深町秋生『アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅲ』

深町秋生_アウトサイダー
深町秋生『アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅲ』 (幻冬舎文庫)

深町秋生の「八神瑛子」シリーズの3作目にして(多分)完結編、『アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅲ』を読みました。
1作目の感想は、コチラ。
2作目の感想は、コチラ。

自殺とされた夫の死の真相に迫る警視庁上野署の八神。警察による証拠改ざんの疑いが増す中、執念で掴んだ手がかりは、新宿署の五條の存在だった。権威と暴力で闇社会を支配する五條に、八神は命を賭した闘いを仕掛ける。硝煙の彼方に追い求めた真実は見えるのか?美しくも危険すぎる女刑事が疾走する警察小説シリーズ、壮絶なクライマックスへ。

凄く面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


方向性は1作目からまったくブレず、一気にこの完結編まで走り抜けてきた印象。主人公・八神の夫を含む関係者を一掃した本筋の事件の黒幕も「敵に不足なし」の強烈なキャラが用意されていて、尻すぼみ感はありません。そこに第3の陣営まで絡めて描く等、ワクワクさせながらページをめくらせるテクが冴えていますね。

八神の動きも面白いけど、その周りの動きがもっと面白いです。特に八神と敵対しながらも奇妙な信頼関係にある上野署長・富永が、彼女に迫った危険を察知して組対課に八神救出の指示を下す場面は胸熱。決して武闘派ではなく、頭脳派である富永が珍妙な格好で敵陣に乗り込むところがクライマックスかな。カコイイよ署長!

1作目→本作と、徐々に人間らしい面が垣間見えてきた八神ですが、それが爽やかさすら感じさせるラストに上手く繋がっており、決して“めでたしめでたし”ではない結末にも関わらず読後感は最高。

とても楽しめたシリーズでした。
スポンサーサイト

COMMENT 0