D_Drive@渋谷REX

『Exalted recipe ~Girls Party~』 渋谷REX (2013/4/6)

春の嵐が近づく中、渋谷にD_Driveのライブを観に行ってきました。「Girls Party」というタイトルの通り、女性メンバーを擁するバンドの対バンイベントだったようです。


FullMooN
(自称)アキバ系美少女戦士バンドのライブは3回目。いつも通り、フロアのお客さんの挙動まで含めての彼女らのライブ。アニソンっぽいキャッチーさを持つバンド・サウンドの要はやはり「蜂蜜パワーです!」(笑)のみつの(Key)だと思いますね。そしてステージを掌握するねね(Vo)の磁力はかなり強い。
有無を言わせずにノらせるキャッチーさを持つ楽曲はなかなか魅力的ながら、いつもCD購入するのに躊躇しちまうんですよね。収録曲数に対してちょい価格が高いかな。


Glowlamp
先日厚木Thunder Sanakeでのレコ発ライブを観たので2回目。Voのrie、前回はどうやらウィッグを被っていたようで、この日はナチュラルなショートカットでした。こっちの方がずっと可愛いと思う。
やっぱ良いバンドだわ。出音は重くはない(rieの声質とGtの音色に依る印象)ですが、多彩なサウンドメイクは素晴らしい。攻撃的でも尖ってもいないんだけど、DrもBaもGtもさりげなくオッ!と思わせるプレイが頻発して、終始飽きさせないですね。特に、バンドのブレインたる石井裕(Gt)の変幻自在のプレイと二階堂拓人(Ba)の動きの大きなフレーズに魅かれます。コーラス&煽りも担当する土屋知一(Dr)はバンドに“熱”を注入。歌メロはキャッチー、ちょい切ない系ですね。
とても楽しいステージでした。終演後に1stアルバムと、つい先日発売された2ndミニアルバムを購入。


しかバンビ
初見。バンドロゴは以前見かけたことありましたね。しかし、衝撃的なヴィジュアル!特にベースの人。いや「特に」というか、ほとんどベースの人(笑)。ちょっとこんなイメージ↓
operadiabolicus.jpg OPERA DIABOLICUS
手も手袋はめていて素肌が一か所も見えないし、不気味なマスクに鳥の羽根やらスコープみたいなのまでくっ付いてて、ベースはヘンテコな形の5弦!Voの鹿谷弥生はグラビア・アイドル(ミスマガジンGP!)もやっていたらしくとっても可愛いのですが、視線は知らず知らず上手側のベース氏の方へ。何をしでかすか判らない怖さみたいな(笑)…。でもバンドのオフィシャルHPを見てもらえば分かる通り、バンドとしてのヴィジュアル・イメージには奇妙な統一感があって良いですね。
そして、奇をてらったようなヴィジュアルに負けないで、演奏が上手い。演奏技術についてはとんと分からない私ですが、普段よく見るHR/HM寄りの演奏とは異なる感じがしました。ロックなんだけど、全体としては非常にパーカッシヴ。Gtがフュージョン的なプレイをしたり、時にブルージーだったり猥雑だったり甘い歌メロをもっていたりと、一回聴いただけで上手く表現できないですねぇ。YouTubeでライブ丸ごと見れるので説明は放棄いたします(汗)
かなりの本数のライブを敢行しているらしく、演奏に不安感は皆無。博多弁丸出しの弥生嬢のMCも面白いね。まぁ(笑)とか(爆)って感じでなく(苦笑)って感じなんですけど(苦笑)。「準備はいいでシカ!?」「盛り上がってまシカ!?」「声出してくれまシカ!?」っていう「~シカ」MCも可愛い。改めてライブを観てみたいと思いました。
バンドは勝ち抜いていくとSUMMER SONICに出演することができるという『RED BULL LIVE ON THE ROAD』コンテストに参加しているようで、第一次選考(?)を勝ち抜いたようです!もしSUMMER SONICに出れたら、Baの人どうするんだろうな。このままの恰好で出たら炎天下熱中症確実じゃなかろうか?


D_Drive
黒髪ィ!
Yukiちゃん、再び黒髪に戻ってのご帰還である。黒髪Yuki姫を見るのは初めてのD_Drive体験だった名古屋Electric Lady Loud以来の2回目ですねぇ。二度ある黒髪は三度ある!The Black Hair Strikes Back!The Return Of The Black Haired Beauty!(意味不明)“帰還”って彼らの地元は東京じゃないですけど。
セットリストは以下の通り。
 1.Hyper Driving High
 2.M16
 3.Among the Distraction
 4.Russian Roulette
 5.Screw Driver
 ENCORE
 6.Drive in The Starry Night
 7.Over REV
いつもは前の方で観るのですが、この日はフロア真ん中くらいで観戦。この会場はステージが高くて観やすいですし。彼らのライブレポって何度も書いてるので、観察力と表現力の乏しいワタクシはいい加減ネタ切れ気味ではありますが、今回はChiiko(Dr)さん目線で。楽器分かってない私が最高分かってないのがドラムについてですが、まぁ適当に書きます。ヘンな事言ってる部分は大人の分別でスルーヨロシクです。
で、ライブでのChiikoさんの最大の武器と言えば、あの頭のてっぺんで結んだ髪型ですよ。いやいやいやいや、「何言ってんの!?」って話かもしれませんし、勿論迫力ある演奏ありきの話ではあるんですが、ライブではあの髪型の威力はなかなか侮れない(笑)。Chiikoさんは元々アクションの大きい(特に腕の動き)ドラマーだと思うんですが、ヘドバンしながら叩く時にその髪型がバッサァーバッサァーって凄いんですわ。それがアグレッシブ!そこにシビれる!あこがれるゥ!私が馬主だったら、その愛馬に「チイコ・ドライバー」って名づけたい(失礼)くらいの暴れ馬サラブレッド状態(いや、ポニーテールなだけに…/汗)です。時折やるスティック回しも、繊細なライドシンバルも、告知タイムの時の自分で喋った後に自分でバスドラドコドコやって盛り上げる様も素敵ですが、やっぱり右手のシンバルをガンガンクラッシュしながら髪を振り乱しての怒涛のドラミングこそ魅力的ですね。
私は継続的に彼らのライブを観ているので気付きにくいのかもしれませんが、バンドの精度は順調に上がってきていると思います。元々レベルの高い演奏技術は持っていましたが、さらにゴーイングmy上へ。瞬火(陰陽座)氏風に言えば「前へ」。特にYuki姫の向上は如実に感じるところです。バンドとしてのステージ上での見せ方についても、新曲であるDrive in The Starry Nightでは弦楽器3人が揃ったアクションしたりと、ヴォーカルがいない編成のインスト・バンドとして如何に見せるか/魅せるかが考えられていると思います。
結局何が言いたいかっていうと、カッコ良く曲コールしてDrive in The Starry Nightを始めようとしたら音が出なくって「チョット待って(汗)」って焦るYukiちゃんカワユス。


※8月3日、この渋谷REXで行われるD_Driveのワンマン・ライブのチケットを無事ゲットしました。ライブ会場でのバンドの手売りチケットの方が整理番号良いんですわ。


渋谷REXってギターピック3枚がドリンクチケットの代わりになるんですが、コレすぐにどっか紛失しちゃうんだよな…。私だけ?あと、水のペットボトルってピック2枚と3枚、どっちなの?
スポンサーサイト

COMMENT 0