富樫倫太郎『SRO Ⅲ - キラークィーン』

富樫倫太郎_sro3
富樫倫太郎『SRO Ⅲ - キラークィーン』 (中公文庫)

富樫倫太郎のSROソリーズの3作目、『SRO Ⅲ - キラークィーン』を読みました。
1作目『~Ⅰ - 警視庁広域捜査専任特別調査室』の感想は → コチラ。
2作目『~Ⅱ - 死の天使』の感想は → コチラ。

“最凶の連続殺人犯”と呼ばれた近藤房子が逮捕されて五十数日。依然として黙秘を続ける房子のもとへ、「Mに従え」とだけ書かれた差出人不明の手紙が届く。一方、SRO室長・山根新九郎は、東京地検から房子との面会要請を受けるが―。

「キラークィーン」って作者はロック/HR/HMが好きなのか?前作も“DEATH ANGEL”だしな(笑)
しかし、こりゃあ一気に面白くなってきましたなぁ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
1作目の犯人であった近藤房子が脱走!というトンデモ展開(笑)
彼女を逃亡させるために作戦を練る氷室&桐野陣営の動向と、SROの面々が交錯することのない前半は淡々とした印象ですが、後半俄然面白くなってきます。房子はSROのメンバー(特に室長山根と木戸)に接触しようとし、捜査一課とSROは(建前だけ)協力して房子(および犯行グループ)を追う、という展開。「因縁」という要素があると盛り上がるんですなぁ。

また、本作から登場した捜査一課の刑事・門奈(ベテラン)+坊屋(若手♀)のコンビのキャラ立ちが良く、読みどころとして大いにプラス。特に、ふくれっ面での「いいですけど、別に」が口癖の坊屋、拳銃の腕が立つという設定も美味しく、本作でのクライマックス・シーンでも活躍。以降のシリーズでの登場も期待できそうです。

SROのメンバーにも再度焦点を当てて人物紹介的エピソードを盛り込んであり、前作に比べてグッと人物造形がはっきりしてきた印象ですね。

うん、シリーズ物として今後も期待できそうな感じ。室長・山根は相変わらずキレ者感ゼロだけど(苦笑)、他のSROメンバーはいいよ、とても。
スポンサーサイト

COMMENT 0