DESTROSE「DESTROSE」


DESTROSE「DESTROSE」 (2013)

正統派ガールズHMバンドの1stアルバム。「小野正利(GALNERYUS)の教え子」という枕詞が付くことが多い逸材Vo、Marinaが加入してからのこのバンドの勢いは凄まじく(って、インディーズ・バンドという限られた範囲の話ですが/汗)、「待望の」という表現が相応しいデビュー・アルバムだと思います。

しかしこれが、既発曲が多いんですよね。ライブで複数回聴いている曲も含めれば新鮮味はほとんど無し。まぁこれはシングルを持ってない人には関係のないことですし、数多くのライブを経て生き残ってきた選りすぐりの精鋭曲のみ収録されていると考えられなくもないです(シングルとはまた違ったverになってますし)。

実際、収録曲はかなり粒揃いだと思います。正統派HMの美味しい部分を抽出しデフォルメしたような真っ直ぐ過ぎてちょっとこっ恥ずかしい、けれど燃えるメタル。定石を外さないツボを得た曲作り。ちょっとオッサンっぽい嗜好と志向(褒めてる)。
ただ、イントロの①The Generations of Chaosが上手く機能していないことと、音質が非常に軽いことがその魅力を大きく殺ぐことになっているようで残念。次作では改善してほしいなぁ。

本作の最大のウリは、Marina様の凛々しさ、これに尽きます。

この、ややクセのある歌い回し(ライブの時よりそれが強調されている録音ですね)は、そんじょそこらの歌い手が真似したら只の勘違い野郎になってしまいますが、彼女の声と所作、そしてこの正統過ぎる楽曲の合わせ技を以ってすればこれ以上無いほどの強力な武器と変貌します。
ほとんどの楽曲がその強みを上手~く引き出した曲(曲作りはほとんどGtのMina隊長とMarinaが担当)ですが、私の一押しは、⑥Romancer。彼女の声の力強い面ばかりでなく、歌詞の持つ切ない想いを見事に再現する柔軟な歌唱力・表現力にも焦点が当たっている曲で、哀愁の歌メロが絶品。特にヴァース~ブリッジにかけてのラインが素晴らしいですね。


本作、これはこれで十分かっこいいですが、音作り・音質・演奏での聴かせ処・等々…まだまだ伸び代はあると思いますので、次作以降にも引き続き期待ですね。動きの派手なmihoのBaをもっと前に出してもいいんじゃないのかなぁ。

【お気に入り】
⑥Romancer
⑨Nostphilia
⑦Fenixx
③Sword of Avenger
等々…。
スポンサーサイト

COMMENT 0