PURE ROCK JAPAN LIVE 2013@川崎CLUB CITTA'

PURE ROCK JAPAN LIVE 2013 川崎CLUB CITTA' (2013/5/26)

国内産メタル・バンド大集結の祭典、PURE ROCK JAPAN LIVE 2013に行ってきました。会場は川崎CLUB CITTA'。
既報の通り、参加バンドは陰陽座SABER TIGERGALNERYUSNoGoDの4組。当然の如くというべきか、チケットは発売早々ソールドアウトになったようですね。
前日のLOUD & METAL ATTACK参戦で力を使い果たしてしまったのか、私は頭痛&腰痛&寒気&ダルさの合わせ技一本負け状態でして、こんなに体調悪い中でのライブ参戦はあのVAN DER GRAAF GENERATORの時以来かなぁ…?
この記事も一部は朦朧となりながら書いてますので、そこんところ諸々ご勘弁ください(汗)。


NoGoD
一番手は予想通りNoGoD。初見です。これが実に素晴らしいパフォーマンスでした。演奏は非常に安定しています。リズム隊の華凛(Ba)とK(Dr)の実力に依るところが大ですが、リズムチェンジの多い楽曲を二人とも笑顔で楽々と(いう風に見える)プレイしてるんだから凄い。特にKのDrの適度な音圧は私好みですね。ギター・ヒーロー然としたKyrie(7弦Gt)のプレイも眩しい。ツインGtの精度がさらに高まればもっと良いバンド・サウンドになるかな。
そして素晴らしいのは何と言っても団長(Vo)のパフォーマンスと歌唱です。歌唱はCDでのクリアな声よりも少しラフですが、それが良いですね。ライブでの歌唱の方が好みかも。喋りがめっぽう上手いことでも知られる団長ですが、この日、無駄に長々と喋ることはせず、でも所々笑いを取りつつ熱いMCもかまし勢いを途切れさせることのないステージ進行は見事。自らを笑い飛ばせる人は面白いし、強いやね。身振り手振りや観客を誘導するアクションが大きいから自然とフロアも団長に誘導されちゃうのよね。さすが布教活動と言うだけはある(笑)。
おそらく人気ナンバーであろう曲を並べたセットリストはコンパクトかつ満足度の高いものでした。ワンマン公演も行ってみたくなりましたね。


SABER TIGER
二番手。ゴメン、その音圧に病んでる身体が耐えられないっす。音デカ過ぎ。轟音&ド迫力&ソリッドって感じでしたね。メンバー全員が実力者ですが、特に現Drの水野泰宏は凄いね。上半身がほとんどブレずにあのズドドドド!というプレイ。まぁこの時私がサンドバック状態だったのは主に彼のせいですが(苦笑)。木本高伸(Ba)の激しい動きでのステージングは以前から好き。今の編成のサーベルの演奏陣に真っ向からぶつかり合って太刀打ちできるヴォーカリストは下山武徳しかいないかもしれません。
もうここいらで勘弁してください(苦笑)。


サーベルの出番が終わっての転換タイム。ここで事件が発生する。
会場で流れているBGM、ここでなんとLIGHT BRINGERの(発売前の!)新譜からHyperionが流れやがる!私はずっと聴かないで聴かないで我慢に我慢を重ねに重ねておるんですよ!なのに、なのに…あぁぁああッ!
ご一緒していたTwitterのフォロワーさんの「あ、コレ、Hyperionじゃないですか…?」の言葉で気付いたわけで、教えていただいてすぐに耳朶で耳の穴に蓋をして塞ぎましたが、爆音が耳朶を突き抜けて鼓膜を揺らしやがる。私の軟弱な耳朶ではラブリー・ミュージックの猛攻を防ぎきれませんでした(泣)
TwitterのTLを見ると、どうやらこの時2階の関係者席にLIGHT BRINGERのメンバーが来ていたらしく、急遽BGMとして流したという粋な趣向だったようです(全然“粋”じゃねーよ/苦笑)
曲の感想は、…内緒。


GALNERYUS
昨年は1年間ガルネリのライブ観てなかったんだなぁー。ちょいと久しぶりな感もあった彼らのライブでしたが、やっぱ凄いわ。クリアかつ迫力のある出音の演奏陣もさることながら、この日の小野“SHO”正利はよく声出てたなぁ。Lamentでは思わず泣きそうになっちまいましたよ。セルフカバー・アルバムがリリースされたばっかりということで、YAMA-B時代の曲を2曲プレイしてくれたのも嬉しかったですね、YAMA-B派の私としては。
「ANGEL OF SALVATION」の記事で書いた通り、私はThe Promised FlagAngel Of Slavationの2曲は別に好きではないのですが、いざ生のライブで聴いてもやはりピンときませんでしたね。両方とも、この多幸感漲る曲調が受け付けないんだなー、多分。15分もある曲やるなら、代わりに違うの2、3曲やってよ。
ところでSyu、髪伸びたな。ワッサワッサ。
<セットリスト>
1.The Promised Flag
2.My Last Farewell
3.Lament
4.Future Never Dies
5.Angel Of Slavation
6.United Flag


陰陽座
下記セットリストを見ていただきたい。さすが瞬火っ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ! をプレイしているあたりから「あのアルバムってトータルで何分だったっけかなー?」なんて考えてましたよ。完全再現ぶちかますんじゃないかとドキドキしながら。
ということで、私は何度も彼らのライブを観てますからニヤニヤしつつ楽しめましたが、この日初めて陰陽座に触れた人達にとっては偏り過ぎたセットではないかと。メロパワ成分が少なめですね。普段のライブではもっとノリやすく一緒に歌える曲が多いので、これに懲りずに(笑)、ワンマン・ライブにも足を運んでみてほしいですね。しかし、甲賀忍法帖が始まった時の歓声は凄まじかったです。IRON MAIDEN「A MATTER OF LIFE AND DEATH」の完全再現やった後のFear Of The Darkの時みたいな(笑)
<セットリスト>
1.組曲「鬼子母神」~啾啾
2.組曲「鬼子母神」~徨
3.組曲「鬼子母神」~産衣
4.組曲「鬼子母神」~膾
5.組曲「鬼子母神」~鬼拵ノ唄
6.組曲「鬼子母神」~鬼子母人
7.組曲「鬼子母神」~鬼哭
8.甲賀忍法帖
9.喰らいあう


PURE ROCK JAPAN セッション・タイム
さてさて、恒例のセッション・タイムのお時間ですよ。陰陽座がトリであるということが、ここで最大限に生きてくるのです。瞬火がこのセッション・タイムを仕切ること、これこそが肝であり、主催の土屋京輔氏が陰陽座をトリに選ぶ理由だと思う訳です。
共演バンドと観客とスタッフ&関係者への惜しみない賛辞を笑いをとりつつ伝え、上手くセッションを進行させる瞬火の司会者っぷりは実に見事で、前回と同様、私は心の底から陰陽座が好きで良かったなと実感する次第です。マジ、陰陽座ファン・瞬火ファンは胸張っていいよ。って私が許可するような話ではないですが(笑)。
さて、セッションは、陰陽座のメンバー+各バンドのVoとGtで、T-REX20th Century Boyを演奏。と、サラリと書いてますが、私は曲コールされても実際に演奏している最中も終演後も、というかこの記事を書くまで「コレ誰の曲だっけなぁ…?聴いたことあるようなないような…」という状態が続いておりました。不勉強でスミマセン。もっとGtバトルする曲が良かったなぁ、というのが本音です。


この日の瞬火名言録は…、
「皆さん、今日からもうノーゴッド、ノーライフですよ」
「華凛ちゃんが可愛い。ステージだけじゃなくて楽屋でも可愛い。リアル可愛い」


最初に出演したPRJでの下山アニキとのエピソードも披露。
機材トラブルでBaの音が出ないままプレイ(というか歌唱)した瞬火。その日共演のSABER TIGERの下山が、終演後にステージ袖で待っていてくれて「気にすんな」と声を掛けてくれたんですと。その一言でどれだけ助けられたことか、と仰ってました瞬火兄上。
その後の盛大な「アニキ!アニキ!」コール!この時のライブ、ハンドマイクで歌う瞬火が見れて、とてもレアで楽しかったっすよ。

そんな瞬火もガルネリの小野さんのマイペースっぷりには対応不可能だったようで(笑)。
小野さん「今、外は土砂降りですよ」
お客さん「えーッ!?」
小野さん「うっそー♡」
お客さん、ブーイング
小野さん「ほらみんなピュアだから騙されちゃう♡」



このイベントは土屋氏の御眼鏡に適ったバンドしか出演できないわけで、音楽性の好みはあれど毎回国内トップレベルのメタル・バンドが集結してくるめちゃめちゃ贅沢なものです。2、3年に一回の割合で、場所も東京か神奈川ということで首都圏以外の方が参加するにはハードルが高いかもしれませんが、好きなバンドの出演が一つでもあったら興味持っていいし、二つあったら発売日にはチケット取った方がいいと思いますよ。きっと楽しめると思うので。

この日出演したどのバンドも、謙虚でファンへの感謝を忘れないところは同じ。今回も最高に熱く楽しいイベントでした。
スポンサーサイト

COMMENT 2

山崎パンイチ夫  2013, 05. 30 [Thu] 07:46

体調すぐれない中ライヴ参戦&レポお疲れさまでした~。楽しく読ませてもらいました。っても私、参加バンドの事は多少は知れど、まともに音源聴いたことあんのんってひとつも無いんですが…。個人的には、最近NoGoDが気になってるんですけど彼らのライヴが当たりやったってレポには嬉しく思っちゃいましたね。しっかり音源聴いてみよかしら。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 05. 31 [Fri] 23:38

山崎パンイチ夫さん、

コメント、どうもありがとうございます!
NoGoDは嬉しい驚きでした。音源の方は結構カッチリ、ハイレベルに整っている印象です。私のオススメは「欠片」ですね。

Edit | Reply |