鈴華ゆう子 with 和楽器バンド「序章。」

鈴華ゆう子with和楽器バンド_序章
鈴華ゆう子 with 和楽器バンド「序章。」 (2013)

同人音楽には疎くって、あまり買わない、というよりリリース情報がまるで分かんないので把握していないんですわ。HPをチェックしているのはふっきーが絡んでくるUnlucky Morpheus(=あんきも)くらい。あんきもはライブも観たことあるしね。
そんな状況なので、人から教えてもらったりブログ経由で自分の嗜好に合いそうな作品の情報をキャッチしたとしてもその時点で既に“後の祭り”状態、品切れになってたりすることがよくあるんですよね。
で、『タイガーマスク』に出てくる悪者と同じ名前のお店に行って、久しぶりに買ったきた同人系のCDがコイツ。あんきものベストも一緒に買ったけど。コレ、Twitterのフォロワーさんから教えていただいて知ったのですが、無事“手遅れ”になる前に買うことができました。感謝感激です。
しっかし、店舗で棚を見渡してもどれがどのアーティスト(サークル?)なのか、ジャケからはまったく判別がつかない。オメメのでっかい女の子キャラが描いてある、所謂アニメ調のジャケが棚の端から端まで占拠していて、逆に無個性になっているような…。この中に1枚だけHipgnosisがデザインしたCDとか並んでたら目立つぜー。このCDも全然見つからなくて、店内ウロウロしても並んでなくって、結局店員さんに訊ねたら何故かレジの後ろの方から取り出してきたという…。なんか裏メニューみたいじゃん(苦笑)


さて、鈴華ゆう子という方、初めて知ったのですが、オフィシャルHPを見ると、歌にピアノに詩吟に詩舞に、それらの免許にコンクールでの入賞成績にと、めちゃめちゃ才能豊かな人みたいですね。ってゆーか、可愛いね。
色々な活動をしているようで、箏と尺八と一緒の華風月というトリオではCDも出しており、Amazonで購入できるようです。で、この「和楽器バンド」ですが、Voの鈴華ゆう子のほか、通常のバンド編成のGt, Ba, Dr、それに 尺八, 箏, 三味線, 和太鼓という合計8人編成の大所帯です。オオッ!米米CLUBELUVEITIEのようだ!(笑)。ま、出してる音は「民族音楽」の要素たっぷりなので、ELUVEITIEらフォーク・メタルのバンド群と同じようなもんでしょ(違うか)

出している音は和楽器全面フィーチャーのロック~HR/HMなんですが、曲自体はオリジナルではなくボカロ曲のカバーになります。そもそも私自身、「ボカロ(=VOCALOID/ボーカロイド)」がなんなのか、ボカロと青緑髪ツインテールの女の子との関係も分かっちゃいませんので、勿論原曲を聴いたことはありません。大体だな、俺は「ツイン」派じゃなくって「ポニー」派だって何度言えば分かっ(ry

くどくど言うよりミュージック・ビデオがあるので、それを見てもらえば話は早いです。
①天樂のMV → コチラ。

凄まじいインパクト!尺八とエレキGtのツインリード!イロモノ臭全開でもおかしくないのに、単純にクールッす。鈴華ゆう子の伸びやかなVoも上手いですね。なによりMVの作り方、魅せ方がかっこいい。

「序章。」は5曲入りミニアルバムなのですが、この①天樂が一番HR/HMに近いですね。歌メロもこれが一番好き。鈴華本人のVoは音楽性に合わせてわざとこういう風な、ちょっと節をつけて詠唱するような歌唱法にしているんだろうなぁ。
和楽器の中では尺八の存在感が物凄いですが、単純に楽器数が多いのであちらこちらから音が飛び込んでくるような、一種の躁状態を味わえます。

“和”の空気を振りまくバンドの出音と、混沌としていて世界観の統一が図られていない(そもそも拒否してるのか)歌詞。曲によってはその双方のアンマッチっぷりに軽薄さを感じるっちゃあ、感じますね。私のような頭の固い人間には、「このサウンドでこの歌詞の曲を歌っちゃうんだ!?へー」という気持ちがあるのよね。先述したとおり、インパクトはあるんですがね。
だからオリジナル曲によるアルバムを作って欲しい。で、Amazon等の流通に乗せてほしいなぁ。


MVの視聴回数もかなりの勢いで増えているようですし、この記事をアップする頃にはこのミニアルバム、既に売り切れてるかも?(汗)

【お気に入り】
①天樂
②月・影・舞・華
スポンサーサイト

COMMENT 0