LIGHT BRINGER@下北沢GARDEN

LIGHT BRINGER『らぶりーみゅーじっくつあー 2013~To Infinity And Beyond』 下北沢GARDEN (2013/6/2)

ウチのブログ的には最重要アーティスト、LIGHT BRINGERのワンマン・ライブに行ってきましたー。ラブリーが無けりゃ、私がこのブログを始めることも無かったでしょうし。まぁ出発点みたいなもんです。そんなわけでラブリー繋がりの仲間が大勢集まった下北沢。前日のライブでお会いした方もいたり、行くライブがほとんど被っている友人もいたりして(笑)、和やかに。
下北沢GARDENは初めて行く会場でキャパは500人とか600人とかって話ですが、立体的な作りでPA卓後方にもスペースがあり、詰め込もうと思えばギュウギュウに入るけど、そんなに入ってなくてもあまりフロアがスカスカに見えないという親切設計(笑)

この日は新譜「Scenes of Infinity」リリースに伴うツアーの初日ということでしたが、発売から数日しか経っておらず、十分な予習ができたとはとても言えない状態でした。多分お客さんみ~んな同じ状況だったでしょう。歌詞をしっかりと覚えてふっきーと一緒に歌おうと思ってたのに残念。


さて、入場してふっきー前5列目くらいで待機。ワンマン公演で開場から開演まで30分はちょっと嬉しいですね。で、ほぼ定刻通りの18時に開幕。
今年3月の横浜公演と同じ、明るめのSEでメンバー登場。衣装はPVのものと同様かな。……で、オープニング・ナンバーはHyperion

ゥワァァアアアアアアアアーーー!(*≧д≦)(←ふっきー)
ワァァァアアアアァァァヽ(*`゚∀゚´)ノ!(←観客)
hearteye.jpg (←オイラ)

フロア一気に圧縮!いつの間にか3列目くらいにグググッと押されておりました。続いてFallen Angel。この曲めっちゃ好き!Hyperion以上にハイピッチな歌唱が続くこの曲はアルバムの流れ通りとは言え、いきなり全開状態の喉を要求される超攻撃的なセットリスト。MCを挟みつつも、さらにBURNED 07Le Cirque de minuit~真夜中のサーカス~というドSっぷり、いやドMか?
序盤から結構揉みくちゃになっていて、このあたりの音の印象は私自身上手く掴めていません。もう「ウヒョー!」って感じだったんで。ちょっとだけ落ち着いてきたのは、新作の中での一際叙情的なメロディをふっきーの艶やかな歌唱の映えるHydrangeaが披露されたあたりから。


セットリストを下に載せました。管理人の記憶力は中学生の時をピークにしてそこからは順調に右肩下がり、勿論ライブが終わるまでセットリストなんて覚えていられないチキン・ヘッドなので、Twitterでセトリを呟いてくれた仲間からパクリんぐです。
見ていただくと分かる通り、新譜からアウトロ的なInfinite Fantasyを除いて全てプレイしています。“新生”の、そして“今”のラブリーを前面に押し出したセットリストですね。過去曲からのチョイスも割とハードめのものが選ばれているようで、完全に“攻め”モード。

落ち着いてバンド・サウンドに意識を向けると、かなり全体の音はまとまっているようでした。確かに所々、綻びはありました。後半はふっきーの歌唱にやや疲れが見えてきました(そりゃそうだよね、このセトリじゃ/笑)し、破綻はしないもののアンサンブルにオオッと思わせるよれが見えたり。
しかしそんな「課題」は見えつつも、今のラブリーの出してくる音像は非常に素晴らしいですね。全員の活躍が明瞭に分かるバランスの良さが魅力。誰かが一瞬でも気を抜いたらすぐにバレちゃうような、ピンと張りつめた緊張感、テクニカルな技量が要求される楽曲に真っ直ぐぶつかっていくメンバー。かつ、しかめっ面でそれに対峙しているわけでなく楽しんでいるのが伝わってくる、それが嬉しいんです。そして、頼もしい。

格段に丁寧に弾けるようになり成長著しいJaY(Gt)は、観客と視線を合わせたりしながら演奏するような面も出てきて、ほんとに良いプレイヤーになってきましたね。
Mao(Key)は頭ガンガン振ったりしてアグレッシブなパフォーマンスが目立つようになってきたし、それこそ演奏的には今まで以上の大活躍で、ラブリー・サウンドの要としての重責は増しています。
リーダー・Hibiki(Ba)はもうね、変態(褒)。正直Hibikiよりも音が抜けてくるベーシストって観たことないんだわ。フレーズや運指の滑らかさは勿論、独特の音作りも唯一無二。天才よね。
新加入のYumiのドラムは重く量感のあるプレイ。でも馬鹿デカイ音じゃないから聴き易いし、バンドに安心感をもたらしています。最近観たばかりだからそう思うのかもしれないけど、KAMELOTのCasey Grilloのようなどっしりとした図太さがあって好き。頼りになるお兄さん、って感じ。

そう、JaYの成長とYumiへの信頼感、これこそが「頼もしい」という感覚の源。
以前の、ある意味優しく明るめのバンド・サウンドから、よりシャープでソリッドなサウンドへ。どっちの音もラブリーだし、どちらの音も好きだけど、後者の音こそが新生LIGHT BRINGERの音。まだまだライブを重ねるに従って精度は上がるでしょうし、その伸び代があるところもラブリーの魅力だと感じます。


各メンバーのソロタイムを挟みながらライブは進行。
スピード・チューンだけでなく、孔雀とカナリアのようなプログレ・メタル的演奏をめっちゃカッコ良く聴かせられるところに現行ラブリーのポテンシャルの大きさを垣間見る思いです。
聴き応え満点のインストEau Rougeの後には、「ふっきー、(゚∀゚o彡°お色直し!(゚∀゚o彡°お色直し!」って期待しましたが、それは無し。ちょっとしょんぼり。(。´Д⊂)
横浜公演の時も感じましたが、ふっきーは非常に楽しそう、かつ何度も観客にお礼を述べてました。そんなMCや、髪振り乱しまくりのアクション(←激萌え!マジに。)や、お立ち台での煽り等々、ほんとバンド全体から再スタートのムードが伝わってきて嬉しい限り。

ふっきー目線的ハイライトはVenusですかね。冒頭の「シモキタ、行くわよー!」で萌え死にそう。もし私の苗字がシモキタだったら悶死しているとこだな。
hearteye.jpg (←こんな感じ♡)
ってこのネタ、D_Driveの時にも使ったね(苦笑)


新譜からの曲中心でも物足りなさは感じなかったのですが、やはりこの日のクライマックスは本編ラスト、Hearn's HeavenからTales of Promise~天国に寄せるポエトリー~の流れであったろうと思います。ラブリー最強楽曲と信じて疑わないHearn's Heavenのイントロが始まった瞬間から涙々。そして、そのムード、ストーリーを見事に“今のラブリー”へと引き継ぐTales of Promise。完璧や。

心からLIGHT BRINGERがやっぱり大好きだと、再認識しましたね。
「両手いっぱいのアイラブユー」っすよ。


<セットリスト>
01.Hyperion
02.Fallen Angel
03.BURNED 07
04.Le Cirque de minuit~真夜中のサーカス~
05.Hydrangea
06.人形が見た夢
07.孔雀とカナリア
08.espoir
09.Eau Rouge
10.風
11.if
12.Just kidding!
13.Venus
14.Hearn's Heaven
15.Tales of Promise~天国に寄せるポエトリー~
ENCORE
16.開幕~Resistance
17.Diamond


6/14の名古屋公演ではもっと歌詞を覚えて臨もうっと。非常に楽しみですね。
スポンサーサイト

COMMENT 4

paruriko  2013, 06. 05 [Wed] 21:17

初めましてparurikoと申します。私も行きましたよ。下北GARDEN。初日らしく色々有りましたが(笑)最高のLIVEでしたね。メタル界の妖精叉は超絶美天使Fuki様は相変わらずの美しさで萌え死ぬ寸前でした・・・。私は真ん中5列目位で見ていたんですがバンドの雰囲気が凄く良くて本当に安心しました。頼むからこのまま順調に行ってくれと切に願います。あと今回まさか Hearn's Heavenを聞けるとは思わなかった・・・。感動です。それとTales of Promise。この曲を聞くと涙が出てくるんです。素晴らしい名曲だと思います。 長文失礼致しました。 最後にLIVE前にかかってた陰陽座の次の曲って誰か判りますか?女性のメロスピだと思うのですが・・・。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 06. 06 [Thu] 21:17

parurikoさん、はじめまして。

コメントありがとうございます!
ライブ参戦、お疲れ様でした。再スタートを切ったラブリー、非常に眩しかったですね。このまま突き進んでほしいものです。
本編ラストの流れは仰るようにほんと感動の嵐でした。

BGMについてあまり覚えていないのですが、その曲の途中でライブが始まったタイミングであればAlbionの曲だと思います。あと女性VoモノではALHAMBRAとLIV MOONあたりがかかってましたが、メロスピであれば多分Albion。
新譜をHibikiがプロデュースしてますね。

Edit | Reply | 

paruriko  2013, 06. 07 [Fri] 21:22

ヒゲ・スカイウォーカーさん、コメントありがとうございます。Albion確認しました。あの危うさは間違い無いです(笑)まさか天狗櫻のボーカルだとは・・・。ビックリです。ありがとうございました。 明日はAKB選挙ですね。楽しみです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 06. 08 [Sat] 10:32

parurikoさん、

いえいえ、大してお役にたてずにすみません。
Albionはデビューライブを以前観ていますね。→ http://metalbewithus.blog.fc2.com/blog-entry-302.html
それ以外ではHibikiのセッションプロジェクトで百合(Vo)を観たくらいですが。Albionの音源は今のところ様子見してます。

AKB、また選挙やるんですか?興味の埒外の事に関してはほんと情報に乏しいのですよ。TV持ってないですし。しかし、なんでこじはるが1位にならないのか全く理解できない私です(笑)

Edit | Reply |