中山七里『連続殺人鬼カエル男』

中山七里_連続殺人鬼カエル男
中山七里『連続殺人鬼カエル男』 (宝島社文庫)

宝島社が主催する『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に残ったという作品、中山七里の『連続殺人鬼カエル男』を読みました。

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。

ものすごくつまんないね、コレ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

作者には読者の姿が見えているのだろうか?(ってオマエが言うなって話ですが/汗)
自分の書きたいことを全部盛り込み、興奮して周りが見えなくなってるような状態で延々と書き散らして一人悦に入っているだけの文章に思えるんですが。本作推理と警察小説と社会派ミステリとサイコスリラーと格闘小説(?)を全部ごちゃまぜにしたあげく、結局、焦点がぼやけてますね。

どんでん返しが売りの小説らしく、作者の「驚かしてやろう」という意図はありありと感じるものの、トリック自体は(予想の範囲内とはいえ)結構綺麗にキマッていると思います。ただ読み手であるこちらは、その前の時点で既に完全“興醒め”状態になっているので、「はぁ、そうですか」という感想しか浮かんできません。

“興醒め”の原因は、「ンなわけねーだろ!」というご都合主義の展開が連続するからですね。
まるで感情移入できない主人公像、連続殺人事件の余波の描写の無理矢理さ、それとは反対にまるで閉鎖された都市かと思うくらい外界から介入する要素が無いこと、ありえない「警察vs市民団体」との合戦(笑)、『キン肉マン』か『グラップラー刃牙』かってくらい何度も立ち上がってくる主人公の驚異的な身体能力と治癒力、犯人と刑事の間で状況説明口調の台詞がダラダラとやり取りされる終盤、等々……。

とにかく陳腐で冗長な表現の垂れ流しが延々と続く様がかなりキツいです。ま、文章が下手糞ってことですけど。
そういや、書名と表紙デザインも狙った感が見え見えだなぁ。


『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した作品(『このミス』のランキングにはあらず)を今まで数冊読んできましたがどれもこれも自分に合わないなと感じるので、もう読むのはよそうと思います。

…って今までで一番の酷評か、コレ?
スポンサーサイト

COMMENT 0