THE LEAPSとかボサノヴァとかCycle of 5thとか。

前エントリーで「ライブに行く本数を減らす」発言をしましたが、既に決まっているライブはきっちりとこなす。というわけで、ライブ3本のハシゴをしてきました、11月24日(汗)

THE LEAPSフリー・ワンマン・ライブ@下北沢ReG
②ボサノヴァ・セッション@池袋のカフェ・バー
Cycle of 5th@沼袋サンクチュアリ


THE LEAPS
オフィシャル・ツイッター・アカウントのフォロワー数1000突破記念、お昼12:00からちゃんとしたライブハウスで行われるフリー・ライブでした。前もって予約をしておいて、当日はハコに払うドリンク代500円のみ。
8月24日に行われたワンマン公演は名古屋に出張中(笑)で観れなかったため、この日が私の初めて観るワンマンになります。無料だとはいえ、バンドは勿論本気モードっすね。トータル1時間半ほど、新曲も含む盛り沢山の内容でした。CD音源がシングル3枚しかないので知らない曲もかなり演奏されるのですが、そこは自然にノれる巧みな曲作りが光るバンドゆえ、フロアの盛り上がりは問題なし。
前回観たのは8月の渋谷Milkywayかな?下北沢ReGの音響もあるかもしれませんが、ノイズが少なくなって非常にクリアなバンド・サウンドに進化していますね。特にMAYOU(Gt)は巧くなったなぁ。激しく動きながらも音がブレなかったし。ホワンホワンMCとぶっといBaサウンドのギャップ激しいshioRi(Ba)、右斜め25度に首を傾げながら叩く様子がめっちゃセクシーなNANA-A(Dr)、ナチュラルメイクで美形っぷりに拍車のかかるCELiCA姐さん(Vo)と四者四様の個性ながら、全員楽しそうに演奏し、歌う様を観てると改めて良いバンドだなと思います。そしてTHE LEAPSの音楽を聴いていて思うのは、めっちゃ“ロック”なんだけど激しさやガサツさよりも、気持ちよさ、繊細さがより印象に残るんだよなぁーということ。
この日、サプライズ的に来年1月18日に1stミニアルバムが発売されること、同日にレコ発ツーマンライブが行われることが発表されました。要チェックや!


ボサノヴァ的なアレ
下北沢から池袋へとあたふたと移動。池袋駅の不案内っぷりは凄まじく、なかなか駅から脱出できないオッサン約一名。
ボサノヴァがなんなのか、ジャズがなんなのか分からないままオッサンが向かうのは『ドイツ特派員の俺様放談』の管理人、ドイツ特派員さんがギターで参加するセッション。「男は黙ってゲイリー・ムーア」が座右の銘(意味不明だがニュアンスは伝わるww)の師匠ゆえ、普段はエレキギターを歪ませてHR/HMを顔で弾いてらっしゃいますが、この日は(エレキとはいえ)歪まず、かつまったくのジャンル違いの音楽を弾くということで興味津々で観に行きました。
ピアノの先生の生徒さん達による発表会形式のようで、和やかな空気の中、練習してきた曲を順番に披露します。ドイツ特派員さんはその中の1曲にゲスト参加しました。編成はPiano、Gt、Ba、Drで、リズム隊はプロ中のプロの方がサポートしてくれるようです。テレキャスの乾いた音が綺麗で、ピック/指弾き交え結構ソロも多く担当されてましたね。弾きながらメタラーとしての血が騒いでいたかどうかは不明ですが、しっかり馴染んでらっしゃいましたよ(笑)
で、いつも聴いてるHR/HMとは違う音楽を聴いていて思ったのが、肝は呼吸を読む/空気を感じ取る繊細な感性と集中力だよなぁ、と。HR/HMでもそういうのは重要なんでしょうけど、各々のプレイに触発されて白熱/展開してゆくジャズ系のプレイヤーなんてそういった傾向がより顕著だよなぁと思った次第です。最後に披露されたピアノ先生+リズム隊のプロ組のセッションなんてその最たるものでしたね。実力者同士の演奏力が各々を刺激して高みの昇ってゆくのが明らかに分かる、ド迫力かつ繊細な演奏でした。
この日一番驚いたのは、終演後にドイツ特派員さんが外国人の奏者の方と英語で喋っていたことですけどね(笑)。疑ってたわけじゃないけどホントに英語ペラッペラーッ!!Gt弾いてる姿より感銘を受けました(オイ)


Cycle of 5th
続いて沼袋へ。昔「沼袋」という地名を見て、絶対「池袋」か「沼津」の書き間違えだと思ってましたね。しかし「ヌマブクロ」って凄い音(オン)だよなぁ。どっかに妖怪ヌマブクロとかいそうだもん(失礼)。
Cycle of 5th『鋼鉄低音変拍子委員会』の管理人、komaさん(Ba)が在籍するプログレッシヴ・悶絶テクニカルHMバンド。DREAM THEATERをカバーをしていましたが、最近はライブをやる度にオリジナル曲が増えておりまして、この日も6曲全てオリジナルでのセット。
いやぁ、これが観ていて非常に面白い。基本DTがベースにあるだけに各パートの見どころがたっぷり、展開もたっぷりあってまるで飽きないしワクワクしながら楽しめます。Voもめっちゃ上手いし。で、DTよりもロマンティックなんですね、音が。特にKeyの響きに顕著かな。その点が非常に私の好みですね。
しっかしこの日初披露された曲も笑っちゃうほどテクニカルに突っ走る曲で、凄まじかったです。各パートのソロをたっぷりフィーチャーした展開に鳥肌。


komaさんにせよ、ドイツ特派員さんにせよ、仕事しながらいつ楽器の練習してるんだかまったく不思議です。まぁそれはインディーズ・バンドのメンバーもそうですけど。因みにこのお二人、ゲイリー・ムーアとマイアング(笑)、12月7日に一緒にライブするんですわ。私は先約があって行けないんですけど(苦笑)


Cycle of 5thのライブ終了後は、メタラー・ソフトドリンク・飲み会 in 池袋。テーマは「アンジェラ vs ヨハン」「ドリスたんの立ち位置は上手か下手か」「ソナタはいつから××になってしまったのか」「ドイツ特派員先生のLAメタル講座」「ラウリ・ポラーはイケメン」等々…(笑)。
あー、最高に楽しかったわ♪
スポンサーサイト

COMMENT 6

ドイツ特派員  2013, 11. 25 [Mon] 22:59

怪しいギタリストです

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

いやあ、真ん中の段落は抜いてもいいんじゃないですかw?しかし畑違いのセッションって凄く勉強になります。当日ほぼぶっつけですからね、それに合わせるプロは当たり前ながら凄いですなあ。あと、やたら美人比率が高かったのは何故?

あのセッションでやたらドラムからあおりを受けてるのを感じたんですよね。やっぱりそういうのはセッションならではだと思います♪

Edit | Reply | 

黒猫  2013, 11. 25 [Mon] 23:56

ありがとうございました

Cycle of 5thのキーボードの黒猫です。昨日は ご来場ありがとうございました。

先日は このような激務をこなしていただいたのですね。ご挨拶もできずすみませんでした。

Keyの音色について うれしいコメントありがとうございます。

DTのジョーダンの音色って 地味だな~といつも思っていました。
私は アンドレ・アンダーセンとか チックコリアのようなシンセ音が好きなんですが・・

実際は 曲ごとに「作曲者」のご意見を聞きながら 音色を選択していく感じです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 11. 26 [Tue] 19:44

ドイツ特派員さん、

お疲れ様でした。ピアノとの合わせ2回にリズム隊とはぶっつけ本番って、楽器触らない人間からしたら信じられない領域ですよ(驚)。指が動く動かないってレベルじゃなくて、耳と感性と集中力が。
演奏中にDrからの煽りを感じるのなんてその最たるもの。

美人比率については…知らんですよ(笑)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 11. 26 [Tue] 19:54

黒猫さん、

こちらこそすぐに退出してしまい、申し訳ありませんでした。

今回も大変楽しませていただきました。KOJIROCKETさんのMC、「豚野郎ども!」には笑ってしまいましたね。

確かにジョーダンのKeyはちょっと無機質な感じはします。ヨーロピアンなアプローチの方がプログレ・メタリックな曲にカラフルさが加わって良いですね。というか、単に私好みですね(笑)

Edit | Reply | 

koma  2013, 12. 01 [Sun] 12:46

ありがとうございました!

遅くなりましたが…
いつもレポありがとうございますm(__)m

新曲も気に入っていただいたようで嬉しいです。
次に披露する機会にはもっと演奏の完成度上げたいと思います(^^)

Co5ライブの前に行かれた2つのイベント…
私も行きたかったです~(T_T)

THE LEAPSのLIVE、最近何故かなかなか行けないんですよねぇ。
12/7も速攻で予約したのに自分のLIVEが入るという(笑)
特派員さんのボサノバセッションもレアな機会なのでぜひ行きたかったんですが、リハと重なってしまって…。

「とりあえずバンド」の方はまた次回よろしくお願いします!
(っていつになるかサッパリわかりませんが^^;)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 12. 01 [Sun] 22:09

komaさん、

お疲れ様でした。
Why Am I Walk Aloneはめちゃんこカッコ良かったですね!
もはやDTのカバーの方が演奏するの簡単だったりして!?(笑)

THE LEAPSは来年ミニアルバムを出すので、それに伴ってライブも結構やると思うので、都合が合いましたら是非。

komaさんと特派員さんが並んでる構図、見たいですね。

Edit | Reply |