AMORPHIS「CIRCLE」


AMORPHIS「CIRCLE」 (2013)

フィンランドのメランコリック・メタル・バンドの11thアルバム。私が買ったのは、ここでしか聴けないという⑪New Songという曲が収録された、国内盤DELUXE EDITION。
バンド自身がここ数作の路線からの変化を求め、今回プロデュース&エンジニアとして迎えられたのはHYPOCRICY他のPeter Tagtgren。さらには彼らのトレードマークともいうべきフィンランドの民族叙事詩『カレワラ』からも脱却、ジャケもTravis SmithじゃなくってTom Batesが担当ということで、いやがおうにも「新章」を感じさせるアルバムですが…、

ほとんど変わってないっす。

Peter Tagtgrenのプロデュースに関しては、アチコチで皆さんが言われてるようにギターがやや前面に出てきています。また、低音が図太くなって「デスメタル」という出自に少し立ち返ったような感触もあります。⑤Hopeless Days⑧Enchanted By The Moonに顕著かな。ただ、個人的にはPeterの音作りはあまり好きじゃないですね。暗いアンダーグラウンド臭やバンドの獣性を垣間見せるような音像はなかなか迫力がありますが、あまりシャープじゃない上に塊感があって薄いヴェールが掛かっているような気もします。もうちょっと現代的なプロダクションが好みかなぁ。
『カレワラ』がモチーフではなくなったとはいえ、相変わらず(英訳される前の)歌詞はPekka Kainulainenが手掛けているので、『カレワラ』研究家でもなんでもない私にとっては世界観のブレは全く無いといってもよいです。
変わった要素はあるけど、変化を望まないファンにとっては心配するほどもなく、変化を望む人にとっては「いつも通り」のAMORPHISでちょっと期待外れ、って感じでしょうか。

オープニング①Shades Of Grayで、いきなりTomi Joutsen(Vo)のデス・ヴォイスが炸裂して「おぉ!デスメタリック路線に回帰か!?」と思いそうになりますが、さにあらず。クリーンVoのよるサビも、技巧とは無縁ながら丁寧に紡ぐメロディックな間奏も安心のAMORPHIS印がしっかり刻印されています。
そして、続く②Mission(スピード感に溢れるGtソロ!)と③The Wandererが実に素晴らしく、冒頭のこの3曲の時点で本作が、いや本作も傑作であると確信するのです。バンドのスポークスマン的役割もあり、メインソングライターでもあるEsa Holopainen(Gt)の才能を認めつつも、私はSanteri Kallio(Key)の作る曲のメランコリックなセンスにヤラレます。のサビ、Keyをバックに歌うJoutsenが歌うメロディの素晴らしいこと。Marco Hietalaによるヴォーカル・プロデュースが無くても歌メロのクオリティを維持できると証明できたって感じですね。勿論、Joutsenの声自体魅力による貢献の大きさは測りきれませんが。生まれ変わったら、Tomi Joutsen声になりたいよー。

Joutsenが加入してからのアルバム4枚はどれも素晴らしく、今作を以って5作連続傑作(←勝手に認定)という前人未到(かどうか知らねーけど)の記録達成おめでとうございます。この「動かざること山の如し」な驚異の安定感はディフェンディング・チャンピオンの名に相応しいです(←勝手に命名)。
現編成のAMORPHIS、もはや「駄作を作れない」というより「傑作しか作れない」という一種の病気に罹っているのではないかと疑われます。望むべくはコレが不治の病であることのみか(オイ)

本作の個人的クライマックスは中盤に訪れます。寡作のTomi Koivusaari(Gt)が作曲した⑥Nightbird's SongはGtとVoが暴虐性を剥き出しにして進行、アンセミックなサビへと到達する秀曲。でもあくまでメロディは甘美、Keyはメロウ。
Santeri作曲の⑦Into The Abyssは一番のお気に入り。このステディなリズムの癖になるリフは彼らのキャリアの中でも白眉だと思いますね。幽玄なKeyの映えるこのロマンティシズム溢れるメロディはギターオリエンテッドな曲の中にあってギラリと光る(マサ・イトー風/笑)存在感がありますね。

メロデス愛好家にとってはボーナス・トラックの⑩Dead Man's Dreamが熱いです。疾走感に満ちたごく真っ当、しかし超高クオリティなメロディック・デスメタルが彼らのアルバムで聴けることにヘドバン誘発、思わず顔がニヤける。サビはパワーメタリックなとっつき易さとカッコ良さ。最高!


年間ベスト記事を書く際には間違いなく食い込んでくるであろう、傑作。やはり彼らは裏切らない。いや、裏切れないんだな。

【悶絶曲】
⑦Into The Abyss
⑥Nightbird's Song
⑩Dead Man's Dream
③The Wanderer
②Mission
スポンサーサイト

COMMENT 0