ちょこっと感想 2013年 vol.2

【ちょこっと感想 2013年 vol.2】

babymetal_イジメダメゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

シングル。①イジメ、ダメ、ゼッタイはかなり極悪でスラッシーなリフで疾走する、分かり易いメロスピ・チューン。やや冷めた感触のSU-METALのメインの歌メロ・ラインと、YUIMETAL&MOAMETALの脱力系コーラス(どっちがどっちだか分からんが/笑)とのバランスも良好。そして、ピアノを取り入れたこれ見よがしのクサメタリックな展開の間奏。イイネ。PVは → コチラ。
反対に②Catch me if you canは結構モダンでヘヴィな感じね。そして、演奏とそこに乗るVoの浮遊感との乖離っぷりもBABYMETALっぽさか。



ghostbc_infestissumam.jpg
GHOST B.C.「INFESTISSUMAM」

スウェーデン産の如何わしい格好をした、胡散臭くもポップな音楽を聴かせるレトロ志向HRバンド・GHOSTが名前をちょっと変えて新譜リリース。コレ聴いて初聴感バリバリな私は、前作「OPUS EPONYMOUS」を積みCD化させてほっといてるんでしょう。70年代風のHRでありながら、重さよりは軽快さやポップさを感じさせるサウンドは独特。浮遊感のある歌メロのキャッチーさには才能を感じるし、いきなりクサメロGtソロが炸裂したりフォーキッシュになったりグループ・サウンズ風になったりと、まったく油断できない展開が満載。中毒性十分な力作。



serenity_warofages.jpg
SERENITY「WAR OF AGES」

オーストリア産シンフォニック・メタル・バンドの4th。今作より女性Voが加入、ツインVo体制になっています。前作から引き続きの超KAMELOTタイプ、優等生派。実際、出来は非常に良い。メロディの即効性と多彩なアレンジが生む奥深さとのバランスが良好で、リピート必至。非常にドラマティックな作風ではあれど、10曲53分弱と言う適度な長さもプラスに働いている。最高傑作かも。良いよ。因みに吸血鬼伝説のモチーフとして名高い、エリーザベト・バートリ関連のコンセプト作のようです。



straightfreechildren_connect.jpg
Straight free children「connect」

D_DriveTHE LEAPSのカップリング・ツアーに行った時に観た、女性Voポップス/ロック・バンドのシングル。3曲入りで500円。安い!バンドサウンドを邪魔しない適度な分量のKeyに、自然な、でも耳を引くセンス溢れる楽曲展開。で、素直に歌メロを追うVo・真由の声が非常に心地良い。何より音を紡ぐことの楽しさが伝わってくるのが良いね。
スポンサーサイト

COMMENT 0