JUDAS PRIESTと私(まとめ)

前回の記事までで一通り、(私の所有している)JUDAS PRIESTのオリジナル・アルバムの感想はアップし終えたので、この記事で一旦締めたいと思います(※ライブ盤については今後機会があったら取り上げようかと)。


JUDAS PRIESTは正に宗教のようです。
そのバンド名は勿論、“メタルゴッド”という愛称、「KEEP THE FAITH」というメッセージも宗教を想起させるし、献身的なファンは信者といって良いかと思います。で、この“司祭=priest”は信者思いの良い人なんですが、決して媚びないし、色んなことに手を出す。おまけに結構いい加減な奴(笑)で、ナンパしたりパーティーしたり銀行強盗したり……。
このある意味「何でもやり放題」なところを全てひっくるめて愛せるのが信者なのでしょう。私は彼ら(が作る音楽)の“硬派”な部分のみ好きなようですので、きっと入信できないと思いますが、改めて順番に音源を辿ってみて、かっこいいプリーストからヘンなプリーストまで、色んな面が見れて(聴けて?)大変面白かったです。彼らってばメタル「ゴッド」とか言われてるけど、そんなに構える必要ないな、と。普通の人じゃん。折しもJUDAS PRIESTの大特集をしているBURRN!3月号(もはやそのボリュームはMETALLION化してる)で、伊藤政則氏が「Robと二人で炉端焼き屋でビール・タコぶつ・お新香」みたいな話をしてるのを読むとなおさら憎めなくなっちゃう。(しかし、若いころのK.Kは美青年だ。)


さて、所有しているアルバムを聴きなおしてみた今でも、今月開催の来日公演に足を運ぼうとは思っていません。“メタルゴッド”の最期を目に焼き付けたいという思いよりも、劣化したRobともっさりした演奏陣を見たくないという思いが勝っているので。特にRobについては既にハイトーンが出る出ないの問題以前に、メロディ・ラインを丁寧になぞる気がなさそうですし。

ということで(?)、最後に私の考える「JUDAS PRIESTドリームライブ」のセットリストを発表して終わりにしたいと思います。ようするに「こんなライブが見たい!」ってことです。完全妄想です。

まず「タイムマシン」と「どこでもドア」を使って、1990年頃のバンドと1997年のTim Owensを連れてきます。ハコはやはり日本武道館。さぁ、行ってみよー!
    ↓
・The Hellion~Electric Eye
・Cyberworld (HALFORDカバー)
 ―MC―
・Judas Rising
・Rock Hard Ride Free
・Hard As Iron
・Jawbreaker
 ―TimにVoチェンジ―
・Exciter
・Rapid Fire
 ―MC「質問がある!俺の名前は?」(笑)―
・The Ripper
・Metal Meltdown
・Diamonds And Rust (アコースティック)
・Ram It Down
 ―Intermission―
 ―RobにVoチェンジ―
・Resurrection (HALFORDカバー)
・Tyrant
・Sad Wings (HALFORDカバー)
・Blood Red Sky
・Night Crawler
・Between The Hammer & The Anvil
・The Sentinel

Encore:Rob&Tim
・Freewheel Burning
 ―MC「Breaking what?」―
・Breaking The Law (四人羽織、いや五人羽織)
・A Touch Of Evil
・Painkiller

客出し:Before The Dawn


掟破りのHALFORDまでセットに加えた、鬼のセット・リスト!
私の好きな曲を並べただけですが。速い曲ばっかですね。でも聴きたい曲の8割くらいは入ってる。
そして、Robがヴォーカルの時もTimは舞台袖からバッキング・ヴォーカルで参加!
世界一贅沢な使い方。しかもTimに自分の持ち歌は歌わせない(笑)
しかし、我ながら凄いセットだ……。
いや、凄いのはこれほどの名曲を多数持っているプリーストか。


という訳で、
さらば、 JUDAS PRIEST!!

解散するとは言ってないけど。



全然締まってない記事だけどまあいいや。
スポンサーサイト

COMMENT 2

ドイツ特派員  2012, 02. 04 [Sat] 23:24

ミーハー

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

私、2005年の来日がJudas初体験だったというとてもメタラーとは思えないオッサンなわけですが、まあ「もういいや」的な感覚があるのは確かです。これが今が最高だとも思えるIron Maidenなら話は別ですが。

で、実はJudasってかなりミーハーというか流行に敏感ですよね。特に「Screaming~」以降の曲作りとギタープレイはそのときの流行りモノを必ず入れている感じです。そこにロブのヴォーカルが乗ればJudasであるんですけど。

で、全然声が出ていなかったロブではありますが、やはり「The Hellion~Electric Eye」と「Exciter」は鳥肌が立ちましたね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 02. 04 [Sat] 23:47

ドイツ特派員さん

2005年、スタッド付け過ぎた衣装が重くてRobが動けなかった時ですね(笑)あの時って冒頭いきなりThe Hellion~Electric Eyeの流れでしたよね!
場所、パシフィコですか?もしそうだったら私もその場にいました。同じく初Judasで。HALFORDはその前に渋公で観てましたが。

Judas、おっしゃる通り流行に敏感ですよね。特にRobはそうだと思います。インタビューで今の若いメタル・バンドについても言及して絶賛したりしてますし、常に新しいものから吸収しようとしてる姿勢は尊敬してます。

Edit | Reply |