池上永一『シャングリ・ラ』

池上永一_シャングリラ_1 池上永一_シャングリラ_2
池上永一『シャングリ・ラ』 (角川文庫、上・下)

池上永一の『シャングリ・ラ』を読みました。

加速する地球温暖化を阻止するため、都市を超高層建造物アトラスへ移して地上を森林化する東京。しかし、そこに生まれたのは理想郷ではなかった!CO2を削減するために、世界は炭素経済へ移行。炭素を吸収削減することで利益を生み出すようになった。一方で、森林化により東京は難民が続出。政府に対する不満が噴き出していた。少年院から戻った反政府ゲリラの総統・北条國子は、格差社会の打破のために立ち上がった。

ついに反政府ゲリラは政府に宣戦布告。國子はブーメランひとつで戦車部隊に立ち向かう。だが地上の森では政府とゲリラの戦争をあざ笑うかのように、想像を超えた進化が始まっていた。究極のエコロジー社会がもたらす脅威とは?國子たちは生き残れるのか?アトラス計画の真の目的とは?ゲリラ豪雨、石油価格の高騰、CO2の取引など、2004年に既に現在を予言し、SFを現代小説に転換した傑作長編。


大作。過剰で異形なSF小説。
おいおい、読むのに1ヶ月も掛かってるぞ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

次作『テンペスト』は面白かった。本作も、上巻の物語の舞台設定を読んだ時点では完全に『テンペスト』を超えていると思われました。しかも軽々と。鉄兜を被って鶴嘴を持ったセーラー服少女がゲリラの総統、という厨二病的な設定でさえ飲みこんで揺るがない、それどころかその異形な細部が全体を輝かせている、独自の世界観が素晴らしいと思いました。
与えられた極上の舞台の上で各陣営が己の「欲望」の為に邁進する様子を描いた前半は、後半の盛り上がりと最後の大団円をワクワクと想像させてくれたのですが…。途中交わされる会話も思わず心動かされるものが多かったのに…。特にモモコとミーコのニューハーフ・コンビ絡みの会話で。

この下巻の体たらくは何だ?

冗長な戦闘シーンの連続。行き当たりばったりで説得力の無い展開の果てに明らかになる「アトラス計画」の真相にゲンナリ。何なのこのムカつく凪子って婆ぁとタルシャンって爺ぃは!しかも凪子の「アトラス計画」に対する自信満々な態度が何を拠り所にしているかまるで掴めないのよね。

この作品に登場するのは、迷わない女と迷う男。もしくは成り行き任せな男。男は徹底的に隅に追いやられた小説だ。そして女は皆、どこか眩しく(でも後半のドタバタでその光も失せる)、どこかムカつくヤツばかり。唯一迷う女は主人公の國子だが、別に感情移入はしないしね。鼻につかない登場人物は男ばかり。モモコとミーコも男だし。

主要人物は何やられてもどんな境遇になっても決して死ななかったり何度も甦って来るのに、名も無き人々は山ほど死ぬ。その描写もないままに。そして、選ばれし人々はそちらを一顧だにしない。そして東京の再生を「国造り」になぞらえる傲慢さ。東京以外の地域は一切描写されない。民をおいてけぼりにした国造りの話なんだよコレは。ファンタジーとはいえ。

それに、この「正しいことを為すためには少々の犠牲は仕方がない」って考え方は気持ち悪い。
ラスト近くの凪子の台詞、「さらばじゃ國子、この国はおまえのものじゃ……」っては本当に気持ちが悪い。
胸糞悪くなる小説。


……ってなに私は猛り狂ってるんだ?
時間を無駄にしたからだな。



一番素晴らしかったのは結局、ジャケ。
スポンサーサイト

COMMENT 0