LOUD & METAL ATTACK@新木場STUDIO COAST

LOUD & METAL ATTACK Supported by FINLAND FEST 新木場STUDIO COAST (2013/5/25)

今年から『LOUD & METAL ATTACK』と名前を変えたけどそう言っている人をあまり聞いたことない、そんなFINLAND FESTに行ってきました。出演を予定していたCRASHDIETがキャンセルになり、オープニング・アクトだったOMNIUM GATHERUMが「本編」に組み込まれるという、CRASHDIETファンにとっては無念な、個人的には嬉しい変更もあり。
会場の新木場STUDIO COASTは初めて行くライブ会場です。最近、集客力のある外タレによく利用されてるイメージがありますね。現地に着くと、ライブを楽しむことに特化した良い会場だと思いました。シンプルな動線に、立体的な観戦エリア、レトロと最新が折衷されたような内装、イイネ。会場周りにほんっとうに何も無いけど。
私はこの日一日、会場後方の階段上・やや上手寄りから観戦。


LIV MOON
会場のお客さん99%がオムギャザがトップバッターだと思っていたんじゃなかろうか。私自身メンバーが登場したの見てなくって、一発目の出音で「お、オムギャザなかなか良い音出すじゃん♪」とか思ってたら、LIV MOONでしたー(笑)。しかも最初大村孝佳(Gt)が女性に見えたー(笑)。
相変わらず曲も歌唱も演奏も非常にハイレベルながら、バンドの一体感には乏しい。もう、これはどうしようもないことなのか。メンバーの動きに統一感がないからなのか?ゆったり腕広げのAKANEさん、メタラー風大村、ガニ股歩き一見やる気ない風MASAKI(Ba)、時々前に出て来て煽るんだけど様になっていない西脇氏、とバラバラ。そう言えば今回のDrは前田秋気ではなかったようで。
このイベント向けに合わせたセットリストを用意したようですが、もっとスピード・チューン中心でもよかったような。単純に速い曲の方が簡単に一体感生み出せるし。あと1曲目に(いつもアンコールでやってる)クラシック・カバーでも演奏して、演奏陣の凄さを見せつけてほしかった気もしますね。客観的に見ると盛り上がっていた、とは思います。
なんだかんだで、私のこの日一番好きな音は彼らの音なんだから頑張ってほしいなぁ。
<セットリスト>
1.霧の葬送曲
2.Kiss Me Kill Me
3.Black Fairy
4.BLack Ruby
5.The Last Savior


OMNIUM GATHERUM
良かったわー、オムギャザ!私がこの日一番楽しみにしていたのは彼らでしたが、てっきりイモ臭~い俯き系内省パフォーマンスをするもんだと思ってました。が、さにあらず。JUkka Pelkonen(Vo)がエネルギッシュかつ真摯に観客とコミュニケーションをとることにより、盛り上がるというよりじっくり浸るタイプの彼らの曲であってもサークルピットが発生するほどのかなりの盛り上がり。Gtの音量が小さめだったのは残念でしたが、Keyと合わせて丁寧にメロディを紡ぐ様子はなかなか好印象でした。クリーンVoはもうちっと強化した方が良いかな、と思いましたが。
セットリストは最新作から3曲、前作のタイトルトラック、「THE REDSHIFT」からNailの計5曲だったかな。
揃いのTシャツはかなりダセェが、メンバー全員が日本でプレイできることを本当に嬉しそうにしていてホッコリしました♡特にJukkaはイイ奴オーラダダ漏れ過ぎ(笑)


JESSICA WOLFF
シャイニング・太もも!(笑)ってことにまず言及せざるを得ない程、ちょっと場違い感はあったかなぁ、可哀想な事に。遠くから観るとJessica Wolff本人はその金髪オーラ効果(笑)もあってなかなか華があるし、動きもMCもキュート。声量はもうちっと欲しいですが。ただ、やってる音楽の方向性の違いと言うのはあるんですが、バンド全体のパフォーマンスはイマイチですね。ラウドアンドメタルアタックしたい観客にとってはそのプレイが若干ルーズに感じられたのではないかなぁ。もっとキビキビするべき。キメるべきところでビシッと決まるような気持ち良さが無いし、曲の終わり方も唐突というか適当。パワコードでジャーーンッ!って締めてくれよ(笑)。音楽自体は私の好きなタイプの曲もあるんだけどねー。
Jessicaちゃんは「マタクルネー!」って言っていたけど、分からんぞまた来れるかは(苦笑)


MOKOMA
メンバーのインパクト抜群。特に、森の学者風眼鏡オタク系Voの人のインパクトは、その地団太踏んでウロウロ動き回るようなパフォーマンスと合わせてかなりのもの。フィンランド語で歌っているのか、歌メロに辺境感というか田舎っぽさを感じるのが特徴で、吉幾三の俺ら東京さ行ぐだをスピードメタルに乗っけたみたいな曲(笑)に感じることも。で、これがなかなか良いじゃないの!スラッシーなリフは気持ち良いし、ツインリードGtは時折ハッとするほどメロディックなフレーズを奏でていて吃驚。テレビを見ることと自殺をすることとバンドをやること以外にはやることがないらしい(笑)フィンランドに、こんな完全陽性の資質を持つバンドがいるなんてねぇ。明るさが肝の音楽であるだけに、完全には私の好みに当てはまるわけではないのですが、そのライブはかなり楽しかったです。
オムギャザ同様、彼らも本当に楽しそう&嬉しそうで、ショウの後には何故かフロアに向かってTシャツ等のマーチャンダイズを投げまくる!馬鹿だ、こいつら!(笑)CD買ってやりたくなっちゃいますなー。


因みにここまで各バンド30分の持ち時間。そして転換がめちゃくちゃ早い!この会場、ステージ後ろ(もしくは横)のスペースが広くて一気に機材入れ替えできるのかしら?
で、次のTURISASへの転換は少し時間が掛かっているよう…。


TURISAS
ライブ・パフォーマンスかくあるべし、という流石のステージでした。正直初来日の時のインパクトを超えることはないものの、やはり素晴らしいバンドですね。アコーディオン奏者のNettaちゃんが脱退しちゃったのは少々痛いですが。
卓越したフロントマン・Mathias "Warlord" Nygård(Vo)を中心に、分かり易い大きなアクションでバンドが一糸乱れずプレイする姿は、特別ファンでない私から見てもかなり魅力的。バンドの器楽的な強みと演劇的な面をアピールする曲も途中に挟みつつダレないセット構成も見事。彼らの持ち時間も30分?もうちょっと長かった?いずれにせよもっと見たかったですね。特に2ndからの曲を。
彼らのライブはパフォーマンスそのものも素晴らしいんだけれど、盛り上がっている観客を見てるのもまた楽しい。


NIGHTWISH
私は前VoのAnetteスキーですし、彼らの曲を好きな順に挙げると「The Escapist>Sacrament Of Wilderness>Stargazers」って感じなので、サポートVoにFloor Jansenを迎えた現行NIGHTWISHに対しても何を求めているのか自分でも分かっていません(汗)。でもまぁ良い機会なのでパフォーマンスに定評のある(ってTarja時代だけか?)彼らのライブは楽しみではありました。
結果としては想像以上でも以下でもないってところでしょうか(エラソウ)。ライブ自体生で観るのは初めてなので、参考資料としてはライブDVD「END OF AN ERA」とライブCD「MADE IN HONG KONG (AND IN VARIOUS OTHER PLACES)」くらいなのですが、それほど好きじゃない曲でも「スゲーッ!」と思わせるほどのパフォーマンスを勝手に想像していたってことですね多分。私が勝手に上げ過ぎたハードルを越えなかっただけ、つまり「私のとってのプラスアルファ」が無かっただけですので、客観的に見ればプロのミュージシャンらしい非常にハイレベルのショウだったと思います。
バンドは大物ゆえのもったいぶったところなぞチラとも感じさせないエネルギッシュでタイトに締まった演奏だった(特にJukka NevalainenのDrは素晴らしい)し、Tuomas Holopainen(Key)の噂に違わぬヘドバンっぷりも見れたし概ね満足なんですが、Floor姐さんはAFTER FOREVERでの歌唱を聴く限りもっと凄いかと思ってましたね。思ったより声量が無かったかな?最初はマイクの音量のせいかと思ってたのですが、MCでの客を煽る声を聴いてるとどうもそれだけではなさそうな…。そう、声量の件もあったのですが、彼女ってもっと肉食系で男勝り系だと思っていたのよー(笑)。長身、というかデカいし、ラリアット得意そうだし(←音楽と関係ない)。でも意外に可愛くって吃驚。「可愛い」といってもまぁ色々ありますが(苦笑)、彼女、MCでの声が可愛いし、ステージでの立ち振る舞いがほんと素敵。豪快な扇風機ヘドバンも、ストレート・ロングの髪をバッサァーやるところも、Sexyだけどいやらしく感じない腰つき等々、いちいち萌えるんだよまったく(笑)!背負い投げとか巴投げで豪快にキメられるかと思いきや関節技が得意だったみたいな意外性(意味不明)。良い意味でサポートに徹しないところが良いですね。女性の目から見ても彼女はカッコ良く、好意的に映るんじゃないかと思う次第です。声量の件はおいといてTarja曲もAnette曲も器用に歌いこなしていたとは思うので、そのまま正式加入しちゃいなよ、ほんとに。
NIGHTWISHのライブ、次の機会も観に行くかどうかはVoと新譜の出来如何によってかな、と思っております。
<セットリスト>
01.Dark Chest Of Wonders
02.Wish I Had An Angel
03.She Is My Sin
04.Ever Dream
05.Storytime
06.I Want My Tears Back
07.Nemo
08.Romanticide
09.Amaranth
10.Last Ride Of The Day

彼らのセット自体短かったけど、イベント全体としては完全にNIGHTWISHがヘッドライナー、その他のバンドとは明確に差別化されていましたね。
スポンサーサイト

COMMENT 2

DD  2013, 05. 26 [Sun] 20:36

NIGHTWISH自体、欧州を制覇してた時期もあり、かつうまいシンガー(前任はどうも自分の曲に遊どうかしてたきらいあり、前の曲もそのアレンジ化した)が入り、セットも歴史を網羅すれば、こうなりうるかと見ました。

 今回って一本化してましたか、散漫でしたか?こういうイベントっていろんなバンドが出るとどちらかになるきらいがあるので聞きますが。

 個人的に惜しむらくはおとといの彼らのコンサートを1つ他のライブを入れ(かつ、それがキャンセル)たため、いけなかったし、それを見る借り、行けばよかったかな、と半分後悔してる次第です。

 彼らって、このままで行くのですか、それとも新たにシンガーを探すのか、今後に注視する必要がありそうですね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 05. 29 [Wed] 06:05

DDさん、

NIGHTWISHの単独公演に行けなかったのは残念でしたね。評判を見る限り大好評だったようで。
フィンフェスでの彼らも、イベントだからどうこうというのは感じませんでしたね。いつも通りの彼らのライブだったのではないでしょうか?この日も(単独と同様)高評価だったようですし。

個人的にはFloorがこのまま加入しても良いと思います。

Edit | Reply |