ICED EARTH「LIVE IN ANCIENT KOURION」

 icedearth_liveinancientkourion.jpg
ICED EARTH「LIVE IN ANCIENT KOURION」 (2013)

アメリカ産質実剛健正統派HMバンド、ICED EARTHのライブ映像&音源作品。CDは2枚組。トルコの南、東地中海に浮かぶキプロス島で行われた野外ライブを丸々収録したものです。タイトルにある「KOURION」はキプロス南西部にあった古代都市の名前らしいでっす。因みにステージは擂り鉢状の半円形コロシアムに組まれています。

メンバー全員、スタイリッシュとは言えないデニム縛りの服装なのは、何かの賭けに負けて罰ゲームをやらされているようにさえ思えますが、惜しみなくパイロドッカンドッカン&スモークモックモクなステージは、ここ日本でのこのバンドの人気を考えるに羨ましいやら悔しいやら。まぁ欧州ではフェスのトリを務めたりするくらいの人気バンドですからねー。

過去のライブ作品、「ALIVE IN ATHENS」「FESTIVALS OF THE WICKED」ではMatt BarlowとTim“Ripper”Owensがヴォーカルを努めていましたが、本作はアルバム「DYSTOPIA」に伴うツアーに連なるスペシャル・ライブですので、勿論VoはStu Block。

そのStu Block(オイラと同い年)のパフォーマンスが素晴らしいのなんの。簡単に言ってしまうと、Timの金切り声とMattの野太い朗々声のハイブリッド歌唱ですが、それら様々な「声」を器用に操る様がとても頼もしいです。一撃必殺のスクリーム、ってタイプではありませんが全力で過去のVoの名演を再現していく彼のおかげで、バンドに新鮮な空気がもたらされているよう。朗々と歌う時の半泣き顔がツボっす。
また、フロントマンとしてもバンドに完全に馴染んでおり、観客のコントロールも見事。歌声は勿論そうなんだけど、煽る時やMCの時の声が超イイのよね。ハキハキ紳士系で(笑)。観客に向かって「You guys,」って呼びかけを多用するんですが、その声が素敵なこと!ここにきて、メタル界you guys帝王たるMikael Stanne様(DARK TRANQUILLITY)の牙城を脅かすほどの存在感を見せつけてきたと言えるでしょう(?)。
このバンドにはMattとTimという優れたヴォーカリストがいましたが、思い入れ等の要素を除外すればStuはその二人の影を木端微塵に吹っ飛ばすほどの逸材だと思います。

バンドの地味サイド、いや質実剛健サイドを象徴するソリッドな演奏陣。そのチームワークはここにきてベスト・ラインナップが揃ったかのようです。かつてはRalph Santolla(Gt)、Steve DiGiorgio(Ba)、Bobby Jarzombek(Dr)等々のスター・プレイヤーがそれぞれ在籍している時期もあり、その頃に比べると鉄壁の地味メンバー陣ではありますが現行ラインナップの一体感はなかなかのもの。それだけにBrent Smedley(Dr)が脱退してしまったのは残念ですが…。
リード・ギタリストにあるまじき地味さを誇る(?)Troy Seele(Gt)は、現行ラインナップでは不動のナンバーワン、バンド歴代ギタリストの中でもトップクラスの地味っぷりですが、その腕前はかなりのモノ。名手だと思います。

Jon Schaffer様、コーラスをもっと歌えとか、映像編集にやや荒さがあるとか、「~SOMETHING WICKED PART 1 &2」からの選曲が多過ぎないかとか文句はありますが、「無骨だけど頼りになる兄貴」のようなICED EARTHの強力さを味わえる好盤だと思います。
地味地味言って貶してるようですが、私はICED EARTHこそが“THE メ・タ・ル”だと思ってるので、もっともっと評価されて欲しいですね。

<収録曲>
01.Dystopia
02.Burning Times
03.Angel's Holocaust
04.Slave To The Dark
05.V
06.When The Night Falls
07.I Died For You
08.Invasion / Motivation Of Man
09.Setian Massacre
10.Stormrider
11.Pure Evil
12.Wolf
13.Dark City
14.Dracula
15.Ten Thousand Strong
16.Anthem
17.Declaration Day
18.Days Of Rage
19.Melancholy
20.In Sacred Flames
21.Boiling Point
22.Damien
23.Watching Over Me
24.Dante’s Inferno
25.Iced Earth
26.The Hunter

意外にも「HORROR SHOW」からの楽曲が披露されており、そのどれもが素晴らしいです。特にDamienのレアさと荘厳さに失禁しそう(笑)


さぁ、クリマンよ、今こそ漢を見せる時だ。
ラウパーにICED EARTHを呼んでみせろ!

っていうか、呼んでやってくださいお願いしますホントに。
損はさせませんから、旦那。
スポンサーサイト

COMMENT 2

DD  2013, 06. 17 [Mon] 20:21

 ギリシャのライブは手を出さなかった(いろんな情報から、mix等に無理が見られるだろうと感じたため)ので、今度は出たら購入してみようと思います。

 現時点のほぼベストで、確かにHorror Showから3曲(しかも特徴的な)のを選んでる点が興味深いですね、近年も無駄なく抑えてるし、満足しないのはいないんじゃないでしょうか。

 彼らって、ポジ(どの時点で、フェスの場合)に困るバンドっぽいですよね、イメージからして。名曲も数多いし、1時のSavatage(解散?自然消滅?)等と似た印象を受けますね。

 彼らこそ、単独・フェス出演を求めたいですね、何時間やるか見当つきませんが、陰陽座と別の意味で。

 どのバンドを日本側が選ぶか、注視したいですね、彼らも含めて。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 06. 18 [Tue] 05:55

DDさん、

ICED EARTHの単独公演は観たいですね。それが叶いそうもないのでラウパーを突破口にしたいというのが希望、というか妄想で。

確かにSAVATAGEと似ている部分、大いにありますね。音楽性にせよ境遇にせよ。同じフロリダ出身だったかと思いますが。
両方とも過小評価甚だしいです!(笑)

Edit | Reply |