MAHATMA@両国SUNRIZE

ベニ presents【ベニ】 両国SUNRIZE (2013/9/21)

ベニ?
ベニって何?誰?っと思ったらイベンターではなくって、一般のリスナーの方が今回のライブイベントを企画したのだそう。凄いなぁ。
この日はスリーマンの対バンイベント。久しぶりに観るMAHATMAということで行ってきました両国SUNRIZE。初めて行くハコ。


THE STROBE OUT STRINGS
パンキッシュに弾けるエモいロック/R&R。Drが上手く、バンド全体の音がとてもリズミックでしたね。尖がってない本田圭祐みたいな容姿のVo氏(踊りまくり)がリードするバンド・パフォーマンスから伝わってくるのは、とにかく「音楽やってて楽しー」というポジティブなエネルギーでした。


MAHATMA 【希望の光、聴けず】
初めて彼らのライブを観たのは前任Ba在籍時でしたが、あとは全てLIGHT BRINGER・Hibikiがサポートしている時でした。Hibiki以外がサポートしてるMAHATMAは初めて観ます。この日のBaはHikaru君、めっちゃ若い!
呼吸しとる!音が呼吸しとるわ!
実力者が余裕を持って多彩な演奏をすると、ここまで“音が自由自在に泳ぐ”んだな、と。MAHATMAの出す音って「塊り感」が無いんですよね。Voも含めて音がステージ上の空間に放たれたら一音一音が飛び交って自分の意志で泳ぎ回っている印象ですね。その様子がカラフルなんだなぁ。
HR/HMバンドとの対バンではないからか、この日のセットリストのロック色は薄め。初めて披露された新曲Moon&Danceのジャジーでお洒落な曲調(Ba、大変そう…)はそれの際たるもので、ここ最近のリリースは割とHR/HMへの距離が近い楽曲が多かったのですが、やはり彼らの幅広さは健在でした。まぁ、この「幅広さ」ってのは諸刃の剣にもなり得るのですが…。
NaNaの声は力強くなってきて、でも軽やかさは失わないで成長が伺えるし、演奏陣の鉄壁さはもはや盤石。Tsubasa(Gt)なんてヤングギター誌の特典DVDに収録されちゃってもいいのに。実力的に。因みにHibiki不在のもの足りなさはまるで感じませんでしたね。彼の音抜けが異常なだけで、Hikaru君のプレイも非常にマッチしていました。めっちゃ上手いし。
もうちょっと長めのセットで観たかったですね。生きとし生けるものREVIVAL等のHR/HM色強めの曲を含めて。
<セットリスト>
1.DREAM
2.Vacant
3.Moon&Dance(新曲)
4.Passion
5.Clap!!


ulma sound junction
イベントのトリ、初見。ツインGtに、BaがVoも兼任する4人組。石垣島出身のバンドのようです。9月28日の『FUSE THE SOUL』にもオープニング・アクトとして出演するのよね。
終演後に買ったCDの帯には「プログレッシブラウド」と表記されていますが、まぁその通りですな。怖ろしくテクニカルで複雑な展開の中、ハードコア/エモ/ポストロック/メタルを自由に行き来するような音楽性。非常に硬く重い。曲も長尺なものが多いようですが、聴いてるとどうも時間の感覚が狂ってくるような感じがあるのよね。
ステージから放たれるエネルギーは非常にストイックで禁欲的なもの。メロディ使いにアジアっぽさ、というか仏教っぽい感じがあって、そのことがまた「ストイック」「禁欲的」という印象を強めているのかもしれません。私はBRAHMANなんてバンドが思い浮かびましたが、BRAHMANがパンキッシュな感触があるのに対して、ulma sound junctionはプログレッシブ・ロック的であり、ヘヴィ・ロック調ですね。
Ba兼任のVo・田村ヒサオの、無暗に感情を爆発させることなく詠唱/グロゥル/咆哮をシームレスに繋ぐ表現力が素晴らしく、Baの演奏自体かなりテクニカルで目まぐるしいのに一体どうやってるの!?と驚きを禁じ得ません。
曲展開が覚えづらく(というか覚えらんない)、メロディもそれほどとっつき易いわけではないので、聴き込まないとカタルシスを得にくい音楽性ですが、その音場に身を委ねて翻弄されているとこりゃあ凄いわと思わざるを得ませんね。9/28のイベントではHEAD PHONES PRESIDENTのファンの方に一番響くのが彼らの音かもしれません。好き嫌いはともかく、度肝を抜かれるんじゃないかな。
メタラー的にもテクデス愛好家にはオススメ。


まったくタイプの異なる3バンド、堪能させていただきました。
スポンサーサイト

COMMENT 0