GNIDROLOG「Lady Lake」


GNIDROLOG「Lady Lake」 (1972)

ジャケは有名らしくあちらこちらで見たことはあるけどCDは持ってない、ってのは沢山ありまして、特にプログレ系の作品にはそういうのが多い。私がCDカタログ好きというのもありますが、名盤○○選とかに選ばれている音源に関しては何回もジャケを目にするわけです。で、新品/中古に限らず探すんですが、プログレ系って新品にせよ中古にせよ価格があまり安くならないんですよね。店で見つけても「う、う~ん、ちと高いから今回はパス」なんてのはしょっちゅうありますし。

で、今回のコレ、英プログレシッブ・ロック・バンドGNIDROLOGの2ndアルバム、「Lady Lake」。「ニドロローグ」という覚えにくい名前と、白鳥掴み取り!的な印象的なジャケットでずっと意識の片隅にはあったアルバムですが、今回満足できる値段で手に入れることができたので聴いてみました。

帯タタキには「キング・クリムゾンの叙情を持ち、V・D・G・Gの破壊力を持つ暗黒の美」なんぞ書かれており、なかなかワクワクさせてくれますが、中身の方も期待を裏切らない素晴らしい出来栄えです。

使用している楽器は通常のGt,Ba,Drの他、ピアノとチェロ、そしてフルート、オーボエ、サックス等の管楽器。特徴としてはこの管楽器が大活躍する音楽性です。
この管楽器、叙情的なメロディを担当する為に使われているのではなく、あくまでジャジーでアヴァンギャルドにぶっ飛んでいるインスト・パートでその力を発揮しています。フルートも幽玄な雰囲気を演出するどころか、静寂をぶち壊すような暴れっぷり(笑)。このハードな管楽器の活躍は先述のクリムゾンやVDGGを想起させますね。あとは不気味さを湛えた雰囲気や急転直下の展開も同様。
一方叙情的な面を担うのは、フォークっぽさもある美しい歌メロ。あとは時折前面に出てくる繊細な泣きのGt。

ハードでジャジーな演奏と繊細で美しい歌メロ。この相反するような二つの面を無理なく、いや無理矢理か?、融合させているアンサンブルの妙こそがGNIDROLOGの素晴らしさ。静寂と喧騒を効果的に操り、どのようにスリルを積み上げていって、いつ爆発させればカタルシスを最大限に得られるか知り尽くしているかのよう。かといって、頭でっかちな感じはしないのが心憎いですね。

曲作り上手いです。英国どっぷり、浸れます。

【お気に入り】
①I Could Never Be A Soldier
アンサンブルの妙が端的に現れた佳曲。全部入り、って感じ。
②Ship
キャッチーなコーラスと泣きのGt。
④Lady Lake
怨念のジャズロック(笑)。怖いよう…。
スポンサーサイト

COMMENT 6

フレ  2013, 06. 20 [Thu] 21:19

名盤!

英国ロック史のマイナー系では大好きなアルバム♪
良く聴いたな〜、これ。久々に聴こう♪

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 06. 21 [Fri] 21:21

フレさん、

今後、折を見て聴き直すような大事な作品になりそうです。
新譜ばかり追いかけている毎日ですが、こうやって意図的に過去の作品をほじくり返して手に入れないと(自分が)聴くべき作品がボロボロ落ちていきそうです…(汗

Edit | Reply | 

クリタカ  2013, 06. 22 [Sat] 11:22

追い込まれていく感覚

Lady Lakeを聴く度いつも「八つ墓村」を思い出すんですよ。主人公があのカビ臭い洞窟のなかをドンドン追い込まれていく様な・・・横溝正史の原作は漫画や映画なんかよりずっと幻想的で迫力がありました。
楽器の編成は初期のCRIMSONと似てなくもないですが、各パートの奏でる旋律は少し分裂症気味とも思えます。ベースのラインの組み立てなどはかなりキテます。
1stではブルースもどきの曲も披露していた彼等。この2ndの後によもやパンクバンドに豹変するとは・・・

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 06. 22 [Sat] 20:44

クリタカさん、

あー、そういえば「八つ墓村」の原作は読んでなかったですね私。
仰るようなジリジリと焦燥感を煽って聴き手を突き放すようなパートが強烈ですが、叙情的なパートの存在によってそれが際立ちますし、私のような軟弱者でも聴けます。

私はこの2ndしか持ってないのですが、各アルバム、バラバラな音楽性なのですね。この2ndの作風も試行錯誤の過程でたまたま生まれてきたサウンドだったのでしょうか。

Edit | Reply | 

クリタカ  2013, 06. 22 [Sat] 23:18

2ndの後一度解散し・・・

この兄弟はThe Pork Dukesというバンドを組んでます。完全にGnidorologの「に」の字もないスットコドッコイ系のパンクバンドで思いっきりズッコケます(笑)。
この2ndは200回位聴きましたが(話、半分としても100回位)名盤の名に恥じない作品です。ラストの曲にはいつも追い詰められますもの。
2000年に復活作出してますが、やや緊張感が後退した音にチョッピリ残念という印象です。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 06. 23 [Sun] 19:56

クリタカさん、

本作のラスト曲は私にとってはヘヴィ過ぎました。「もう堪忍してッ!」という感じで(笑)

しかし、スットコドッコイ系とは…(笑)
やっぱりこの人達、自分達のやりたいこと定まってなかったんではないでしょうか?
補足コメント、ありがとうございます。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  Gnidrolog - Lady Lake
  •  英国では白鳥が一番メジャーな美しい鳥なのかもしれない。アフィニティのアルバム裏ジャケットには物静かな白鳥が写されているんだけど、今度は驚きの表情を描いた白鳥を堂々とモ...
  • 2013.06.20 (Thu) 21:18 | ロック好きの行き着く先は…