年間ベスト 2013年

2013年の印象に残ったアルバムと楽曲とジャケットをランキングにしてみました。
対象は、2013年に発表されたCDのうち、この記事を書くまでに私が購入した123作品です。そりゃ積みCDもありますよ。でも例年より少ないんだからね!(汗)

【アルバム】

1、LIGHT BRINGER 「Scenes of Infinity」
lightbringer_scenesofinfinity.jpg 記事(仮)は→コチラコチラ
正に『Reborn』。より洗練されバランスに長けたそのサウンドは、驚異的な瞬発力と持久力を兼ね備える。メロディ、歌唱、演奏、コンセプトと歌詞、曲調の幅広さ、アルバム構成…。一枚のアルバムとしては、ほとんど全ての要素が限りなく管理人の理想に近い神盤。

2、HELLOWEEN 「STRAIGHT OUT OF HELL」
helloween_straightoutofhell.jpg 記事は→コチラ
結成30周年を目前にしたこのタイミングでこれほどの名盤を作り上げる底力があったとは…。史上最高のラインナップによって産み出されたメロパワ傑作。好きな野菜は何かと訊かれたら瞬時に「カボチャ!」と答える自信はある(キリッ

3、IN VAIN 「AENIGMA」
invain_aenigma.jpg 記事は→コチラ
メタル~プログレ~アンビエント。振り幅の大きい雑多な要素を飲み込み、渾然一体となったサウンドは神々しいまでの暗黒の光を放つ。交錯する癒しと憤怒に翻弄される一枚。

4、AMORPHIS 「CIRCLE」
amorphis_circle.jpg 記事は→コチラ
もはや傑作しか作ることのできなくなった彼らが産み出した新たな傑作。若干獣性を剥き出してきた感はあるが、メランコリックな基本路線はブレず。これはマンネリではない。常勝なのだ。

5、TEARS OF TRAGEDY 「Continuation of the Dream」
tearsoftragedy_continuationofthedream.jpg 記事は→コチラ
“夢の続き”、辿り着いた場所は甘美なメロディ流星群の真っ只中でした。1stから全ての面でレベルアップを遂げ、その独自性は孤高のものに。

6、THOUSAND EYES 「BLOODY EMPIRE」
thousandeyes_bloodyempire.jpg 記事は→コチラ
メロデス史上に残る数々の名盤を葬り去る慟哭の一撃。シーン屈指の猛者連中が集まって出来上がったのは硬派な作風でありながら泣きまくるという、完成度激高のデビュー盤。

7、Art Of Gradation 「Concentration」
artofgradation_concentration.jpg 記事(仮)は→コチラ
キラキラ煌めくメロディが次々と飛び出してくる宝箱を携え、稀代のメロディメイカーが盟友と共に帰還。おかえりなさい!

8、GYZE 「FASCINATING VIOLENCE」
gyze_fascinatingviolence.jpg 記事は→コチラ
「隊長、ここは危険ですッ!通常の3倍の臭気が立ち込めています!」
「ギ…ギゼだ… やつが来たんだ…」
…というくらいクサいメロでしゅう。

9、ORPHANED LAND 「ALL IS ONE」
orphanedland_allisone.jpg 記事は→コチラ
平和への祈りが作品にポジティヴな息吹をもたらしたのか?アグレッションを抑え、スケール感の大きなシンフォニーに包まれる一大芸術作品。

10、摩天楼オペラ 「喝采と激情のグロリア」
摩天楼オペラ_喝采と激情のグロリア 記事は→コチラ
優れた歌メロを豪華なコーラスが彩る、メジャー感全開のシンフォニック・V系メタル。序盤と終盤に秀曲が連続する様は圧巻。

次点、OMNIUM GATHERUM 「BEYOND」
omniumgatherum_beyond.jpg 記事は→コチラ
癒しのメロデス、決定盤。満ち引きを繰り返すメロディに乗っかって漂っているのが気持ちいいのよ。


【楽曲】

1、Tales of Promise ~天国に寄せるポエトリー~ (LIGHT BRINGER)
歌詞とメロディの相乗効果がパネェっす、パート1。メンバー全員の貢献が光るこの完璧なラブリー・チューンを以って、切なき恋物語は永遠へと昇華される。私にとっては号泣必至の神曲。

2、forget-me-not (CROSS VEIN)
歌詞とメロディの相乗効果がパネェっす、パート2。哀メロを少しずつ積み上げてゆく名曲。切ない歌メロが秀逸な楽曲だが、メタリックな側面も疎かにされていないのが素晴らしい。

3、Prison Of Abyss (TEARS OF TRAGEDY)
歌詞とメロディの相乗効果がパネェっす、パート3。四声Voと圧巻の構成力で紡ぐ哀しき物語。クライマックスへ向けて緊迫感を増すメロディは、主人公の運命に感情移入せざるを得ない聴き手の心模様と重なる。

4、Aretha (ALHAMBRA)
感涙に咽びながらもヘドバンしちまう。これは正にラブリー。とてつもなくラブリー、限りなくラブリー。あぶらぶりー。国内屈指の激テク集団が珠玉の歌メロの為に奉仕する姿の美しいことよ。

5、Straight Out Of Hell (HELLOWEEN)
南瓜が生み出した新たなるアンセム。オリジネイターのメロディセンスと曲作りの巧みさはレベルが違うんすよ!

6、Secrets Of The Sacristy (POWERWOLF)
明朗なメロパワ・サウンドと胡散臭い歌唱の幸せな結婚。メロディがベタだろうが興奮しちゃうんだからしょうがない。

7、Girls Anthem ~with our BIG LUV~ (KAMEN RIDER GIRLS)
怒涛のタッピング!唸るチョーキング!おまけにBaソロ!なのに胸キュンかつ萌え萌え(笑)。いっぱい元気をいただきました。

8、紅月 -アカツキ- (BABYMETAL)
悲哀のエックスジャパニック・チューン。そのエックスジャパニズム溢れる展開美に全世界のエックスジャパナーは血の涙を流すに違いないDEATH!「紅く染まれー!真っ赤に染まれー!」

9、absorb (LUNA SEA)
メロディも沁みりゃあ、歌詞も沁みる。“大人”のルナシー、感涙曲をありがとう。

10、KEEP OUT (THE LEAPS)
強く“ロック”を感じるサウンドながら、肝となるのは歌メロに自然と織り込まれた繊細なセンスだと思うのですよ。

次点、DREAM (MAHATMA)
ジャンルを飛び越えた様々な要素を類いまれなるセンスでまとめ上げた変態メロディック・チューン。親しみやすい変態だ(笑)。録音が衝撃的(特にBaの音作り)だったことも選出理由。


【CDジャケット】

1、PURSON 「THE CIRCLE AND THE BLUE DOOR」
purson_thecircleandthebluedoor_l.jpg
「おい、今を何年だと思ってるんだ!?」という時代錯誤的一枚。地下室に立ちこめる瘴気がこちらまで漂ってくるような魔術を感じる…。バンドロゴのレトロ感もイカす。

2、TYR 「VALKYRJA」
tyr_valkyrja_l.jpg
オーディンの命を受け戦場に降り立つ使者ワルキューレ。細かな筆致で描かれたファンジックな作品。モチーフも色使いも最高す。

3、摩天楼オペラ 「喝采と激情のグロリア」
摩天楼オペラ_喝采と激情のグロリア_l
この色合い、最高に好みです。縦書きされたタイトルもセンス良し。ロマンティック。

4、APOCALYPTICA 「Wagner reloaded - LIVE IN LEIPZIG」
apocalyptica_wagnerreloaded_l.jpg
ライブにおける一瞬を切り取った一枚。スモーク、汗、ヘドバン、イケメン。構図も完璧やん。

5、PERSEFONE 「SPIRITUAL MIGRATION」
persefone_spuritualmigration_l.jpg
名手Travis Smithが手掛けた幻想的なアートワーク。裏ジャケがまた素晴らしいんだ。


【2013年の感想】
「2011年にも増して日本のバンドが多いですねぇ。しかも女性Voのバンドが。」
…というのは前回の年間ベスト記事に掲げた言葉ですが、2013年もまるっきりそんな感じでしたね。特に楽曲部門でめちゃめちゃ顕著ですな。
楽曲部門に関してはアルバムの中でも図抜けて好き!という曲やインパクトが強かった曲を選びがちなので、アルバム一枚高水準という作品からは選に漏れやすかったりします。また、国内アーティストは(アルバムではなく)シングルで買う場面も多く、今回も11曲中4曲はシングル盤収録の楽曲だったりします。そんな事情(?)も反映したランキングかな、と。
11曲に絞るのは苦労しましたね。理性を総動員して1アーティスト1曲に留めましたし、迷いに迷った挙句全て選外とさせてもらったアルバムもありましたし。ラブリーは3曲くらい入れたかった…。Hibiki(Ba)が絡んだ曲が3曲も入ってはいますが。

ライブのまとめ記事にも記したように、2013年は充実し過ぎのライブ三昧な1年でしたが、作品に関しても傑作・佳作がとても多かった一年です。ウチのブログ的にはとにかくLIGHT BRINGERArt Of Gradation、この2つですね。HibikiとKAZUという2人の作曲家が新たなバンド(と言ってもいいでしょうラブリーに関しても)を率いてシーンに戻ってくる。共に素晴らしい新作を携えて。そのおかげもあって、管理人にとっては間違いなく過去最高の音楽生活を送ることのできた一年でした。
アルバム部門に関しては10位までは割とすんなりチョイス。「次点」というのは少しでも多く選びたいという気持ちから無理矢理追加しているものでもあるのですが(笑)、あと1枚どうしようかと迷いました。対抗馬は、ENFORCERJupiterKAMEN RIDER GIRLSNAUTILUZ。最終的には、我がなけなしのメタル魂を鼓舞してOMNIUM GATHERUMを選びましたが、KAMEN RIDER GIRLS入れたかったなぁ…(笑)。彼女らの「ALTERATION」、マジ良いんスよ。ヘビロテ・ランキングがあったならば、おそらく五指には入っているかと。
また、いつも通りライブ盤に関しては選外としております。NIGHTWISHICED EARTHはCD・映像共に素晴らしかったですね。
注文したものの手元に届いてないCDもあって、特にAndi Deris(Vo/HELLOWEEN)のソロプロジェクトを未聴なのはちょっと不安ですね。スゲー出来が良かったらどうしよ?、という。あとPOISONBLACKの新譜に関しては未入手ですが、国内盤は2月発売予定ですし、2014年の作品としてカウントしちゃうけどかまいませんね!(フーゴ風に)

CDジャケット部門については、幻想的なものが多く選ばれたようですね。「~ようですね」って選んだの私ですが。他にもIN VAINOMNIUM GATHERUMLUNA SEAMAHATMAのシングル2枚、AMON AMARTHAUGUST BURNS REDGHOST B.C.HEAVEN SHALL BURNMasterpieceSTRATOVARIUS等は素晴らしかったですし、ラブリー、南瓜、ティアーズの色合いも好みでした。
やっぱりジャケ(やブックレット)あっての音楽作品だと思うの!


最後に、ランク外だったものの印象に残ったアルバムと楽曲を列記しておきます。

【惜しかったアルバム】
ALHAMBRA「明日への約束 A FAR CRY TO YOU」
AMARANTHE「THE NEXUS」
AVENGED SEVENFOLD「HAIL TO THE KING」
BATTLE BEAST「BATTLE BEAST」
BLOOD CEREMONY「THE ELDRITCH DARK」
BRIDEAR「Overturn The Doom」
DARK TRANQUILLITY「CONSTRUCT」
DESTROSE「DESTROSE」
DGM「MOMENTUM」
ENFORCER「DEATH BY FIRE」
HELL「CURSE & CHAPTER」
Jupiter「CLASSICAL ELEMENT」
KALMAH「SEVENTH SWAMPHONY」
KAMEN RIDER GIRLS「ALTERATION」
LEPROUS「COAL」
LUNA SEA「A WILL」
Mary's Blood「AZURE」
NAUTILUZ「LEAVING ALL BEHIND」
PERSEFONE「SPIRITUAL MIGRATION」
POWERWOLF「PREACHERS OF THE NIGHT」
PROTEST THE HERO「VOLITION」
SAILLE「RITU」
STARKILL「FIRES OF LIFE」
STRATOVARIUS「NEMESIS」
TIMO TOLKKI'S AVALON「THE LAND OF NEW HOPE」
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「THE MYSTERY OF TIME」
天燐「刻の螺旋」

【惜しかった楽曲】
光と闇を纏うDUEL(Albion)
Radiance ~星が生まれた日~(ALHAMBRA)
Into The Abyss(AMORPHIS)
Nightbird's Song(AMORPHIS)
determination(Art Of Gradation)
SKY!!(Art Of Gradation)
イジメ、ダメ、ゼッタイ(BABYMETAL)
Another Name(BRIDEAR)
Heath(CROSS VEIN)
Red Star(CROSS VEIN)
Romancer(DESTROSE)
Cosmic Traveler(Glowlamp)
Day Of The Funeral(GYZE)
Trigger Of The Anger(GYZE)
Godiva(HEAVEN SHALL BURN)
Waiting For The Thunder(HELLOWEEN)
Hymne Til Havet(IN VAIN)
Image Of Time(IN VAIN)
Blessing of the Future(Jupiter)
Seventh Swamphony(KALMAH)
HEAVY METAL STRIKES BACK -血まみれの救世主(メサイア)たち-(KAMEN RIDER GIRLS)
Last Engage(KAMEN RIDER GIRLS)
DAYS(THE LEAPS)
Eau Rouge(LIGHT BRINGER)
Fallen Angel(LIGHT BRINGER)
Hydrangea(LIGHT BRINGER)
Hyperion(LIGHT BRINGER)
if(LIGHT BRINGER)
生きとし生けるもの(MAHATMA)
Blue Heaven(Mary's Blood)
Eden's Lair(NAUTILUZ)
White Palace(OMNIUM GATHERUM)
Children(ORPHANED LAND)
A Life Embossed(PROTEST THE HERO)
Runaljod(SAILLE)
Seven Widows Weep(SIRENIA)
Nemesis(STRATOVARIUS)
Spring Memory(TEARS OF TRAGEDY)
VOICE(TEARS OF TRAGEDY)
Bloody Empire(THOUSAND EYES)
Dead Night, Moonlight(THOUSAND EYES)
Dweller In A Dream(TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA)
天樂(鈴華ゆう子 with 和楽器バンド)
陽炎(天燐)
永遠のブルー(摩天楼オペラ)


「惜しかった」のが多過ぎるだろ!という感じですが、それだけ充実していたとお考えください。ブログ上は公にしていませんが各作品(アルバム)には満足度の点数を付けてまとめており、11位以下の作品のうち一定点数以上のものを全てココに載せているためです。どれも私のオススメ。
スポンサーサイト

COMMENT 14

koma  2014, 01. 11 [Sat] 13:02

いやはや

充実の年間ベスト記事、楽しみにしておりました(^^)
やはりラブリーとカボチャがツートップでしたか。
それにしても、各アルバムについての一言はCDの帯タタキになりそうな感じでさすがですねぇ。

アルバムベスト10を見てAmorphisやThousand Eyesなんかはすっかり買いそびれていたなーと思い出しました。
あと、GYZEはPURE ROCK JAPANの時に出口近辺でメンバーがサンプルCD配ってたのもらったまま聴いてなかったのも思い出しました(笑)
後で探して聴いてみようと思います。

では、今年も充実した一年になりますように~!

Edit | Reply | 

ピッペン  2014, 01. 11 [Sat] 14:50

参考になります

先生、早くも2013年ベストを掲載して頂いてありがとうございます。
この連休中に熟読させていただきます。
私も早く記事を作らねば…。

Edit | Reply | 

B!13  2014, 01. 12 [Sun] 15:22

あけましておめでとうございます

ランキング楽しみにしてました。

ラブリーのメジャーデビュー作は個人的な嗜好からは外れてました。でも、今作の出来は文句なしです。1曲目の最初の音から終わりまで終始カッコイイです。

ハロウィンはキスク時代に思い入れがないので「Straight Out Of Hell」が最高傑作だと思ってます。

今年も更新頑張ってください。過去の年間ベストも楽しみに待ってます。

Edit | Reply | 

よしよ  2014, 01. 12 [Sun] 21:37

こんばんは。ヒゲ・スカイウォーカーさんの年間ベスト堪能させていただきました。自分の年間ベスト記事を書いてる時にヒゲ・スカイウォーカーさんと1位は同じだろうと思ってましたがトップ2が被ってましたね。そして気になるのがIN VAINです。ジャンル的には僕の好みど真ん中ではないのですが試聴してみると不思議な魅力がありますね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 13 [Mon] 02:05

komaさん、

1位2位は5/29には既に決まってました。私が帯タタキ作ったらゼロコーポレーション風になりそうです(笑)

GYZEはガルネリ好きでデスVoオッケーな方ならイケるサウンドだと思いますね。

今年はkomaさん推しのMAHATMAもulma~もAlbionも新譜出ますし、ラブリーも動いてくるでしょうから楽しみですね!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 13 [Mon] 02:09

ピッペン先生、

すいません、ラブリーとAOGは先生の助言に従いまして後回しにしました(苦笑)。いつベスト記事アップできるか分からなかったのと、例年より早くB!誌のスタッフベスト記事が出て、そこに載ってるのがウチのベストと被ってるものもあるので、「今でしょ!」というわけで。

先生のベスト記事も海外編&国内編、共に非常に楽しみです!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 13 [Mon] 02:14

B!13さん、

今年も宜しくお願いいたします!
ラブリー、HELLOWEEN、共に嬉しいコメントですね。私は南瓜信者なので、KaiもKiskeもAndiも好きなんですが、バンドの一体感で言えば今の編成が一番かなと思ってます。

今年は過去記事も充実させていきたいな、と考えています(と言ってもどうなるか?ですが)ので、お付き合いしただければ幸いです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 13 [Mon] 02:23

よしよさん、

ありがとうございます。私もよしよさんのベスト見た瞬間にガッツポーズもの(藤木氏的言い回し)でしたからね(笑)

IN VAINは、よしよさんも気にいってらっしゃるANATHEMA「WEATHER SYSTEMS」との共通点も見つかるかな、と思います。デスVoの有無という違いはありますが。元々ANATHEMA自体もデスVoのあるバンドからスタートしてますし。
デスメタル系の発展型/拡散型の一つとして、プログレ的展開やポストロックの要素、癒し系メロディ等を取り込んだ例のようにも感じます。一昨年のベストに入れたENSLAVEDもそんな感じですね。

Edit | Reply | 

DD  2014, 01. 13 [Mon] 19:23

 確かAndiのソロの出来は、今風のバンド(実際プレーヤが20代だし)で、彼の曲をプレイしたらどうなるか、という形みたいで、出来はまあいいようです(結局2作目を気に入るかか、最初の3曲を気に入るかでしょう、レビューを見た印象では)

 結構傑作は多かったですね、去年は(今Burrn!の投票用紙に書き込もうとしたが、候補が多くいくつか決めれず、空欄ありでもいいそうだが)。
プレーヤでは、keyを除いては5人ぐらい出そうだし、tune、Albumに至っては10ぐらい上がるのでどうしたらいいやら。

 Helloween(今の編成がケミストリー的に最強なはず)(Weikiいわく、ローランド在籍時は苦痛でしかなかったようなことを言ってたので、人として会うには問題ないようですが)、ラブリーも捨てがたいですが、プレーヤレベルが最強クラスになったSTRATOVARIUS(次作は伝統的にするといってたが、彼らならすごいものができそう)も候補に挙がるでしょう。

 今年もお願いしますね(過去のは結構時間かかりそうだから、1つずつでもかまいませんよ)。

追伸 Tears~の公演見に行こうにもチケ取る方法なさそうで、どうやって手に入れたのですか、わかればその方法に従いたいので。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 14 [Tue] 03:21

DDさん、

去年はほんと素晴らしい作品が多かったですねー!
STRATOVARIUSはメロパワ好きの方であれば会心の出来だったかもしれませんね。インスト面も充実してますし。私はDDさんが仰るように、次作にこそ期待していますが。

今年も気長にやっていきますので、どうぞお付き合いくださいませ。

P.S.
1/25(に限らずですが)はチケットガイドおよびハコ予約はありませんので、バンド予約になります。TEARS OF TRAGEDYのオフィシャルHPの「CONTACT」欄から申し込んでください。Twitterからメンバーに直接リプライしても予約は可能です。
他のバンドで予約する場合も手順は同様です。

Edit | Reply | 

paruriko  2014, 01. 15 [Wed] 19:27

ヒゲさんどうもです。
年間ベスト素晴らしいです。流石ですね。私は今はジャパメタ、Jーロック系しか聴かないんですよ。まぁ色々と訳もあるんですが。
因みにわたしの【ベストソング】ランキング。あくまで今年購入したCDです。古いのもけっけうアリアリです。各アーティストから1曲にしました。そうしないと全て【LIGHT BRINGER】の楽曲になってしまうんで(笑)
1位【Tales of Promise】
LIGHT BRINGER
2位【GRACE GRADE~翼を持つ者達】
SKYWINGS
3位【VOICE】
TEARS OF TRAGEDY
4位【紅月-アカツキ-】
BABYMETAL
5位【ANGEL OF SALVATION】
GALNERYUS
6位【今を生きてる-2013年春- 】
Gacharic Spin
7位【Destiny Destination】
LIGHTNING
8位【Romancer】
DESTROSE
9位【RedStar】
cross vein
10位【Burning Blaze】
Mary's Blood
次点
【SKY!!】
Art Of Gradation
【君の名は希望】
乃木坂46(笑)名曲ですよ!

今年注目はやはり
【TEARS OF TRAGEDY】
【Moth in Lilac】
ですかね。

忙しくて今年前半はライブになかなか行けそうもないんですよ(泣)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 15 [Wed] 19:36

parurikoさん、

※大変失礼かつ勝手ながら、コメントを「年間ベスト 目次」記事の方から移動させていただきました。

parurikoさんのベスト、ありがとうございました!
私は3つほどノーチェックでしたね。SKYWINGSと「忍者vsエイリアン」と、あともう一つは言わずもがなですが(笑)

お怪我の方は如何でしょうか?お大事にしてくださいませ。
もしライブ会場でお会いできそうならば是非とも。

Edit | Reply | 

paruriko  2014, 01. 16 [Thu] 19:42

ヒゲさんどうもです。
体の方はだいぶ良くなりましたよ。次のラブリー迄には完璧になおします(笑)
SKYWINGS良いっすよ!
シンフォニックロックバンドなる事だがメロスピと言っても良い感じの楽曲が多いです。XJapanの影響もかなりありありです。

お薦めは

GRACE GRADE~翼を持つ者達
say[GOOD]bye⇔say[GOD]bye
THE ADVENT MELODY
ETERNAL MEMORY

です。是非聴いて下さいね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2014, 01. 18 [Sat] 09:16

parurikoさん、

快方に向かっているようでなによりです。

SKYWINGS、VoがTOSHIに似てると評判でしたね(笑)
オススメ曲をありがとうございます。
AmazonのWish Listにアルバム2枚ぶっ込みましたので、折を見て(というか価格見て/苦笑)入手したいと思います。

Edit | Reply |