富樫倫太郎『SRO Ⅳ - 黒い羊』

富樫倫太郎_sro4
富樫倫太郎『SRO Ⅳ - 黒い羊』 (中公文庫)

富樫倫太郎のSROソリーズの4作目、『SRO Ⅳ - 黒い羊』を読みました。
1作目『~Ⅰ - 警視庁広域捜査専任特別調査室』の感想は → コチラ。
2作目『~Ⅱ - 死の天使』の感想は → コチラ。
3作目『~Ⅲ - キラークィーン』の感想は → コチラ。

SROに届いた初の協力要請は、県警ではなく法務省からの人探し。自らの家族四人を殺害して医療少年院に収容されていた青年が退院後、行方不明になったという。一方、「警視庁のダーティハリー」こと針谷太一のもとにジャーナリストが現れ、過去の事件について取材に応じろと“脅し”をかけてきた。

「死の天使」に「キラークィーン」ときて、お次は「黒い羊」。SONATA ARCTICAQUATERMASSか(笑)。内容を読むと“Black Sheep Of The Family”っぽいから後者かな?
しかし登場する事件に「クリサリス・マーダー事件」とか付けちゃうあたり、作者はロック好きだと確信したね。「蛹」じゃなくってわざわざ「クリサリス」ってあたりが。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
シリーズ物として着実に面白くなってる。しかもバカミスとして読まなくても単純に面白い。これは嬉しいですね。中盤に至るまでに犯人の独白によって真相は(ほぼ)判明してしまうにも関わらずグイグイ読ませる力がありますからね。

SROの面々に会話にキレが出てきました。それは各人の役割分担が明確になってきたからで、特にボケ役=尾形の存在がデカいです。

水戸黄門の印籠的な針谷の拳銃がまたもや登場しますが、以前なら「えー!何でー!?」って頭に疑問符が浮かぶところ、もはや「待ってました!」という様式美にまで昇華されてるよう。私の感覚が麻痺してきただけかもしれませんが(苦笑)
今回さらにSROメンバー数名の家庭事情等に踏み込んで描写しており、特に針谷の生い立ちと犯人へ向けるシンパシーが作品に深みを与えているのが肝。室長山根は今回は出張続きで、ここにきてようやくキレ者感が少し出てきたかなと感じられますが、本作のヒーロー・針谷にあっさり食われてる感はそれ以上にありますね。

本作単品でもなかなか面白いですが、後に大きな楽しみが待っていればよりワクワク感は高まります。本シリーズにとってのラスボスの姿をチラ見せさせつつ、今後の展開も匂わすラストがなかなか美味しい。ただ、もうちょっとかっこいいシーン=“絵”を描くことができればもっと良くなると思うんだけどな、この作者(上から目線)。


あ、シリーズ5巻買ってないや。
スポンサーサイト

COMMENT 0