誉田哲也『ハング』

誉田哲也_ハング
誉田哲也『ハング』 (中公文庫)

誉田哲也の『ハング』を読みました。

警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。誉田作品史上もっともハードな警察小説。

「誉田作品史上もっともハードな警察小説」ですとォ!!


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

これは「警察小説」じゃないんじゃないかい?(苦笑)

ストーリーの端緒となる部分は「警察」ですが、主人公・津原の辿る道筋は警察という枠組みとはまったく相容れないものだし、その津原の相棒となる小沢は警察を辞めてマスコミ側の人間になってるし。で、彼らの捜査の役に立つのは警察機構ではなく、小沢が不自然なくらい短時間でノウハウを獲得したマスコミ関連の手練手管だったり人脈だったり…。あまりリアリティを感じないですね。かと言ってファンタジーとしてのキャラ萌えもない。

前半の捜査一課堀田班の面々の和やかな描写は、後半で奈落へ落とす際にその落差を際立たせるための工夫でしょうが、ちょっと乖離し過ぎかなと思いました。私はイメージの連続性を保つことができませんでした。

ちょい期待外れ。
スポンサーサイト

COMMENT 0