UNISONIC「IGNITION」


UNISONIC「IGNITION」 (2012)

Michael Kiske(Vo)とKai Hansen(Gt)を擁する、注目のバンドによるデビュー・ミニアルバムというかシングル。収録曲は、④I Want OutHELOWEENのカバー)のlive versionをリーダー・トラックとする全4曲。

えっ、違うの?
でも、このシングル買う人の多くは目当てですよね?あとはアルバムに収録されそうですし。

さて収録曲ですが、どれもなかなか良いです。KaiとMandy Meyerのギター・パートが思ったより充実していました。①Unisonicは全編弾きまくってますし、それぞれソロをとったうえハモるパートも有り。十二分メタルじゃないか。曲タイトルを繰り返すサビ以外は好き。私、「サビ=曲名繰り返し」っていうのが苦手なんです…。PLACE VANDOME、と言うより「ザ・FRONTIER RECORDS」って感じの②My Sanctuaryは、メロディックなギター・ソロが良い。Mandy作曲の③Souls Alive①②に比べるとやや渋めのHRですが、歌メロ(特にサビ)が秀逸。この曲はdemo versionらしいですが、①②と比べても音質的に遜色有りません。

フルアルバムがなかなか楽しみです。このシングルの3曲より幅広い楽曲が収録されているといいなぁと思います。ベッタベタなバラードとか速い曲とか速い曲とか、あとは速い曲とか……。


そして、LOUD PARK 2011でのライブ音源のですよ!
私、LOUD PARKに行かなかった事を今猛烈に後悔しています。
何を隠そう、私の一番好きな海外メタル・バンド、HELLOWEENなんです。
ラウパーにUNISONICが出演すると分かった時、「あぁ、HELLOWEENの曲、奏るな」と思いました。そして演奏するならFuture WorldとI Want Outでしょう、間違いなく。GAMMA RAYでもやってるし。
でも、「多分アルバム出したらUNISONIC来日公演するし(←思い込み)、そのとき聴けばいいや。今回はパス」って思ってました。前年にAVANTASIAの公演で(調子は悪かったが)生Kiskeを遂に体験できた事が、気の緩み(笑)に繋がったのかもしれません。

でも、これ聴いてやっと気付きました。
Kiskeの歌うHELLOWEENの曲がただ聴ければ良いんじゃなくて、ラウパーのあの場所で、あの大観衆と一緒に体験しなきゃダメだったんだ、と。


聴いて泣きました。

リフが鳴り響いたときの歓声
サビでの「アイ、ウォ、ナッ!」の掛け声コーラス
最初のサビが終わった後の大歓声
ツインリードのハモリでの「ウォー、オッオオー~」

やはりこの曲には魔力が宿っている。


そして、あの大歓声の中、一体感の中に自分がいない事実。
いちHELLOWEENファンとして落伍者になった気分ですわ……。

Kiskeのヴォーカルも(彼の性格からか)メロディ・ラインをきっちりと完璧になぞっている訳ではありませんが、素晴らしく声が出てる。
CDで聴いてるだけの私がこんなに興奮しているんだから、実際ライブに参加した方はどれ程の感激だったのか…。
だってメタル好きでI Want Out嫌いな人なんていないでしょ?(暴論スマン)

I Want Outの事と私の呪詛ばっかり垂れ流してますが、
KiskeさんKaiさん、是非来日して、私にリベンジさせてください。I Want Out、アタマからケツまで全部歌いますんで。お願いします。


P.S.
しかし、このバンド名とロゴ、あまりかっこいいと思えないんですよね…。
スポンサーサイト

COMMENT 0