Mary's Blood、BRIDEAR@吉祥寺CRESCENDO

【nonLinear Metal DynamiX 2013 vol.23 in TOKYO -Female Voices Super Special-】吉祥寺CRESCENDO (2013/9/15)

大型の台風が近づく中、行って参りました。ソールドアウトの吉祥寺CRESCENDO、スリーマン公演。この日出演する某バンドのGt・S嬢の雨雲を司る力は熾天使レベルとも噂されるため(←)、非常に心配された天候でしたが、ちょうど夕方から夜にかけての時間帯は雨止んでおりましたね。良かった良かった。
この日のイベント、告知のポスターやらなんやら色々種類があって出演順が読めなかったのですが、どうやらBRIDEARMary's Bloodaphasia、というキャリアの長さ順のようですね。


BRIDEAR
デビューして1年ちょい(?)でワンマン公演の予定まで決まっている、福岡の新鋭。ライブを観たTwitterのフォロワーさんの評判も良く、初めて観るこの日を楽しみにしていました。しかしシングル2枚しか出してないのに、60分のセットをどう構成するのか。と思ってたら、12月にミニアルバム出すんですとー。
CDで聴く分にはヘヴィかつややモダンなエッジのある正統派HR/HMですが、生演奏を聴いた印象も同様でした。決して“スタジオバンド”ではありませんね。まったく浮ついてなくって、硬派。かといって女性らしさを拒絶したような“男勝り感”はまるでないし。まったく演奏を疎かにしていないのに、メンバーが笑顔でフロアとエネルギーを交換しながらプレイしているのは好感度高し、ですね。とても良いバンドだと思います。
ただ、思ったよりVo・KIMIの声が薄いかなー。歌唱自体はしっかりしてるんですが、声に厚みがないのよね。時折グロゥルや掛け声系のコーラスの挿入はあるものの演奏陣によるバッキングVoがほとんど無いこと、演奏の重心が低めでヘヴィなこともあってKIMIのVoがバックからやや乖離気味になることもその印象を強めているようです。ライブを重ねることによって声は太くなってくるかもしれませんが、もうちょっとコーラス入れた方が良くなると思う。というか私好みにはなる(笑)
ツインリードの精度を高めるべきとか、英詩より日本語詞の方が良いとか色々注文は出てくるんですが、現時点で持っている地力の強さ、そして伸び代が非常に大きそうなこともあり、今後大いに期待できると思います。頑張ってほしいですね。
あと、アー写やフライヤーでの写真写りに比べるとライブの方が遥かに魅力的ですよ彼女達。特に美弦(ミツル、Gt)と晴流(ハル、Ba)は笑顔が素敵ね。


Mary's Blood
“Electric Lady Loud”ではタイムテーブルと私の抱えていた爆弾のせいで少ししか観れなかったメアリー、ロングセットでガッツリ観ることができました。とは言え、この日のCRESCENDOはソールドアウトで身動きが取れない上、背の高い方が前方にいたためBRIDEARの時からあまり見通しは良くなかったのですが…。チィッ、SAKI(Gt)の手元がほとんど見えん!
セットリストは「AZURE」から全曲と「SCARLET」からもほとんど披露という、7月の渋谷DESEOと(曲順は違えど)同様。会場の作りや音響等、DESEOの方が好みなのでその時の方が満足度は高かったですが、バンド自体のパフォーマンスは変わらず良かったですね。
以前も書きましたが、メアリーはリズムチェンジ、展開する時のキビキビした感じが良いですね。休符の使い方が上手いというか。MARIのDrを中心にキメがピタッと決まるから展開の妙が余計印象付くし。特にMs.CarrieShout the Truthあたりではそれが顕著で、これらはライブで聴くことによってその魅力を再確認できた曲でもあります。
それらに加えてBurning Blazeのような突っ走る曲、Blue Heavenの爽快感、Ambiciousの緊迫感のある泣きメ等々、と幅広い曲を持っているのも武器よね。
12月7日にTHE LEAPSとのツーマン公演を行うことも発表されました。まったく違うタイプのこの2バンド、かなり面白くなりそうです。


aphasia
諸事情あって、簡潔に箇条書き。
・Dr、とても上手い
・Gtの存在感と抜けが足りない
・Vo、曲によって歌い方を変えていて表現力あり
Cryin' in the dark聴けてよかった
・ていうか今は3人編成なんだね(Baは元WOLFの西川健氏とのこと)
・専任Keyがいた方がよい音楽性ではある

終了後のセッションは、BRIDEARのKIMI&晴流、Mary's BloodのEYE&SAKIが加わっての限界LOVERS(SHOW-YA)でした。SAKIの横方向への激烈ヘドバンの眩しさよ(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 2

お客様  2013, 09. 16 [Mon] 15:34

AphasiaのサポートBは西川健(ex WOLF ) でした。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 09. 17 [Tue] 20:09

お客様、

ご教示、ありがとうございます。WOLF、聴いたことはないんですが、西川さんのお名前は拝見したことあります。

存在感あるけど耳障りにならない、流石のBaプレイでした。

Edit | Reply |