ちょこっと感想 2013年 vol.5

【ちょこっと感想 2013年 vol.5】

augustburnsred_rescuerestore.jpg
AUGUST BURNS RED「RESCUE & RESTORE」

米国産メタルコア・バンドの5th。このバンド、初めて聴きます。メタルコアはそんなに得意ではないんだけど、ブレイクダウンやクリーンVoでのサビという手垢にまみれた手法ではなく、しっかり練られた多彩なアレンジで聴かせるコレはイケる。チェロやヴァイオリン、トランペット等々、この手の音楽にはなかなか登場しない楽器も使用されており、またその導入に無理矢理感が無くって随所でドキッとさせられる。⑥Creative Captivityの一筋縄ではいかないダイナミックなアレンジなんて只者じゃないですな。そこから⑦Fault Lineへの流れがまた◎。ツインGtが紡ぐ旋律がとてもメロディックで聴き易くもあり、素晴らしいと思います。



avengedsevenfold_hailtotheking.jpg
AVENGED SEVENFOLD「HAIL TO THE KING」

ジャケはクソつまらんが中身は実に素晴らしい。前作より遥かに好きですね。ミドルテンポ中心のやや地味な作風ですが、アルバム全体が統一したカラーでどっしり&威厳があって重厚。でもM.Shadowsの熱唱が映える歌メロはキャッチーでとっつき易い。⑧Coming Home(とても良い曲!)なんてAVANTASIAみたいですよ。
米国&英国両方でチャート1位を獲ったようですし、頼もしいですね。バンドとしても一作品としても。



masterplan_novuminitium.jpg
MASTERPLAN「NOVUM INITIUM」

私にとってこのバンドって結局のところ1stと2ndに尽きるわけですが、Rick AltziをVoに迎えた本作(Baは元ストラトのJari君よ)はそれらに次ぐ出来だと思います。キラキラしたメロディは少なめですが、ヘヴィでガッツィーな力作。④Black Night Of Magic⑦Pray On My Soul⑩Through Your Eyesはお気に入りの良曲。RickとRoland Grapow(Gt)がデュエットするタイトル・トラック⑪Novum Initiumも聴き応えのある大作で◎。



prettymaids_motherland.jpg
PRETTY MAIDS「MOTHERLAND」

ちょっと薄味かな。もう一声欲しい感じ。だが随所に魅かれる楽曲が配置されていて侮れない。④The Icemanとか⑤Sad To See You Sufferとか⑨Motherlandとか⑪Bullet For Youとか⑫Who What Where When Whyとか⑬Wastedとか…。
あれ、結構良いアルバムだったりします?(笑) もしかしたら骨太な良作かもしれません。とか書いててなんですが、私元々それほどPRETTY MAIDSって好きではないのかもしれません。ゴメンな(苦笑)
スポンサーサイト

COMMENT 2

DD  2013, 10. 30 [Wed] 11:08

 個人的に聞いた感想を書き込みます。

 Maidsですが、良曲多いですが、1,2曲Yellow RainないしAttentionクラスの曲があれば名盤入りするはず、でも今回はあえてメロディ軸にしたのでは?と思える作品のように思います(来日しても新譜からは2,3曲かな、名曲が多すぎる彼らですから、場合によっては5曲ぐらいやるかも)。
良曲(個人的に見て)・・1,4,7,9,13

 A7Xは、ミドルテンポが多いため賛否出ますが、Revなき今でこれだけのものを出した、というのを考えるべき。彼らにとっての勝負作は次作と見ます(精神的にいえ(完全ではないでしょうが)、より上のレベルに行けるのでは)。
良曲・・2、7,9(10は書かなくてはいけなかった曲だろうし、これで前に進む決意を固めたのでは)

 こんな感じです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 10. 31 [Thu] 21:24

DDさん、

PRETTY MAIDSは同じくメロディ主軸の「SPOOKED」が一番好きだったりします。

A7X、前作はメソメソしてて正直それほど好きではないんですよ(笑)今作はどこか吹っ切れていて好きですね。今作でアメリカのHMバンドとしての基礎を固めたようにも思えます。次作はこの延長にある作品になるのでは、と。

Edit | Reply |