それまでJ-POPやヴィジュアル系、HR/HMでもメロディックなものを聴いていた私にとって、このアルバムの音っていうのは初めて聴く類いの音楽で、ちょっとショッキングだった覚えがあります。「グランジ」なんてジャンルがあることも知らなかったし。PANTERAの音を聴いても何にも感じなかったくらい音作りについては鈍感な私(特に昔は楽器に耳が行かなかった)ですが、Kurt Cobain(Vo&Gt)が気だるげに妙に耳に残るメロディを歌う様子はちょっと異質なものに聞こえました。「コイツ、やる気あるのか?」と(笑)。
今まで私が耳にしていた音楽って、多かれ少なかれ聴き手の事を考えている/聴き手を意識している音だったように思います。歌い手・演奏者に“聴かせよう”という気持ちがあるというか。ただ、ここで触れた音は、誰に見せる/聴かせるでもなく、自分のやりたいことをやりたいようにやってる音が詰め込まれている、そんな風に感じました。

じゃあ、何で魅かれたのか?
冒頭の話に戻りますが、それはポップだったから。メロディがやたら耳に残るから。メジャー市場を意識した作品ゆえ、彼らのカタログの中ではずば抜けてとっつき易いですし、軟弱と言えばそうなのかもしれません。NIRVANANIRVANAたるところっていうのは本作よりむしろ最終作「IN UTERO」にこそあるような気もしますが、でも本作がやっぱり一番好きかな。メロディが耳に残るし。「ロック」的な初期衝動みたいなものも感じるんですけど、それより「荒くれたポップス・根暗なポップス」って感じの方が先行する印象ですね。

①Smells Like Teen Spiritが有名ですが、私は別にこの曲は好きではないかな。それより②In Bloom③Come As You Are④Breed⑤Lithium⑨Lounge Actあたりの、煮え切らない、でも気になってしょうがないメロディに強烈に魅かれます。
同時に、⑦Territorial Pissings⑩Stay Awayのように突っ走る曲も(カッコイイけど)私が考える本作の“ウリ”ではないかなとも思います。


クセになるメロディ、捻くれたメロディ満載の名盤。
因みに本作以外のグランジ系の作品は気に入らないことが多めです。ポップじゃないから(苦笑)

【お気に入り】
⑫Something In the Way
実はこの曲の虚無感が好きでねぇ。自分、根暗っすから。
④Breed
⑨Lounge Act
スポンサーサイト

COMMENT 0